うらかすみ便り

「藻塩焼神事」が執り行われました

こんにちは。企画課の齋藤です。

弊社本社蔵にほど近い鹽竈神社の境外末社・御釜神社では、毎年7月4日から6日迄の3日間御祭神・塩土老翁神にゆかりの
「藻塩焼神事」が斎行されます。今年も執り行われました。

この神事では、海藻を用いて濃度の高い塩水(鹹水)を作り、これを煮詰めて塩を作る一連の行程が儀礼として再現されます。

古代の製塩方法を伝える神事として宮城県の無形民俗文化財に指定されています。

御釜神社には塩土老翁神が製塩に用いたと伝えられる4口の神釜が奉安されています。

この神釜は世に異変があるときに水の色が変じるとされ江戸時代には水の色が変化すると藩へ報告がなされていました。

※鹽竈神社HPより http://www.shiogamajinja.jp/

【7月4日 藻刈神事】
隣町の七ヶ浜町花淵浜沖に神事船を出し、ホンダワラと呼ばれる海藻を刈り取ります。

【7月5日 水替神事】
松島湾釜ヶ淵より満潮時の潮水を汲み、神釜の水を入れ替えます。
180706_01.jpg

そして、本日7月6日は【藻塩焼神事】です。

製塩用鉄製平釜の上に竹の棚を設け、ホンダワラを広げた上から海水を注ぎ、これを煮詰めて塩を作ります。
180706_02.jpg


今日はあいにくの曇り空でしたが、雨も降らず、多くの方が集まりました。

まずは、平釜の上に竹の棚をのせてホンダワラを広げます

180706_04.jpg

そして、その上から海水を注ぎます。
180706_06.jpg


火打ち石で釜に火をつけたら、竹の棚をはずし、榊でお祓いをします。

180706_05.jpg

180706_11.jpg


神職の方々はアクを取りながら釜の海水を煮詰めていきます。
このアク取りでは、釜のアクを取りつつ「悪」も取っているそうです。
180706_12.jpg

180706_13.jpg


火をつけて、約1時間30分後、少し灰色がかった藻塩が出来上がりました。

180706_14.jpg


出来上がった藻塩が供えられ、神事が終了すると、弊社のお酒も含めた御神酒や藻塩が参拝者にも配られました。
180706_15.jpg

180706_16.jpg

塩釜は、7月10日(火)の鹽竈神社例祭、7月16日(月・祝)のみなと祭と夏のお祭りはまだまだ続きます。

せひ塩釜へ遊びにいらしてください!

「第71回塩竈みなと祭」 7/15(前夜祭)16(本祭) 開催


こんにちは。企画課の笠原です。

今年も「第71回塩竈みなと祭」が開催されます。
7月15日(日)前夜祭での花火大会は、震災後リニューアル工事を行っていた塩竈市魚市場が昨年10月に完成したことを記念した盛大な演出で復活するとのこと。

また、16日(海の日)本祭
では、志波彦神社 鹽竈神社の御神輿を奉安した御座船「龍鳳丸」と「鳳凰丸」が、100隻余りのお供船を従えて日本三景松島湾を巡幸します。
陸上パレードで市内全体が一気に盛り上がり、重さ1トンのお神輿が皆に見送られながら、神社202段の階段を粛々と上り、神社に戻る様は感動的です。

170701_01.jpg

そして、16日の本祭にあわせ、店舗「浦霞 酒ギャラリー」前では振る舞い酒を行う予定です。
日時:7月16日(海の日)14:00~16:00の間(なくなり次第終了)
場所:店舗「浦霞 酒ギャラリー」前

※振舞い酒の提供時間が変更することもございます。予めご了承下さい。
※店舗「浦霞 酒ギャラリー」も営業しております。お気軽にお立ち寄り下さい。
※未成年者、お車でお越しの方への振舞い酒の提供は致しておりません。
※免許証等で年齢確認をさせて頂くことがございます。
※当日は会場周辺で交通規制が行われますのでご注意願います。

(昨年の様子)
180703_01.jpg


また、(株)一ノ蔵酒類販売様の敷地において「一ノ蔵」様、「阿部勘」様、弊社の3社で振る舞い酒とそのお酒のショット売りを行います。
こちらも是非お越し下さい。

日時:7月16日(海の日)11:00~15:00
場所:(株)一ノ蔵酒類販売様(塩竈市宮町3-25)
参加蔵元:一ノ蔵、阿部勘、浦霞
主催:塩釜海道まちづくり研究会

170701_03.jpg

7/15、16は「夏」を満喫しに、塩竈へお越し下さい!

