うらかすみ便り

archive [2019.03]

「第15回浦霞ほろ酔い寄席」参加者募集中!

こんにちは。企画部の尾形です。

「第15回 浦霞ほろ酔い寄席 ~三遊亭鳳楽独演会~」を今年も開催致します!!落語も日本酒も日本人にとっては昔から親しまれてきた日本文化であり、この二つを一度にお楽しみいただけるイベントとして開催、今年で15回目を数えます。人間の持つ「想像する力」を最大限に引き出してくれる、三遊亭鳳楽師匠の世界を是非ご堪能ください。独演会終了後には、鳳楽師匠を囲んで浦霞を楽しむ懇親会を開催致します。

IMG_6470150.jpg

==
第15回 浦霞ほろ酔い寄席 ~三遊亭鳳楽独演会~

開催日:2019年6月9日(日)
時間:独演会 15:00~17:00
   浦霞を楽しむ会 17:15~19:00頃
会場:秋保温泉「ホテル佐勘」様
参加費:7,800円(独演会、懇親会、温泉入浴、バス送迎付き
    7,000円(独演会、懇親会、温泉入浴付き)
定員:100名(先着順) ※募集定員に達し次第、〆切
アクセス:仙台駅より送迎バス(有料)を運行(12:30発/予約制)
お申込:参加を希望される方は、お電話、FAX、メールにて下記の事項をお知らせ下さい。
※募集開始日 3月11日(月)午前9時~

・代表者様のお名前
・ご住所
・携帯電話番号
・人数
・送迎バス利用の有無

【問合せ先】
浦霞醸造元 株式会社佐浦 企画部
TEL    090-5235-3141(平日9時~17時)
FAX 022-362-7895
メール info@urakasumi.com



【3/15~17】「石巻・東松島・女川きてけさいん市」開催

こんにちは。企画部の尾形です。

3月15日~3月17日まで、仙台駅2階 ステンドグラス前にて「石巻・東松島・女川きてけさいん市」が開催されます。
弊社商品もお取扱い頂きますので、お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください!

==
石巻・東松島・女川きてけさいん市

会期 3月15日(金)~3月17日(日)
時間 午前10時~午後8時 ※最終日は午後7時まで
場所 仙台駅2階ステンドグラス前

弊社販売予定銘柄
本醸造しぼりたて 浦霞 
しぼりたて純米生酒 浦霞 (季節限定品)
純米辛口 浦霞(流通限定品)
本仕込 浦霞

第20期「うらかすみ日本酒塾」第6回講義開催

こんにちは。企画部の尾形です。

先日、第20期「うらかすみ日本酒塾」の第6回講義を開催しました。


「うらかすみ日本酒塾」とは...20歳以上の一般消費者を対象とした、浦霞主催の日本酒セミナーです。毎年9月から翌年3月までの半年間、月1回のペースで毎月テーマと講師を変えて開催しています。


3月の第6回講義のテーマは「日本酒の原料と各地の取り組み方」。講師は宮城県産業技術総合センターの橋本建哉先生をお迎えしました。

180310_01.jpg

講義内容
====
1.お酒の原料はお米
2.酒造好適米とは
3.酒造りに用いられる酵母
4.代表的な酵母とその特徴
5.宮城県で開発された各種の酵母

IMG_5312BLOG.jpg

今回の「きき酒」は原料米別と使用酵母別にみて頂きました。下の写真左から
原料米別
【山田錦】 山田錦純米大吟醸 浦霞
【五百万石】 大那 純米吟醸 那須五百万石
【亀の尾】 鯉川 純米大吟醸 KOIKAWA

使用酵母別
【7号酵母】 眞澄 山廃純米大吟醸 七號
【9号酵母】 香露 大吟醸
【ほの馥酵母】 蔵の華 純米吟醸 浦霞

180310_03.jpg



半年間に渡って開催してきた第20期「うらかすみ日本酒塾」も今回の講義をもって終了。続いて修了式を行いました。

IMG_5355BLOG.jpg

修了式では、弊社代表取締役社長佐浦より、一人一人に修了証、受講証明証、オリジナル巾着、そして酒造り体験で受講生の皆さんが仕込んだお酒を手渡し致しました。実際に酒造りを体験され、塾生の皆さんにとっては特別なお酒になったことと思います。

そして場所をかえて懇親会の開催。皆さんにお手伝い頂いたお酒を皆で味わい、楽しみました。


CIMG8671BLOG.jpg


CIMG8709BLOG.jpg

20期の皆さま、半年間ありがとうございました。そして、今後ともどうぞよろしくお願い致します!

