うらかすみ便り

「浦霞 初呑み切り」を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。
6月5日、弊社にて「浦霞 初呑み切り」を開催致しました。

180605_001.jpg

日本名門酒会 宮城支部に加盟する28店の酒販店から41名にご参加いただきました。
そのイベントの様子をご紹介いたします。


■「呑み切り」とは?■
搾られてタンクで貯蔵熟成されたお酒を、タンクから抜き出してテイスティングし、健やかに熟成しているか、色、香り、味などを見る品質検査を行うことを指します。
お酒を抜き出すときに、貯蔵タンクの出口である「呑み口」を「切る」ことから、その年初めての呑み切りを「初呑み切り」と呼んでいます。
(日本名門酒会 公式サイトより引用)


日本名門酒会 宮城支部加盟店の皆様と行うこの「浦霞 初呑み切り」は、弊社が選んだ4つのタンクのお酒をきき酒して、七夕頃に飲み頃になると思われるお酒を投票でひとつ選び、7月に「浦霞 厳選初呑み切り酒」として発売する、という企画です。
今年で6回目の開催となりました。


180605_002.jpg

まずは小野寺杜氏より、今年の米質やお酒の味わいの傾向について説明を受け、早速一回目の「呑み切り酒」選定に入りました。
まずは4種類をきき酒し、その中から良いと思った2種類のお酒を選んでいただきました。


180605_007.jpg

きき酒中の皆様は真剣そのもの。


180605_004.jpg

きき酒終了後、投票用紙に良いと思った2つのお酒の番号を記入していただき、回収してすぐに開票作業へと移りました。


180605_005.jpg

スタッフが読み上げる番号を、「正」の字を書いて数えていきます。
1回目の結果は・・・・

180605_006.jpg

2位が僅差で最後までハラハラどきどきしましたが、1票差で2番のお酒が2位につけました。
2番と4番のお酒で決選投票に移ります。

この2種類のお酒を、A、Bと振り分け直し、改めてきき酒をしてもらいます。

180605_003.jpg

お酒販売のプロの皆様に喜ばれるのはどっちの酒か・・・

180605_008.jpg

最終投票は一人1票です。

そして、緊張の最終投票の開票!

結果は・・・

180605_009.jpg

Bのお酒でした!
中身は、1回目の投票でも1位となった4番のお酒です。

こちらのお酒をさらに熟成させ、7月6日に「浦霞 厳選 初呑み切り酒」としてご参加頂いた酒販店様限定にて発売致します。

180605_011.jpg


初呑み切りが終わった後、皆様と「商売繁盛」を祈願して、鹽竈神社と志波彦神社を参拝しました。

180605_010.jpg

どんなお酒が選ばれたのか、ぜひ皆様の舌で確かめてみてください!
商品の詳しい情報と買えるお店は、発売が近づきましたらお知らせいたします。

加盟店の皆さん、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました!