うらかすみ便り

「全国新酒鑑評会」で本社蔵・矢本蔵とも金賞受賞!

本日、平成30酒造年度「全国新酒鑑評会」入賞酒の発表があり、弊社は、本社蔵・矢本蔵ともに金賞を受賞致しました。本社蔵は38回目となる金賞受賞、矢本蔵は4年連続16回目の金賞受賞となりました。

IMG_3207(BLOG20190521).jpg

本社蔵 小野寺杜氏のコメント
「平成30年産米山田錦は、例年以上に硬めの原料米に感じました。全員で緊張感を持って造りに励み、頑張ってきたことが良い結果に出てきたと思っております。」

矢本蔵 赤間杜氏のコメント
「製造部一同力を合わせて頑張ってきた結果、金賞を受賞することが出来まして大変嬉しく思っております。」

今回の結果は杜氏はじめ蔵人達の精進もさることながら、皆様方のご指導ご支援の賜物と深く感謝申し上げる次第でございます。今回の受賞を糧に、杜氏・蔵人一同皆様により一層喜んでいただけるさらなる高品質の酒造りを目指して努力を重ねて参る所存です。ありがとうございました。

=====

「全国新酒鑑評会」とは、その年に製造されました清酒を全国的な規模で調査・研究することにより、清酒の品質向上に寄与することを目的とした鑑評会です。成績が優秀と認められた出品酒には「入賞」、入賞酒のうち特に成績が優秀と認められた出品酒には「金賞」が与えられます。

詳しい内容や受賞一覧は独立行政法人酒類総合研究所のホームページから参照ください。

http://www.nrib.go.jp/kan/kaninfo.htm