うらかすみ便り

「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」が飲める店(塩竈編)

こんにちは企画課の尾形です。
「ひやおろし」がますます美味い季節になりました。9月9日より発売しております「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」が飲めるお店(塩竈編)を弊社営業部坂西がご紹介致します。

店 名 「塩釜甚句」
住 所 〒985-0032 宮城県塩竈市白萩町2-22
電 話 022-364-8912
最寄駅 JR東北本線塩釜駅(駅前通り沿いで徒歩3分)

今回は今の時季に旬を迎えるお刺身と「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」を楽しみに塩釜甚句さんに来ました。塩釜甚句さんは創業30年以上になる女将さんと親方さん二人三脚で営む居酒屋さんです。お店のお勧めは何と言っても新鮮な海鮮料理!常連客が多いお店ですが、駅に近い事から観光客の方も多く来店されます。

【1】.jpg

毎度の事ながらお通しが美味しい居酒屋さんで、本日のお通しは「ノドグロの煮付け」、「ほうれん草の白和え」、「くらげの酢の物」の3品。ノドグロは小ぶりですが、甘辛く味付けされたクリーミーな身が発売からこれまでの間にほど良く熟成されたひやおろしと良く合います。くらげの酢の物は、コリコリした食感に甘酢和えが大変美味しく、ひやおろしの酸味との相性が抜群でした。

【2】.jpg

お通しを堪能しているところへ、お刺身盛り合わせが登場!本日は、鮪と戻り鰹と秋刀魚のお刺身盛り合わせを注文。戻り鰹は身におろしショウガをのせて頂きました。鰹の旨味とショウガが相まって、お酒はついつい進みます。秋刀魚の刺身は程良く脂が乗っていてこれまた美味しく、全身の力が抜けてリラックス。更にお酒が進みました。

 【3】.jpg

そしてこれからが旬の牡蠣!私は牡蠣フライを注文。まだ身は小ぶりですが、牡蠣の甘みとひやおろしは良く合います。これから牡蠣の身は大きさを増し、美味しいシーズンになりますので是非ひやおろしと牡蠣を合わせてみて下さい。皆様も深まる秋の味覚と合わせて「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」をお楽しみ下さい。

【4】.jpg

【5】.jpg

今日もお腹一杯頂き大満足でお店を後にしました。