うらかすみ便り

ユニクロのTシャツブランド「UT」から浦霞Tシャツ3月4日発売!

こんにちは。企画部の尾形です。

ユニクロのTシャツブランド「UT」は、日本のポップカルチャーをTシャツにのせ、日本文化を発信する企画を展開しています。2019年は日本の伝統文化、時代や人生の大切なシーンを演出してきたお酒をテーマに、日本全国から歴史を持った酒蔵をセレクト。各酒蔵が持つデザイン性、哲学、思想をTシャツにしたコラボレーション企画「SAKAGURA」によるコラボTシャツは、2019年3月4日、本日発売です!

日本国内ではメンズ商品での取り扱いで、以下の一部店舗とオンラインでの取り扱いとなります。
=====
ユニクロ銀座店/ビックロ/ユニクロ新宿東口店/御徒町店/吉祥寺店/池袋東武店/池袋サンシャイン通り店/新宿西口店/新宿高島屋店/ダイバーシティ東京プラザ店/OSAKA店/羽田空港国際線ターミナル店/関西空港出国エリア店/西宮今津店/BRANCH/神戸学園都市店/ゆめシティ新下関店/イオンモール名取店/イオンモール盛岡南店


浦霞をはじめ、合計11蔵のTシャツが酒蔵Tシャツシリーズとして発売します。そして、日本以外には以下の国で発売予定です。

中国、韓国、香港、台湾、フィリピン、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、アメリカ、カナダ、EU、ロシア、オーストラリア

全世界に展開するユニクロから酒蔵Tシャツが発売されますので、海外在住の皆さんもお楽しみに!

浦霞のTシャツ
https://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/ut/sakagura/

Tシャツ.jpg

1月26日(土)27日(日)「SCA卒業進級展」でスイーツ販売

こんにちは。企画課の笠原です。

弊社は、昨年4月より仙台コミュニケーションアート専門学校様(以下SCA)とスイーツ開発のコラボレーションを行っています。
これは同校カフェ・パティシエ科2年生の必修科目「企業プロジェクト」(卒業制作にあたるプログラム)として取り組んでいるものです。

==
企業プロジェクトとは
在学中から取り組む実践教育で、いわゆる卒業制作にあたるプログラム。
企業から出される課題に学生たちが応える同校独自の教育システム。
食材やコストに配慮しながら、学生自らが商品/メニューを考案し、採用された商品はこれまで実際に店頭で販売されている。
==

弊社からの課題:『純米原酒につけた浦霞の梅酒』と梅の実を使用したスイーツの商品開発

~企業プロジェクトの流れ~
STEP1 オリエンテーション「課題提供企業について学ぶ」4月
 4月に行った第1回「オリエンテーション」の様子はこちらをご覧ください
 http://www.urakasumi.com/tayori/2018/04/post-517.html

STEP2 企画・試作 4月~9月
 企業のニーズをふまえ、商品コンセプトを立案、企画書作成。
 原価計算しながら試作を重ねる。

STEP3 プレゼンテーション(審査会)9月
 4チーム4作品のプレゼンテーション、および審査会
 9月に行った「プレゼンテーション」の様子はこちらをご覧ください
 http://www.urakasumi.com/tayori/2018/09/post-545.html


このプレゼンテーションで優勝した作品「梅のショコラアソート(3種)」と準優勝作品「梅のティグレ」をSCA卒業進級展にて販売することになりました。

==
・梅のティグレ 150円(税抜)2日間で140個限定
梅のショコラアソート(6個入り) 1,000円(税抜)2日間で40個限定

181227.jpg


SCA卒業進級展
販売期間:1月26日(土)、27日(日)
販売場所:仙台コミュニケーションアート専門学校 カフェ・パティシエ科
仙台市宮城野区榴岡4-11-20

190126.jpg
卒業進級展チラシ.pdf



学生さんが考案してくれた浦霞の梅酒と梅の実を使ったスイーツを是非この機会にご賞味下さい。

「りらく1月号」に紹介して頂きました!


