うらかすみ便り

宮城県の無形民俗文化財「藻塩焼神事」が執り行われております

弊社本社蔵にほど近い鹽竈神社の境外末社・御釜神社では、毎年7月4日から6日迄の3日間御祭神・塩土老翁神にゆかりの「藻塩焼神事」が斎行されます。この神事では、海藻を用いて濃度の高い塩水(鹹水)を作り、これを煮詰めて塩を作る一連の行程が儀礼として再現されます。

【7月4日 藻刈神事】
隣町の七ヶ浜町花淵浜沖に神事船を出し、ホンダワラと呼ばれる海藻を刈り取ります。

【7月5日 水替神事】
松島湾釜ヶ淵より満潮時の潮水を汲み、神釜の水を入れ替えます。

【7月6日 藻塩焼神事】
製塩用鉄製平釜の上に竹の棚を設け、ホンダワラを広げた上から海水を注ぎ、これを煮詰めて塩を作ります。

「藻塩焼神事」は古代の製塩方法を伝える神事として宮城県の無形民俗文化財に指定されており、御釜神社には塩土老翁神が製塩に用いたと伝えられる4口の神釜が奉安されています。今日は「水替神事」が執り行われ、松島湾釜ヶ淵より汲み揚げた潮水が、本社蔵前を通り神釜の水の入れ替えが行われました。

IMG_6933B.jpg

IMG_6935B.jpg
松島湾釜ヶ淵より汲み揚げた潮水を御釜神社へと運びます

IMG_6944B.jpg

IMG_6951B.jpg
汲み揚げ運んできた潮水は四口の神釜へ

この神釜は世に異変があるときに水の色が変じるとされ、江戸時代には水の色が変化すると藩へ報告がなされていました。※鹽竈神社HPより http://www.shiogamajinja.jp/

IMG_6952B.jpg

IMG_6949B.jpg
最後は御釜神社に参拝しました

IMG_6956B.jpg

明日はいよいよ「藻塩焼神事」です。その後も塩釜は7月10日鹽竈神社例祭、7月15日塩竈みなと祭、とお祭りが続きますので是非遊びに来て下さい!