うらかすみ便り

archive [2020.01]

「第25回浦霞しぼりたてを楽しむ会」を開催しました!

1月25日(土)、26日(日)の2日間「ホテルキャッスルプラザ多賀城」にて「第25回 浦霞しぼりたてを楽しむ会」を開催し2日間で合計410名の方々にご参加頂きました。

IMG_9735(BLOG).jpg

会はソプラノ歌手で仙台オペラ座に在籍する大河原真歩さんを中心にしたクラシックユニットによるミニコンサートで開会しました。ユニットメンバーのアンサンブルピアニストの吉田彩さんは海外の音楽学校で指導経験を持ち、ヴァイオリニストの畠山絵利羽さん(1/25)は国内外で活躍され、柳澤直美さん(1/26)は仙台フィルハーモニー管弦楽団のメンバーという豪華な演奏者たちの音色が会場を魅了。「G線上のアリア」「ユーレイズミーアップ」「花は咲く」「世界にひとつだけの花」「タイムトゥセイグッバイ」など名曲の数々を演奏して頂きました。

IMG_9939(BLOG).jpg

IMG_9767(BLOG).jpg

IMG_9952(BLOG2).jpg

クラシックユニットの優雅な演奏を聴きながらお楽しみ頂いたウェルカムドリンクは弊社の看板商品「純米吟醸 浦霞禅」。今年46周年を迎えるロングセラー商品です。

j-ginjo_junmai.jpg

ミニコンサートとウェルカムドリンクをお楽しみ頂いた後、弊社代表取締役社長 佐浦弘一よりご挨拶を申し上げ、乾杯、開宴へとなりました。

IMG_9782(BLOG).jpg

乾杯の音頭は土曜は「うらかすみ日本酒塾」の卒業生の方に、日曜はミニコンサートを演奏頂いた大河原さんにして頂きました。乾杯酒は一年で一番寒さ厳しい時期に発売される生酒、季節商品の「しぼりたて純米生酒 浦霞」。今年の「しぼりたて純米生酒 浦霞」は米の旨味とやわらかさ、心地良い酸味がありフレッシュでバランスが良いお酒に仕上がりました!

お酒と料理をお楽しみ頂きながら、続いては製造部からのご挨拶へと移ります。本社蔵杜氏 小野寺、矢本蔵杜氏 赤間から一言今季の造りについて報告致しました。そして本社蔵、矢本蔵の蔵人が加わり「浦霞流仕込み唄」を披露しました。

IMG_9969(BLOG).jpg
本社蔵 小野寺杜氏


IMG_9801(BLOG).jpg
矢本蔵 赤間杜氏

IMG_9979(BLOG).jpg

会の中盤には「バーカウンター」にて一般発売していない「発泡性純米吟醸生酒 浦霞」、数量限定で販売している「本格焼酎 浦霞」や「純米原酒につけた浦霞の梅酒」といったお酒もご提供致しました。カクテルコーナーでは「低アルコール純米酒 萩の白露」「MOTOZAKE」を使ったカクテルをお楽しみ頂きました。

IMG_9982(BLOG).jpg
「発泡性純米吟醸生酒 浦霞」

IMG_9812(BLOG).jpg
①REI~令~
日の出をイメージし、「低アルコール純米酒 萩の白露」とオレンジジュース、オレンジリキュールを合わせたカクテル。鮮やかなオレンジカラーに可愛らしいキンカンのトッピングが目を惹くカクテルでした。

IMG_9813(BLOG).jpg
②和~なごみ~
青い海をイメージし、「低アルコール純米酒 萩の白露」にレモンを使用したすっきりとした味わいのカクテル。

IMG_9814(BLOG).jpg
③MOTOZAKEカクテル「サキニック」
日本酒カクテルベース用の純米酒「MOTOZAKE URAKASUMI」をトニックウォーター「サキニック炭酸」で割ったカクテル「サキニック」。爽快感があり、米の旨味、甘さが感じられるカクテルです。