こんにちは。企画課の笠原です。

12月28日発売の「りらく1月号」で「浦霞の甘酒」について紹介して頂いております。
2019年3月までは「浦霞 酒ギャラリー」でのみの試験販売(190g/346円)となります。

りらく.jpg

りらく https://www.riraku-sendai.co.jp/

181103甘酒200.jpg
====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅から徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
※12月30日(日)は臨時営業致します(閉店時間16時)
営業時間 10:00~17:00

将来パティシエをめざす専門学校生とスイーツ開発!


こんにちは。企画課の笠原です。

弊社は、今年4月より仙台コミュニケーションアート専門学校様(仙台市宮城野区榴岡)とコラボレーションし、スイーツ開発を進めています。
これは同校カフェ・パティシエ科2年生の必修科目「企業プロジェクト」(卒業制作にあたるプログラム)として取り組んでいるものです。

==
企業プロジェクトとは
在学中から取り組む実践教育で、いわゆる卒業制作にあたるプログラム。
企業から出される課題に学生たちが応える同校独自の教育システム。
食材やコストに配慮しながら、学生自らが商品/メニューを考案し、採用された商品はこれまで実際に店頭で販売されている。
==

弊社からの課題:『純米原酒につけた浦霞の梅酒』と梅の実を使用したスイーツの商品開発

~企業プロジェクトの流れ~
STEP1 オリエンテーション「課題提供企業について学ぶ」4月
 4月に行った第1回「オリエンテーション」の様子はこちらをご覧ください
 http://www.urakasumi.com/tayori/2018/04/post-517.html

STEP2 企画・試作 4月~9月
 企業のニーズをふまえ、商品コンセプトを立案、企画書作成。
 原価計算しながら試作を重ねる。

STEP3 プレゼンテーション(審査会)9月
 4チーム4作品のプレゼンテーション、および審査会


先日「プレゼンテーション(審査会)」が開かれましたので、そのご報告を致します。

日にち:9月19日(水)
場所:仙台コミュニケーションアート専門学校 第2校舎
審査員:
浦霞醸造元 株式会社佐浦 代表取締役社長 佐浦弘一(審査委員長)
株式会社コンストラクト・モーメント 甘味処 柊 八木雅貴様
ホテルレオパレス仙台 料理長 瀬戸正彦様
仙台コミュニケーションアート専門学校 学校長 濱田敏幸様
作品:
1班 梅とほうじ茶のガレットデロワ
2班 梅のショコラアソート(3種)
3班 塩竈と浦霞のパウンドケーキ
4班 梅のティグレ


まずは濱田学校長から開会のご挨拶、そして4名の審査員の紹介、今回の課題説明がありました。
その後、1チーム7分のプレゼンテーションタイムです。

180919_10.jpg

どの班も緊張しながらも、自分たちの想いや作品のこだわりをしっかりと審査員にPRしていました。
各班のご紹介を致します。


1班 梅とほうじ茶のガレットデロワ
180919_01.jpg
180919_02.jpg

弊社社長 佐浦家の家紋「丸に違い」を大きくあしらったガレットデロワ(フランス菓子)。
丁子はクローブのことであり、クローブパウダーや藻塩、ほうじ茶などを使い、さらに特徴を出して頂きました。
焼き上がりにきれいに家紋が出てくることに苦労したとのコメント。
その課題をクリアし、インパクトのあるスイーツが完成!
クローブの香りと味が印象的でした。ありがとうございました!



2班 梅のショコラアソート(3種)
180919_03.jpg
180919_04.jpg

梅の実の水分が少なくパサパサしていたので、これをいかに加工するかが課題だった。
試行錯誤の末、梅を砂糖漬けにして梅の旨味と風味が詰まったシロップにして工夫されました。
写真ではわかりづらいのですが、左から緑色の「梅エキス入り」のチョコは鹽竈神社の緑・庭園を表し、真ん中の赤色の「梅ジャム」のチョコは鹽竈神社の鳥居をイメージ、右の茶色の「梅酒ボンボン」は浦霞の仕込み蔵をイメージしています。
味も見た目も塩竈を意識して頂き、ありがとうございました!



3班 塩竈と浦霞のパウンドケーキ
180919_05.jpg
180919_06.jpg

塩竈市の市の木は鹽竈桜。そして塩竈は藻塩も有名です。
梅酒・梅の実と桜、藻塩を融合させたパウンドケーキをご提案頂きました。
梅の香りと桜の塩漬けが混ざり、洋菓子なのに和菓子のような味わい。
風味豊かなパウンドケーキでした。ありがとうございました!



