うらかすみ便り

「第15回 浦霞ほろ酔い寄席」を開催しました

6月9日(日)に秋保温泉「伝承千年の宿 佐勘」さんにて古典落語の本格派三遊亭鳳楽師匠の落語と浦霞をお楽しみ頂く「第15回浦霞ほろ酔い寄席」を開催致しました。

===
日時:2019年6月9日(日)15:00~19:30
場所:仙台 秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘
内容:三遊亭鳳楽 独演会/師匠を囲んでの浦霞を楽しむ会
===

【第1部 三遊亭鳳楽 独演会】

IMG_6506(BLOG).jpg

一題目:禁酒番屋(きんしゅばんや)
江戸時代、ある家中で禁酒令がしかれ、城内に酒を持ち込まぬよう門に取り締まりを設け、「禁酒番屋」と呼ばれました。しかし大の酒好き侍・近藤は、なじみの酒屋に酒を届けるよう頼み込みます。酒屋はお得意様の頼みを何とか叶えようとあれこれと扮装をして何度も番屋を通ろうとしますが、あと一歩のところで持参の酒を飲まれてしまいます。これがくやしい酒屋は珍妙な仕返しを思いつきます。

IMG_6513(BLOG).jpg

二題目:唐茄子屋政談(とうなすやせいだん)
若旦那の徳三郎は遊郭での遊びが過ぎて勘当され、しまいには身投げを試みます。それを偶然救った徳三郎のおじさんが家に置く代わりに徳三郎に命じたのは唐茄子(かぼちゃ)売りでした。徳三郎は慣れない唐茄子売りに四苦八苦しますが、気のいい通行人に出会って商売を助けてもらいます。最後に残った2つの唐茄子をある母子に売ったものの、徳三郎はその母子の状況にほだされて売り上げを渡してしまいます。それをなかなか信用しないおじさんを連れて、もう一度母子の家に向かう徳三郎には衝撃の展開が待ち受けていました。

鳳楽師匠の噺に引き込まれ、あっという間に時間が過ぎました。続いて、会場を移して懇親会へ。

【第2部 師匠を囲んでの浦霞を楽しむ会】

IMG_6549(BLOG).jpg

大吟醸 浦霞」で乾杯した後、ホテル佐勘さんの旬の食材を盛り込んだ美味しいお料理とともに「浦霞」をお楽しみ頂きました!

IMG_6619(BLOG).jpg

また、鳳楽師匠が各テーブルを回り皆さんと交流、和やかな雰囲気の会となりました。

IMG_6552(BLOG).jpg

会の後半には、社長佐浦と鳳楽師匠に抽選して頂いて、ワイングラスでおいしい日本酒アワード5年連続金賞受賞の「大吟醸 浦霞」、宮城県限定商品「純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさわ)」や扇子、手ぬぐい、色紙など鳳楽師匠のオリジナルグッズなどが当たる抽選会を開催しました!

IMG_6658(BLOG).jpg

ご参加頂きました皆様、鳳楽師匠、ホテル佐勘さん、ありがとうございました。