うらかすみ便り

金華さばとからくち浦霞のセット「塩竈の誉」限定発売開始!


こんにちは。企画課の笠原です。

弊社も参加したイベント「いっしょに食べ亭」の参加者投票で
1位に選ばれた、「
金華サバの干物(うす塩味)」と「からくち 浦霞
のセット商品が間宮塩蔵」様のサイトにて販売開始となりました。

「いっしょに食べ亭」は、宮城大学 事業構想学部 藤原研究室の
皆さんと、塩竈にある干物屋・間宮塩蔵(株式会社間宮商店)様
の共催イベントで、間宮塩蔵様金華サバの干物」と
弊社商品の相性を参加者の皆さまにお試し頂いたイベントです。


当日のイベントの様子はこちらをご覧下さい
http://www.urakasumi.com/tayori/2016/02/post-374.html


是非、皆さまもご自宅で、塩竈の干物と日本酒の好相性を
お楽しみ頂ければと思います。

【数量限定/期間限定】
塩竈の誉(金華サバの干物(うす塩味)・からくち 浦霞のセット)
http://item.rakuten.co.jp/mamiyaenzo/1531/

mamiya01.jpg
mamiya02.jpg

干物×日本酒「第3回いっしょに食べ亭」に参加しました

こんにちは!企画課の小野寺です。

2月13日(土)、宮城大学 事業構想学部 藤原研究室の学生の皆さんと
塩竈にある干物屋・間宮塩蔵(株式会社間宮商店)様が
共催するイベント「いっしょに食べ亭」に参加してきました。

このイベントは、ITを活用したビジネス課題の解決を学ぶ藤原研究室の学生の皆さん
学んだ理論を実践するために、間宮塩蔵様に提案活動を行う中で生まれました。
ブランディング活動のひとつとして、昨今の食卓における「魚離れ」や、
「弧食化」というような食に関する社会問題を、
間宮塩蔵様の干物をはじめとする塩竈の豊かな食資源とITを活用して解決を目指しています。


第3回目となる今回は、「夫婦」でいっしょに楽しめる食卓がテーマということで、
弊社の日本酒とのコラボレーションをすることになりました。


ところで皆さん、干物と言えばどんなものをイメージしますか?
硬いとか、しょっぱいとか、かりかりしているとか、そのようなイメージはありませんか?

そんなイメージのまま間宮塩蔵様の干物を見ると驚かされます。

160213_1.JPG

見てください、この身のふっくら感!

金華サバの脂ののったジューシーで柔らかい身をそのままに、
噛めば噛むほど旨味が広がる
とっても美味しい干物です。

鮪専門店として開業し今年で創立50周年
魚の善し悪しを見分ける修行を積んだ確かな目利きがいること。
最先端技術を用いた"酸化させない"熟成干物であること。
素材から加工まで、こだわりを持って美味しい干物を作り上げています。
塩竈が誇る干物技術です!



そんな間宮塩蔵様の干物と日本酒との食べ合わせ、
美味しくないはずがありません。
それでも意外なことに、干物と日本酒の食べ合わせ体験というのは、
弊社としても今回のイベントが初めての試みとなりました。


イベント当日、参加したのは間宮塩蔵様Facebookの記事を見て
応募いただいた4組のご夫婦。

中には県外からお越し下さった方もいらっしゃいました。

まずは、食べ合わせをよりおいしく味わっていただくために、
日本酒と干物の製造工程を学びました。

160213_2.jpg
弊社蔵見学の様子

160213_3.jpg
間宮塩蔵様の工場見学の様子

皆さん熱心に説明を聞いていました。


しっかりと学んだあとは、お待ちかねの干物と日本酒の食べ合わせ体験です。

今回食べ比べて頂いたのは、

金華サバの「うす塩味」「味噌粕味」「甘粕味」の3種類の干物と、
からくち 浦霞」「純米酒 浦霞」「ぼとる 浦霞」の3種類の日本酒

この中から一番合う組み合わせを参加者に選んでもらいました。

160213_4.jpg

一口食べた瞬間からおいしい!と会場が盛り上がりました。

160213_5.jpg

「どれにしようか迷うね」と仲良く相談するご夫婦の姿は
とても微笑ましい光景でした。

160213_6.jpg

お酒が足りなくなったら、ご夫婦でお酌をし合っていただきました。
これも、お酒がある食卓ならではのコミュニケーションの一つです。


あっという間に投票の時間に。
1位は5pt、2位は3pt、3位は1ptとポイントを付け、参加者全員から投票してもらいました。
参加者からは「どれも美味しかったからな・・・」と悩める声も漏れておりました。

いよいよ結果発表。

第3位は、「からくち 浦霞×甘粕味・金華サバ」で6pt

第2位は、「ぼとる 浦霞×甘粕味・金華サバ」で11pt

第1位は、他を大きく引き離して合計28pt

からくち 浦霞×うす塩味・金華サバ」の組み合わせでした!

