うらかすみ便り

宮城県産 新酒造好適米「吟のいろは」100%使用「純米吟醸 浦霞 吟のいろは」新発売!



こんにちは。


2月に開催された「宮城の純米新酒初蔵出し」(宮城県酒造組合主催)で初披露された、宮城県産 酒造好適米「吟のいろは」。

弊社でも「吟のいろは」を使用した純米吟醸酒を、4月9日より全国発売致します。

小野寺杜氏から「吟のいろは」のお米やお酒の味わいなどについて、ご紹介させて頂きます!

「純米吟醸 浦霞 吟のいろは」の造りや味わい

200409_2.jpg

本社蔵杜氏 小野寺邦夫


【吟のいろは】は心白が大きくやわらかなお米で溶けやすいと聞いていたので、洗米・浸漬時に限定吸水(白米が吸水し過ぎないよう浸漬時間を短く制限すること)をして早めに水を切りましたが、加減は難しく、早すぎても遅すぎてもいけません。

蒸米や麹づくりにも影響し、お酒の仕上がりが大きく左右される大事な作業のひとつです。

初めて扱うお米なので緊張と不安がありましたが、蔵人と連携して各工程で慎重に臨んだ結果、満足のいく理想的なお酒に仕上がりました。

自信を持って皆様にお届け致します。爽やかな香り、お米の特長を活かした深みのあるやわらかな口当たりとキレの良い味わいです。

「深みのあるやわらかな口当たりとキレの良さ」は、浦霞の酒質目標である「飲みあきしない」「味と香りのバランスの良い食中酒」に合わせることができました。

旬の食材とともにあわせて楽しんでもらいたいお酒です。

今の時期なら、地元でも水揚げされる「しらうお」。

かま揚げにして少し醤油を合わせ食べたり、「タラの芽」の天麩羅にも合わせて、春の便りを楽しみたいと思います。


taranome.jpg

--------------------------------------------------------------------------------------------

いかがでしょうか。小野寺杜氏は、まさに宮城の春の旬の食材をイメージされていました。

皆さんは、何と一緒に楽しまれますか。


ぜひ美味しい春の食材を使った料理とともに、令和になってデビューした宮城の酒造好適米「吟のいろは」で醸す浦霞の純米吟醸酒を合わせてみてください。




200409.jpg

純米吟醸 浦霞 吟のいろは

種類 純米吟醸酒
原料米 宮城県産「吟のいろは」(東北酒218号)
精米歩合 50%
アルコール分 15度以上16度未満
容量・価格 720ml  2,000円(税抜)


お近くのお取扱店様をご紹介致しますので、お気軽に下記までお問合せください。

浦霞醸造元 株式会社佐浦 
TEL 022-362-4165(平日8:30~17:30)
お問合せフォーム
https://ssl.urakasumi.com/contact/



宮城県待望の新品種「吟のいろは」については下記サイトにてご紹介しております。


宮城県酒造組合公式Facebook

https://www.facebook.com/miyagishuzo/photos/a.491231604354268/1964924653651615/?type=3&theater


ginnoiroha.jpg