うらかすみ便り

お盆休みにおすすめ!仙台駅催事「がんばろう東北物産市」で厳選3種類の浦霞を販売中!



JR東日本グループでは、新型コロナウイルス感染症の収束を願い「がんばろう宮城・東北キャンペーン」を展開しており、その一環として、2020年7月1日(水)から8月17日(月)まで仙台駅2階ステンドグラス前で催事「がんばろう東北物産市」を開催しています。

この物産市では「食」を通じて東北の元気を発信するということで、これまで東北各地の物産を販売しておりましたが、8月12日(水)から17(月)までの期間、弊社商品もお取扱頂くことになりました。


期間中、お取扱頂く浦霞商品は以下3商品!


①純米吟醸 浦霞No.12

200811_5.jpg

昭和40年頃に浦霞の吟醸醪(もろみ)から分離され、後に日本醸造協会に登録された「きょうかい12号酵母」を使用したお酒です。

「純米吟醸 浦霞No.12」の商品ストーリーについてはこちらをご覧下さい。
https://www.urakasumi-no12.com/


爽やかな香りと心地より酸味、すっきりとしたキレのよい味わいは、ご家庭の料理とも合わせやすく、7月15日より720mlサイズも仲間入りしましたので、是非「家飲み用」としてもお楽しみ頂ければと思います!




②純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさわ)宮城県限定商品


 200811_6.jpg


塩竈 浦戸諸島 寒風沢島(さぶさわじま)のお米を使用しています。

浦戸諸島は、宮城県の松島湾に浮かぶ島々で、寒風沢島のほか、桂島(かつらしま)、野々島(ののしま)、朴島(ほうじま)の有人島と、多くの無人島からなります。

寒風沢島は、塩竈市内で唯一米作りが行われているところで、今なお、島独自の伝統農法(冬期湛水・ふゆみずたんぼ)でお米を生産しています。

その希少な寒風沢米を使って醸したお酒が「純米吟醸浦霞 寒風沢」です。

原料・製造ともにメイド・イン・塩竈のお酒は、穏やかな甘味を伴うさわやかな香り、酸味と旨味のバランスの取れた味わいがあります。

お盆休みに、浦霞のふるさと「塩竈」に思いを馳せながら是非ご賞味下さい!




③浦霞 伊達な梅の酒 仙台駅、松島町内の酒販店限定商品

 200811_7.jpg


松島町内の梅園「雫石農園」さんの梅の実を浦霞の純米酒に漬け込みました。

さっぱりとした甘さと、ややシャープなキレのある味わいが特長です。

暑さが続くこの時期は、「炭酸割り」や「バニラアイス添え」もおすすめ!


■炭酸割り
梅の酒を注いだグラスにクラッシュアイスを入れ、炭酸を注ぐ。
お好みでミントを飾っても良し!!

■バニラアイス添え
梅の酒を4時間冷凍した後、フォークなどでクラッシュし混ぜ、更に4時間以上冷凍する。
器にバニラアイスをのせ、クラッシュした梅の酒(大さじ1)をかけ、ミントを飾る。



===
がんばろう東北物産市

場所 仙台駅2階ステンドグラス前
会期 8月12日(水)~17日(月)
時間 午前10時~午後8時00分
※最終日は午後5時まで。
※時間変更の可能性もございます。


弊社販売予定銘柄
純米吟醸 浦霞No.12
純米吟醸 浦霞 寒風沢(宮城県限定)
・浦霞 伊達な梅の酒(仙台駅、松島町内の酒販店限定)
※販売予定数に達し次第、終了となります。予めご了承下さい。

※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を鑑み、試飲は中止し、販売のみとなります。
 ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。