続いて、皆さまお楽しみの「抽選会」へ。受賞酒を中心に浦霞の限定酒各種を用意致しました。
180203_12.jpg

皆さんチケットをにぎりしめ、読み上げられる番号に一喜一憂!当選者が出たテーブルは盛り上がり、ハイタッチで喜びを分かち合うシーンもありました。

IMG_9839(BLOG).jpg

IMG_9875(BLOG).jpg

最後の1等「白鳥 浦霞」は佐浦が引きます。「白鳥 浦霞」ご当選者発表は恒例の流れではございますが、発表前に和太鼓演奏を皆さまにはお楽しみ頂きました。奏者は創作和太鼓「駒の会」さん。

IMG_9882(BLOG).jpg

IMG_9889(BLOG).jpg

「駒の会」さんは、1979年宮城県小牛田町駒米地区の夏祭りの子供太鼓として誕生し、その後、通年活動を目指し発会しました。演奏中には奏者が客席に赴き、お客さんに太鼓を打たせてあげるなど、会場が一体となり迫力ある演奏で会場は熱気に包まれ大いに盛り上がりました。

IMG_9896(BLOG).jpg

太鼓演奏の後、佐浦より御礼を申し上げ、お待ちかねの1等「白鳥 浦霞」の当選者発表です!!!

IMG_9912(BLOG).jpg

IMG_0041(BLOG).jpg
当選されましたお二方、おめでとうございます。お酒を飲んだ後も、器を飾ってお楽しみ下さい!「白鳥 浦霞」を当選された方に手締めをお願いして、会は終了。ご参加頂きました皆さま、ありがとう御座いました。2020年もどうぞ「浦霞」をよろしくお願い致します!

浦霞×メリーチョコレート【1/31~】限定販売!

2月のイベントといえば「バレンタインデー」。日頃の感謝や気持ちを伝える素敵な"きっかけ"です。

店舗「浦霞 酒ギャラリー」では、(株)メリーチョコレートカムパニー様とコラボしたチョコレートを1月31日より発売致します。「山田錦純米大吟醸 浦霞」と「純米原酒につけた浦霞の梅酒」を使った2タイプのガナッシュチョコレートをお楽しみ下さい。

Mary×浦霞(400).jpg

<浦霞ガナッシュチョコレート>弊社「山田錦純米大吟醸 浦霞」使用しております。
口溶けの良いガナッシュチョコレートは口に入れた瞬間、大吟醸の華やかな香りとチョコの甘さがベストマッチ!
90g/1,200円(税別)/限定150個※売り切れ次第終了

<浦霞梅酒ガナッシュチョコレート>弊社「純米原酒につけた浦霞の梅酒」使用しております。
爽やかな梅酒の香りが広がる口溶けの良いチョコレートは、お酒が苦手な方にも食べやすい味わいにに仕上がりました。
90g/1,200円(税別)/限定150個※売り切れ次第終了

(株)メリーチョコレートカムパニー様と言えば、西洋文化の一つであるバレンタインの風習を日本に最初に紹介したともの言われるお菓子メーカーですが、今ではチョコレートを通じて日本酒文化を欧米へ発信しています。メリーチョコレートカムパニーのショコラティエ大石氏はチョコレートの世界大会でチャンピオンに輝いたショコラティエとしての実力者。その大石氏がチョコレートを作る際に隠し味として使うのが『日本酒』です。大石氏曰く、日本酒は材料の風味を高め、日本酒の甘さはチョコレートにパーフェクトに合う、と日本酒とチョコレートの相性を提唱しています。
https://www.mary.co.jp/mary/brandstory/chocolatier.html

チョコレートと日本酒のマリアージュを<浦霞ガナッシュチョコレート><浦霞梅酒ガナッシュチョコレート>でお楽しみ下さい。贈り物としてもきっと喜ばれる一品です!

「しぼりたて純米生酒 浦霞」1/25発売になりました!

