うらかすみ便り

浦霞の夏酒「純米夏酒 浦霞」に300mlサイズも仲間入りして好評発売中!



暑い夏に楽しみたい「浦霞の夏酒」、1.8Lと720mlサイズは6月13日より発売しておりましたが、「家飲み用に」というご要望を受け、新たに300mlの小瓶サイズを6月25日より発売することとなりました!

夏のオススメ!浦霞の「純米夏酒」

秋は「ひやおろし」、冬は「しぼりたて(新酒)」と季節のお酒が店頭に並びますが、今の時期は「夏にもおいしく飲める日本酒」を各社が「夏酒」という呼び方で販売しています。

弊社においても、暑い夏に冷やして、クーラーがきいた涼しい部屋の中でお燗で、どちらでもお楽しみ頂ける夏酒を2015年より発売しています。

そして、浦霞の夏酒の大きな特徴のひとつに、「ひやおろし」や「しぼりたて(新酒)」などの季節商品は要冷蔵商品であることが多いのですが、この『純米夏酒 浦霞』は生酒ではないので通常の冷暗所保管でOKです!

200612_1.jpg

純米夏酒 浦霞 (季節限定)
爽やかで軽快な甘みと米の旨味が感じられる、夏にぴったりの味わいです。

種類 純米酒
原料米 宮城県産「まなむすめ」
精米歩合 65%
アルコール分 15度
容量・価格 1.8L   2,400円(税抜)
720ml 1,150円(税抜)
300ml  540円(税抜)




赤間杜氏が語る!今年の「純米夏酒」はここに注目!

製造責任者の赤間杜氏に、どのようなイメージで酒造りに挑んだのか、造りで苦労した点、そしてどのような仕上がりになったのか聞いてみました。

原料米の米質が例年になく酒造りには難しく...

宮城県産米「まなむすめ」を100%使用していますが、令和1年度産は地域ごとに米質のバラツキがあり、米質の見極めが難しかったです。

造りの工程でも即座に判断・対処しなければならない場面があり、例年になく原料米の扱いが難しい年でした。

研究開発室での分析の結果、『純米夏酒』に使用した「まなむすめ」は、硬く溶けにくい米質だとわかりましたので、その特徴をふまえ、米の旨味が表現できるように、特に麹造りと醪(もろみ)の温度管理に留意し、必要以上に米を溶かして雑味の多いお酒にならないように注意を払いました。



お客様の声を反映して...

例年は「夏酒」ということでキリッと冷やして楽しむお酒をイメージして造りを行ってきましたが、「"ぬる燗"(約40℃)で楽しんでいる」というお客様のお話を聞く機会があり、今年は冷やしてもお燗にしても体に優しい感じがするお酒を目標として造りに挑みました。



今年の味わいは...

今年の米質の特徴をとらえ、丁寧に造りを進めた結果、イメージ通り、ソフトでほんのりと旨味のあるお酒に仕上がりました!

冷やしても、常温でも、ぬる燗(約40℃)にしても、体にすぅ~となじむ優しいお酒として自信をもってお届けします!

純米夏酒 浦霞』と旬のうまい肴を合わせて、暑い夏を楽しく残り越えて欲しいと思っています。


200612_2.jpg
矢本蔵 杜氏 赤間 勲
(赤間のプロフィールはこちら)


お客様の貴重なご意見が反映されたとのことで、今年の『純米夏酒 浦霞』は、冷やして、常温で、ぬる燗(約40℃)で、気分やお料理に合わせてお楽しみ頂ければと思います。

これから本格的な夏を迎え、クーラーにあたる機会も多くなると思います。

お酒は、血行を良くして内側から温めてくれます。

また、お酒は体温に近い温度で吸収されます。お燗酒ならスムーズに吸収されるため飲み過ぎることが少なくなります。

新型コロナの影響で例年以上に体調管理をされている方も多いかと思います。

幅広い温度帯でお楽しみ頂ける「夏酒」をほどよく飲んで、体も心もリラックスしてお過ごし頂けたらと思っています。



お近くのお取扱店様をご紹介致しますので、お気軽に下記までお問合せください。

浦霞醸造元 株式会社佐浦 
TEL 022-362-4165(平日8:30~17:30)
お問合せフォーム
https://ssl.urakasumi.com/contact/