===>>>
第21期のお申込みについて
※21期は20期の抽選に漏れた方を優先するため新規の募集は行いません。

 

鹽竈神社「帆手祭」が開催されました!

こんにちは。企画部の尾形です。毎年3月10日は奥州一宮 鹽竈(しおがま)神社で早春の神事「帆手祭(ほてまつり)」が開催されます。帆手祭は元々は正月の神輿洗神事で、火伏せの祭として始まったものだそうですが、後年海にゆかりのある「帆手祭」と呼ばれるようになり、現在では厄除けや繁栄を祈念して、御神輿が市内を御神幸します。

「帆手祭」の詳細はこちらをご覧ください
http://www.shiogamajinja.jp/topics/201802hote.html


重さ約1トンもある御神輿が白丁を着た氏青の若者16名に担がれ202段の石段を静々とお下がりになります。江戸時代より続くお祭り最高の場面です。その様は見応え十分、圧巻です!

180312_02.jpg

180312_03.jpg
(写真は以前のもの)


弊社本社蔵前を通過し再び表参道を登っていきました。

180312_04.jpg

180312_05.jpg


次に御神輿が市内を巡幸するのは4月の第4日曜日に行われる「花まつり」です。4月も是非塩竈に、そして「浦霞 酒ギャラリー」へ遊びにお越し下さい!
====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
JR仙石線「本塩釜駅」より徒歩約7分
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
※4月28日(日)は鹽竈神社「花まつり」開催に伴い臨時営業
※4月28日(日)蔵ガイドはお休みします
営業時間 10:00~
お問合せフォーム http://www.urakasumi.com/contact/

東日本大震災からまもなく8年がたちます。

こんにちは。企画部の尾形です。東日本大震災からまもなく8年がたとうとしており、様々な想い、それぞれの想いでこの日に向き合う時間を重ねてきたように思います。東日本大震災の際には、温かい励ましとご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

浦霞は皆さまの声を糧に、そして「花は咲く 蔵の華 純米吟醸 浦霞」と「浦霞 本格焼酎につけた梅酒」の2つの商品に復興の願いを込めて力強く進んで参りました。3月11日、忘れられないこの日、被災地に想いを寄せて頂けましたら嬉しく思います。

miyagi_hanahasaku.jpg

花は咲く 蔵の華純米吟醸 浦霞」は宮城県の酒米「蔵の華」を100%使用して仕込んだ純米吟醸酒です。ほど良い香り、心地よい酸味と柔らかな甘味のバランス良い味わいが特長です。またこの「花は咲く 蔵の華純米吟醸 浦霞」は、NHKの東日本大震災復興支援ソングである「花は咲く」が制作されたその主旨に賛同し、被災地にある蔵元のひとつとして2013年から発売して参りました。商品の売上の一部はNHK厚生文化事業団を通じて義援金として被災地に届けられます。

liqueur_shouchuume.jpg

浦霞 本格焼酎につけた梅酒」は、さわやかな酸味とシャープな切れ味が特長のお酒です。ややアルコール分が高めなのでオンザロックがおすすめです。「浦霞 本格焼酎につけた梅酒」は、震災時に被災し清酒になることが出来なくなった醪から本格焼酎を造り、地元産の梅をつけこんだリキュールを造りました。杜氏や蔵人が丹精込めて造ったお酒を活かしたい。その想いから誕生した商品です。そこには、地域復興であり「再生」への願いを込めています。