浦霞 酒ギャラリーでは、本日1月25日(土)より「しぼりたて純米生酒 浦霞」が発売になりました。しぼりたて純米生酒 浦霞」は厳寒期に造られた「しぼりたて」特有のフレッシュ感とコク、ほど良い酸味と旨味が心地良い味わいの新酒です。

 【原料米】   まなむすめ
 【精米歩合】  65%
 【アルコール分】16~17度
 【容量】 1800ml/720ml

IMG_4168-1(BLOG).jpg

===
矢本蔵 赤間杜氏のコメント
「令和1年産まなむすめは高温障害の影響を受け、洗米・浸漬中に割れやすく整粒は吸水が遅く、醪においては溶けにくい米であったので米の旨味を表現することに苦労しました。醪が短期間で仕上がらないように留意することで、今年の「しぼりたて純米生酒 浦霞」はおだやかではあるがフレッシュな香味とソフトでハリのあるしぼりたてに仕上がりました。塩味仕立ての牡蠣鍋や湯葉の刺身にあうと思いますので旬の食材とともにお楽しみ下さい!

IMG_4168-2(BLOG).jpg

※発売日は地域や店舗により前後することがございます。
※販売店に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

浦霞醸造元 株式会社佐浦
 TEL 022-362-4165(平日8:30~17:30)
 メールによるお問い合わせはこちら
 http://www.urakasumi.com/contact/

第21期「うらかすみ日本酒塾」第4回講義開催

先日、第21期「うらかすみ日本酒塾」の第4回講義を開催しました。

「うらかすみ日本酒塾」は...20歳以上の一般消費者を対象とした、浦霞主催の日本酒セミナーです。
毎年9月から翌年3月の半年間、月1回のペースで毎月テーマと講師を変えて開催しています。
1月の第4回講義は「酒造り体験」。こうじ室での作業や蔵内での仕込み作業等、実際に酒造りをお手伝い頂く講義となっており、日本酒塾の中で最も人気の講義です。


【講義内容】
========
 1.蒸し米の引き込み作業(こうじ室)

IMG_8589(BLOG).jpg

IMG_8697(BLOG).jpg



 2.出こうじ作業(こうじ室)

IMG_9331(BLOG).jpg


 3.櫂入れ作業(仕込み蔵)

IMG_8853(BLOG).jpg


 4.分析に関するミニ講義(会議室)
日本酒度の違い、お酒を仕込む水の硬度の違い、もろみの経過日数の違いを比較きき酒しました。その他、主な香りの成分や糖類についても比較しました。

CIMG2050(BLOG).jpg

 5.洗米作業(蔵内)

IMG_9594(BLOG).jpg


櫂入れ作業をお手伝い頂いた、仕込み番号41号のお酒は3月の最終講義の後に開催する懇親会にて、皆さんとともに乾杯、これまでの講義を振り返りつつ楽しむ予定です。


次回2月はフードコーディネーター福留奈美先生による「日本酒のある豊かな生活」です。
21期生の皆さま、こちらもどうぞお楽しみに!!

小正月行事、弊社では「(通称)ほいほい」が執り行われました。

毎年1月14日は、宮城県内各地で「どんと祭」が執り行われ、こちら塩釜においても、鹽竈(しおがま)神社にて祭典が斎行されます。「どんと祭」は、宮城県のお正月の伝統的祭事で、神社の境内などで古い神札やお守り、松飾り等を納めてお焚き上げをし、今年1年の無病息災・商売繁盛・家内安全等を祈願いたします。http://www.shiogamajinja.jp/topics/202001donto.html

その「どんと祭」が開催される前、弊社では通称「ほいほい」と呼ばれる小正月儀式を執り行っており、今年も無事斎行致しました。提灯や松飾りを持ち、「ほーいほい」と唱えながら本社蔵の敷地内を練り歩き、最後に蔵の中にある八幡様にお参りして1年の醸造安全・商売繁盛を祈願致しました。

IMG_8529(BLOG).jpg

IMG_8527(BLOG).jpg

IMG_8536(BLOG).jpg

IMG_8537(BLOG).jpg

IMG_8542(BLOG).jpg

IMG_8543(BLOG).jpg