うらかすみ便り

「南部杜氏自醸清酒鑑評会」で優等賞受賞!



第101回「南部杜氏自醸清酒鑑評会」の結果が発表され、弊社では本社蔵が「吟醸酒の部」「純米酒の部」で優等賞を受賞致しました。


 「第101回南部杜氏自醸清酒鑑評会」審査結果
 https://www.kanko-hanamaki.ne.jp/imagem/files/1592295018_01.pdf


「南部杜氏自醸清酒鑑評会」は、日本全国で酒を醸す南部杜氏たちが技を競い合う場として、岩手県花巻市石鳥谷町で毎年開催されています。

明治44年の第1回開催から数えて、今年は101回目となる伝統的な鑑評会です。

例年ですと国税局鑑定官室や各指導機関等、全国各地より審査員を迎えて実施されていますが、今年は新型コロナウイルスの影響で県境を越えての移動が困難な状況になったことから、審査期日を延期し岩手県内の10名の審査員だけとなり、一審のみ、優等賞のみの決定となりました。

(例年は一審、二審、三審、決審と複数回の審査にて、優等賞のほか、各部門の上位入賞工場が決定致します)



**製造責任者である本社蔵 小野寺邦夫杜氏の喜びの声です**


出品後に、新型コロナウイルスの影響で審査日が延期されると発表され、お酒の品質が変化することを懸念しました。また、審査方法も例年と異なると聞いて、どう評価されるだろうと心配になりましたが、「優等賞」を受賞することができて、本当にホッとしています。
弊社は吟醸酒の部において今回の受賞で67回目の優等賞となり、またひとつ浦霞の伝統を積み重ねることができたことを、大変嬉しく思っております。
不安なことが尽きない世の中になっていますが、より多くの皆様に「美味しい」「ほっとする」と言って頂けるようなお酒をこれからもお届けしたいと思います。皆様方の日頃よりのご支援に感謝し、来年の「南部杜氏自醸清酒鑑評会」においても「優等賞」の記録を重ねることを目指せるよう頑張ります。引き続き「浦霞」へのご愛顧のほどお願い申し上げます。


200617_1.jpg