====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅から徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
営業時間 10:00~17:00
※7月15日(日)は休業日です。
※7月16日(月・祝)営業致しますが蔵ガイドはお休みします。

盬竈(しおがま)ザクラが見頃です


こんにちは。企画課の笠原です。


盬竈(しおがま)神社境内の鹽竈ザクラが15日に開花し、只今見頃を迎えております。

180419_01.jpg

180419_02.jpg

180419_03.jpg

180419_04.jpg

鹽竈ザクラは40~60枚の花びらをつける桜で、宮城県内の桜の樹木では唯一「国指定天然記念物」に指定されています。

今年は例年より1週間ほど早く開花し、今週末にも満開となる見通しです。
境内では鹽竈ザクラのほか、数種類の八重咲き種の桜も見ることができます。

境内の桜の主な品種と開花状況は下記ページで発信しております。
http://www.shiogamajinja.jp/sakuramap/index.html


また、4月22日(日)には「鹽竈神社 花まつり」と「しおがま市民まつり」の2つのイベントが開催されます。
詳細は下記ブログをご覧下さい。
http://www.urakasumi.com/tayori/2018/04/423-1.html

是非、お花見に、春の行楽に塩竈へお越し下さい!!

====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
※4月22日(日)は「花まつり」開催に伴い臨時営業
※4月22日(日)蔵ガイドはお休みします

営業時間 10:00~17:00

4/22(日)「鹽竈神社 花まつり」「しおがま市民まつり」開催


こんにちは。企画課の笠原です。

4月22日(日曜)に塩釜市内で2つのイベントが開催されます。

===
鹽竈(しおがま)神社「花まつり」

本殿祭:10時
発輿祭:正午
神輿御出発:12時30分

氏子三祭(帆手祭・花祭・みなと祭)のひとつで、毎年4月の第4日曜日
に斎行されます。
祭典前日、浄闇のうちに御心霊が奉還された鹽竈神社の御神輿は、当日各御供の奉仕団体を伴って終日市内各地を渡御なされ、午後8時には202段の表坂で幻想的な神輿還御が御覧いただけます。

170423_02.jpg


そしてその「花まつり」に合わせて行われるのが「しおがま市民まつり」。

本塩釜駅前通りを中心にステージイベントや大ビンゴ大会など、盛りだくさんの内容です。
地場産品の即売もあり、子供も大人も楽しめます。

===
しおがま市民まつり

会場:JR本塩釜駅前周辺 (JR仙石線・本塩釜駅下車すぐ)
時間:10時~15時


このまつりの中で弊社は「阿部勘」様とともに、振る舞い酒ならびに酒粕のチャリティー販売を行います。
午前と午後、2回の開催を予定しております。
(なくなり次第、終了となります)

DSC02175.jpg

公共交通機関でお越し頂き、是非お召し上がり頂ければと思います。

「花まつり」と「しおがま市民まつり」で、まだまだ春いっぱいの塩竈をお楽しみください!


店舗「浦霞 酒ギャラリー」は日曜定休ですが「花まつり」開催に伴い臨時営業致します。
====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
※4月22日(日)は「花まつり」開催に伴い臨時営業
※4月22日(日)蔵ガイドはお休みします
営業時間 10:00~17:00

4/14から開催『ルイージ・ディヴァリ作品展』


こんにちは。企画課の笠原です。

弊社も会員となっている「塩竈・キオッジャ友好協会」において、イタリアのベネチア湾を描く港町の画家 ルイージ・ディヴァリさんの作品展を4月14日から開催致します。

==
港町の画家 ルイージ・ディヴァリ作品展
~ベネチア湾と松島湾の奇跡10,000kmを超えた類似性~

日程:4月14日(土)~24日(火)※月曜閉館
時間:10:00~18:00(最終日 ~16:00)
 ※土日は10:00~17:00
場所:エスプ塩釜ギャラリー(JR東北本線塩釜駅前)
料金:無料
主催:塩竈・キオッジャ友好協会


塩竈・キオッジャ友好協会」はベネチア湾南西部に位置する塩竈と大変よく似た港町キオッジャとの友好を進めているNPOです。
設立の発端となったのが、3年前、支倉常長らの慶長遣欧使節団がイタリアに到着してから400年という節目の年にキオッジャにおいて開催された2つの港町の文化交流イベントでした。
その際のポスターやチラシのデザインを手がけたのもルイージ・ディヴァリさんでした。

この度、本友好協会の交流事業の一環として魚や漁船などを題材としたルイージ・ディヴァリさんの作品をイタリアから取り寄せ、松島湾との環境や生物、漁業や食文化などの類似性を知って頂くために作品展を開催致します。
なお、展示に当たっては作品ごとに解説を添付し、さらに、魚貝類の作品には松島湾や仙台湾で見られる近似種も紹介します。

入場無料です。是非お気軽にご来館下さい。

180414.jpg