4班 梅のティグレ
180919_07.jpg
180919_08.jpg

当初1種類を予定していたが、彩りを出すために抹茶とプレーンの2種類に。
また、中身に梅ジャムの使用を考えたが日持ちがしないため、梅ジャムからチョコレートに変更したとのこと。
金粉が輝き、さらに彩りに工夫が見られました。
いろいろアイデアを出してくれてありがとうございました!



審査員の皆さんも真剣に試食、審査して頂きました。

180919_09.jpg

審査タイムの後、4名の審査員から講評を頂きました。
皆さん「甲乙つけがたかった」と口を揃えておっしゃっており、接戦だったことが窺えました。

180919_11.jpg
浦霞醸造元 株式会社佐浦 代表取締役社長 佐浦弘一(審査委員長)


180919_12.jpg
株式会社コンストラクト・モーメント 甘味処 柊 八木雅貴様


180919_13.jpg
ホテルレオパレス仙台 料理長 瀬戸正彦様


180919_14.jpg
仙台コミュニケーションアート専門学校 学校長 濱田敏幸様


そして、見事優勝したのは、
2班 梅のショコラアソート(3種)
180919_15.jpg


180919_17.jpg
~2班の皆さんの喜びのコメント~
優勝できると思っていなかったのでビックリしました!
チョコレートと梅の実の扱いには本当に苦労したので、それが評価されて嬉しいです。
塩竈のことをたくさん調べて、和(梅)と洋(チョコレート)で表現しました。



180919_16.jpg

最後、全員で記念撮影!
仙台コミュニケーションアート専門学校 カフェ・パティシエ科2年生の皆さん、審査員の皆さん、ありがとうございました!

浦霞×専門学生のコラボレーション始動


こんにちは。企画課の笠原です。

今年度、仙台コミュニケーションアート専門学校様(仙台市宮城野区榴岡)とコラボレーションすることが決まりました。

これは同校のカフェパティシエ科2年生の必修科目「企業プロジェクト」(卒業制作にあたるプログラム)として行うものです。
「企業プロジェクト」とは、産学連携教育の一環で、企業から出される課題に学生たちが応える同校独自の教育システム。

弊社としましても、学生の活躍の舞台の提供、そして学生のスキルアップへの貢献を願い、本プロジェクトに賛同して、この度始動致しました。

第1回目として、弊社にて「オリエンテーション」を開催。
弊社の会社概要や塩竈の歴史や文化を、弊社代表取締役社長 佐浦が説明致しました。

180411_01.jpg


180411_05.jpg
皆さん、真剣な様子。でも少し難しかったでしょうか?!


座学で勉強した後、続いて学校のユニフォームに着替えて蔵見学。

180411_02.jpg

180411_03.jpg

180411_04.jpg

見て、触って、香りを嗅いで、五感を使って見学。

180411_06.jpg

弊社事務所前で「制作、頑張ります!」と笑顔で記念撮影!

今回弊社から出した課題のひとつに「塩竈の魅力の表現」をあげさせてもらいましたので、市内をご案内。


老舗のお団子屋「おさんこ茶屋」さん
180411_07.jpg


明治21年創業の「荻原醸造」さん
180411_08.jpg


奥州一之宮「鹽竈神社
180411_09.jpg

「本当に階段が202段か数えてみて」とチャレンジしてもらいましたが、急な階段で「途中でわからなくなりました~」と。

202段の階段を上った先には、ソメイヨシノが見頃を迎えていました。
桜の前で記念撮影と「制作がうまくいきますように!」と必勝祈願!

180411_10.jpg


裏坂を下りながら「海商の館 旧亀井邸」をご紹介
180411_11.jpg

銘菓『志ほがま』で有名な「丹六園」さん
180411_12.jpg


味噌醤油醸造元の「太田與八郎商店」さん
180411_13.jpg

弊社周辺をぐるりと1周ご案内して、塩竈を実感して頂きました。

学生の皆さんに、「浦霞」そして「塩竈」はどのように映ったのでしょうか。
これから始まるスイーツ制作、完成を楽しみにしています。

このプロジェクトの様子はこれからもレポートする予定です。
学生さんの活躍、皆さんもお楽しみに!