「うす塩味・金華サバ」のほどよいしょっぱさとジューシーな旨味を、
後味のキレが良い「からくち 浦霞」がさっぱりとさせ、
次の一口へとどんどん箸が進む組み合わせです。
みなさん納得の一位でした!


そして特別企画として、一位になった組み合わせを
間宮塩蔵様通販サイトにて期間限定で販売をすることになりました!


発売時期など販売に関する詳細は、
間宮塩蔵様facebookページ(https://goo.gl/UDqqFy
)で今後案内いたします。

飽きのこないシンプルな組み合わせを、日常の食卓でもぜひ試してみてください。


塩竈の食の魅力を新しい視点から堪能出来た素敵なイベントでした。
ご参加頂いた皆様、並びに間宮塩蔵様、宮城大学藤原研究室の学生の皆様
ありがとうございました!

160213_7.jpg

小正月行事「(通称)ほいほい」を執り行いました


こんにちは。企画課の笠原です。

毎年1月14日は、宮城県内各地で「どんと祭」が執り行われます。
こちら塩釜においても、鹽竈(しおがま)神社にて午後5時から
祭典が斎行されます。

「どんと祭」は、宮城県のお正月の伝統的祭事で、神社の境内などで
古い神札やお守り、松飾り等を納めてお焚き上げをし、今年1年の
無病息災・商売繁盛・家内安全等を祈願いたします。


その「どんと祭」が開催される前、弊社では通称「ほいほい」と
呼ばれる小正月儀式を執り行っており、今年も無事斎行致しました。

弊社社長佐浦と社員が、提灯や松飾りを持ち、
「ほーいほい」と唱えながら本社蔵の敷地内を練り歩き、
最後に蔵の中にある八幡様にお参りして1年の醸造安全・
商売繁盛を祈願致しました。

160114_01.jpg 

160114_02.jpg

今年も無事に、美味しいお酒を醸せますように!

10月1日は「日本酒の日」


こんにちは。企画課の笠原です。

本日から店舗「浦霞 酒ギャラリー」の暖簾を白色から黒色に変えました。

151001_01.jpg

151001_02.jpg


黒色の暖簾への衣替えは秋への突入を意味し、
造りもこれから本格的に始まります。

そして、10月1日は「日本酒の日
」です。
日本酒業界で、1978年に「10月1日は日本酒の日」と定めました。


日本では12種の動物にたとえられている十二支。

その10番目に当たる「酉」は、わが国ではトリと読まれていますが、
元来壷の形を表す象形文字で、酒を意味しています。
古代では1年の始まりを冬至においていましたので、10番目の酉の月は
今の9月末から10月のころとなり、新米が収穫されて新酒が醸される月で
あったことを表しています。
つまり、10月は古来酒の月でした。
こうした歴史を受けて、酒造家の中では、10月1日を「酒造元旦」として
祝う風習が残っているところもあります。
(出典:日本酒造組合中央会ホームページ)


そんな本日10月1日「日本酒の日」、日本酒造組合中央会では
「全国一斉 日本酒で乾杯!」を本日19:30に行います。

全国一斉 日本酒で乾杯! http://www.kanpai-sake.jp/


このイベントに合わせ、宮城県酒造組合においても「乾杯シーン」の
写真を募集します。
是非、本日、19時30分、宮城の日本酒で乾杯して、その様子を
撮影、宮城県酒造組合Facebookに、アップしてください。

投稿はこちらから
https://www.facebook.com/events/537443006423083/

151001_03.jpg

投稿して頂いた方の中から抽選で宮城の純米酒720ml1本
(銘柄の指定はでき
ません)を25名様に、宮城県酒造組合
特製手ぬぐい1枚
を100名様にプレゼントいたします。

よろしくお願い致します!!

9/12・13の2日間、錦町公園にて「純米酒BAR」開催


こんにちは。企画課の笠原です。

9月12日(土)、13日(日)の2日間、仙台市内で、
「定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台」が開催されます。


期間中、錦町公園内にて、今年で8回目となる
宮城純米酒サポーターズクラブ主催の「純米酒BAR」が出店します。


150818_05.jpg
※写真は昨年の様子


純米酒BARでは、宮城県内の23蔵の純米酒を2日間にわけてお楽しみ頂けます。

弊社純米酒は、9月12日(土)に販売して頂きます。

純米辛口 浦霞
150818_06.jpg
 原 料 米:まなむすめ
 
精 米 歩 合:65%
 
アルコール分:15度以上16度未満
 
日 本 酒 度:+7

心地よい香りと米の旨み。飲み飽きしない後味のキレの良いお酒です。
是非、この週末、「純米酒BAR」でお召し上がり下さい。

============================

日時   9月12日(土)、13日(日) 各日 11時~18時まで(雨天決行)
      (お酒がなくなり次第、終了予定)
場所   定禅寺ジャズフェスティバル 錦町公園内