うらかすみ便り

10月1日は「日本酒の日」


こんにちは。企画課の笠原です。

本日から店舗「浦霞 酒ギャラリー」の暖簾を白色から黒色に変えました。

151001_01.jpg

151001_02.jpg


黒色の暖簾への衣替えは秋への突入を意味し、
造りもこれから本格的に始まります。

そして、10月1日は「日本酒の日
」です。
日本酒業界で、1978年に「10月1日は日本酒の日」と定めました。


日本では12種の動物にたとえられている十二支。

その10番目に当たる「酉」は、わが国ではトリと読まれていますが、
元来壷の形を表す象形文字で、酒を意味しています。
古代では1年の始まりを冬至においていましたので、10番目の酉の月は
今の9月末から10月のころとなり、新米が収穫されて新酒が醸される月で
あったことを表しています。
つまり、10月は古来酒の月でした。
こうした歴史を受けて、酒造家の中では、10月1日を「酒造元旦」として
祝う風習が残っているところもあります。
(出典:日本酒造組合中央会ホームページ)


そんな本日10月1日「日本酒の日」、日本酒造組合中央会では
「全国一斉 日本酒で乾杯!」を本日19:30に行います。

全国一斉 日本酒で乾杯! http://www.kanpai-sake.jp/


このイベントに合わせ、宮城県酒造組合においても「乾杯シーン」の
写真を募集します。
是非、本日、19時30分、宮城の日本酒で乾杯して、その様子を
撮影、宮城県酒造組合Facebookに、アップしてください。

投稿はこちらから
https://www.facebook.com/events/537443006423083/

151001_03.jpg

投稿して頂いた方の中から抽選で宮城の純米酒720ml1本
(銘柄の指定はでき
ません)を25名様に、宮城県酒造組合
特製手ぬぐい1枚
を100名様にプレゼントいたします。

よろしくお願い致します!!

9/12・13の2日間、錦町公園にて「純米酒BAR」開催


こんにちは。企画課の笠原です。

9月12日(土)、13日(日)の2日間、仙台市内で、
「定禅寺ストリートジャズフェスティバル in 仙台」が開催されます。


期間中、錦町公園内にて、今年で8回目となる
宮城純米酒サポーターズクラブ主催の「純米酒BAR」が出店します。


150818_05.jpg
※写真は昨年の様子


純米酒BARでは、宮城県内の23蔵の純米酒を2日間にわけてお楽しみ頂けます。

弊社純米酒は、9月12日(土)に販売して頂きます。

純米辛口 浦霞
150818_06.jpg
 原 料 米:まなむすめ
 
精 米 歩 合:65%
 
アルコール分:15度以上16度未満
 
日 本 酒 度:+7

心地よい香りと米の旨み。飲み飽きしない後味のキレの良いお酒です。
是非、この週末、「純米酒BAR」でお召し上がり下さい。

============================

日時   9月12日(土)、13日(日) 各日 11時~18時まで(雨天決行)
      (お酒がなくなり次第、終了予定)
場所   定禅寺ジャズフェスティバル 錦町公園内

東北のモノづくり展示「Made in TOHOKU」の中で弊社お酒も展示


こんにちは。企画課の笠原です。

仙台・東北が世界に誇れるモノづくり展「Made in TOHOKU」が
3月4日(水)~14日(土)の期間、東北電力グリーンプラザ(仙台市)
にて開催されています。

150304_01.jpg


====
仙台・東北が世界に誇れるモノづくり展
Made in TOHOKU 【入場無料】
====
日時:3月4日(水)~14日(土) 10:00~18:00
   ※9日は休館日
   ※最終日は16時まで

場所:東北電力グリーンプラザ 1階
主催:仙台市、仙台観光コンベンション協会、東北電力グリーンプラザ


プラザギャラリーN・Sでは、仙台・宮城の伝統工芸展「プレミアムギャラリー」、
アクアホールでは、東北・新潟「手しごとミュージアム」が開催。

弊社は、東北・新潟「手しごとミュージアム」内にて、工芸品のある暮らし方
を提案するディスプレイ「とこのま」の中で、「地元の酒器と酒と・・・お酒と四季」
と題して、酒瓶や酒造道具等を展示して、ご紹介しています。

150304_03.jpg

お近くにお立ち寄りの際には、是非お越し頂ければと存じます。


Made in TOHOKU公式ホームページ
http://tetotetote-sendai.jp/topics/made_in_tohoku/index.html

「かき小屋で新酒を楽しむ会」(塩釜小売酒販協同組合主催)のご案内


こんにちは。企画課の笠原です。

今年5月で閉館する「松島水族館」内のかき小屋で「阿部勘」様、
弊社「浦霞」の新酒を楽しむイベントを2月28日(土)に
塩竈小売酒販協同組合様主催で開催されます。


======
「かき小屋で新酒を楽しむ会」
======

開催日:2月28日(土) 15時30分~17時00分
会  場:松島水族館 内「かき小屋」
     ※JR仙石線「松島海岸駅」より徒歩約3分
会  費 :5,000円
募集定員:40人
申込み:塩釜小売酒販組合 TEL 022-366-2054


松島水族館のかき小屋を会場に、牡蠣を50分食べ放題、そして
「阿部勘」様、「浦霞」の新酒、合計4銘柄が飲み放題。
さらに、カキフライ、牡蠣汁つきです。
参加者には水族館の割引券が付いてます。
最初で最後のイベントにどうぞご参加ください!!


当日弊社が提供する新酒

本醸造しぼりたて 浦霞(宮城県限定/季節限定販売)
150205_01.jpg

しぼりたて 純米生酒 浦霞(季節限定販売)
150205_02.jpg

小正月行事「(通称)ほいほい」を執り行いました


こんにちは。企画課の笠原です。

毎年1月14日は、宮城県内各地で「どんと祭」が執り行われます。

「どんと祭」は、宮城県のお正月の伝統的祭事で、神社の境内などで
正月飾りを焼き、御神火にあたることで1年間の無病息災・家内安全
を祈願する祭りです。


その「どんと祭」が開催される前、弊社では通称「ほいほい」と
呼ばれる小正月儀式を執り行います。

提灯や松飾りを持ち、「ほーいほい」と唱えながら
本社蔵の敷地内を練り歩き、最後に蔵の中にある八幡様
にお参りして1年の醸造安全・商売繁盛を祈願致します。

今年も執り行いました。

150114_1.jpg

150114_2.jpg

150114_3.jpg

150114_4.jpg

八幡様にお参りした後は、近くの鹽竈神社へお正月に飾っていた
注連縄・松飾りを焼納して頂くため、持ち込みました。

今年も安全に、そして高品質の浦霞商品を皆様にお届けできますよう
社員一同で頑張って参ります。

今後とも「浦霞」をよろしくお願い致します。