うらかすみ便り

限定発売!新しい酒造好適米『吟のいろは』で醸した生酒(2/22・23「宮城の純米新酒初蔵出し」で)



こんにちは。企画部の笠原です。

今年もこの季節がやってきました!
宮城県酒造組合
にて「宮城の純米新酒初蔵出し」を2月22日(土)23日(日)の2日間開催します。

このイベントは昭和62(1987)年から続いている宮城県酒造組合の恒例イベントです。
県内蔵元が今年しぼった純米新酒などが出品されます。

今年は、新しい酒造好適米「吟のいろは」のデビューを記念して鏡開きセレモニーの開催(2月22日お昼12時)と、宮城県内21酒造場において令和元年産「吟のいろは」で仕込まれた純米吟醸酒及び純米大吟醸酒を、本イベント(令和2年2月22日23日開催)で一斉デビューいたします。

弊社は「吟のいろは」で醸した純米吟醸酒(生酒)を本イベント限定で販売します。


このお酒の製造責任者である本社蔵杜氏 小野寺のコメント
==
【吟のいろは】は心白が大きくやわらかなお米で溶けやすいと聞いていたので、洗米時に限定吸水(浸漬中に白米が吸水し過ぎないよう時間を短く制限し、白米の吸水を制限すること)をして早めに水を切りましたが、加減は難しく、早すぎても遅すぎてもいけません。後工程にも影響し、お酒の仕上がりが大きく左右される大事な作業のひとつです。初めて扱うお米なので緊張と不安がありましたが、蔵人と連携して集中して臨んだ結果、満足のいく理想的なお酒に仕上がりました。自信を持って皆様にお届け致します。味わいは、ふくらみのある口当たり、爽やかな香りでキレの良いお酒です。是非、お飲み頂ければと思います。

200219_2.jpg


===
宮城の純米新酒初蔵出し

「吟のいろは」を使った純米吟醸酒(生酒)を数量限定で発売致します。

日時:2月22日(土)23日(日)10時~18時
 ※23日は商品がなくなり次第終了
 ※全商品が売り切れた場合は、期間にかかわらず終了
 ※弊社スタッフは22日のみブースに立ち、ご案内致します

場所:藤崎 東一番町玄関前(本館前)
仙台市青葉区一番町3-2-17

宮城県の新しい酒造好適米「吟のいろは」誕生!


こんにちは。企画部の笠原です。

平成9年にデビューした酒造好適米「蔵の華」に次ぐ、2品種目の宮城県オリジナル酒造好適米「東北218号」のネーミングが先日発表されました。

その名前は「吟(ぎん)のいろは」!

宮城県酒造組合関係者に名称候補の募集を呼び掛け、応募作品の中から宮城県と宮城県酒造組合が協力して「吟のいろは」を選定したそうです。
上品で美しい酒質に仕上がることを願い、仙臺藩祖伊達政宗公のご長女で在らせられる五郎八(いろは)姫様にあやかりました「いろは」と、「吟味した酒造り」を表す「吟」から成る名前。そして「いろは」は物事の基本を意味することから「吟味した酒造りの基本」となるような米に育ってほしいとの願いも込めたダブル・ミーニング(掛け詞)ともなっているとのことです。

ginnoiroha.jpg

そして「吟のいろは」の味わいは、
「心白」が大きくでるのが特長で、酒質は「蔵の華」がスッキリとしてキレのある味わいとなる傾向が認められるのに対し、「吟のいろは」はふくらみのある、やわらかな味わいとなる傾向が認められます。
宮城県酒造組合HPより)


そんな令和元年産「吟のいろは」(東北酒218号)は宮城県内の酒蔵において仕込みが進められており、「吟のいろは」純米吟醸酒及び純米大吟醸酒が令和2年2月22日「宮城の純米新酒初蔵出し」にて一斉デビューいたします。
弊社も「吟のいろは」を使った純米吟醸酒(生酒)を本イベント限定にて販売致します。
数量限定発売ですので、どうぞお早めにお越し頂ければと思います。

==
「宮城の純米新酒初蔵出し」
(宮城県酒造組合主催)
==

■開催場所:藤崎 東一番町玄関前(本館前)
 仙台市青葉区一番町3-2-17

■開催期間:
 2月22日(土)23日(日)10時~18時
 ※藤崎様閉店時刻より1時間30分早くなります
 ※22日は商品がなくなり次第終了
 ※全商品が売り切れた場合は、期間にかかわらず終了
 ※弊社スタッフは22日のみブースに立ち、ご案内致します

皆様のお越しを心よりお待ちしております!!

10/1(火)「宮城の酒コンin仙台」参加者募集!

10月1日は「日本酒の日」!!
宮城県酒造組合では今年も10月1日に「宮城の酒コン in 仙台」を開催致します!弊社も出店して、皆さまの「出会い」を応援いたしますので是非足を運んで見て下さい。

===
~出会いは宮城の純米酒で~
宮城の酒コン in 仙台

今年で5回目のイベント開催です!毎年、多くのカップルが成立している酒コンです。独身の日本酒ファンの皆様、是非ご参加下さい。既婚の方は、お知り合いがおりましたら是非ご紹介ください。会費は、美味しい料理と宮城のお酒代込みで5,400円です。

20190709酒コンチラシA6版-1_400.jpg

日時:10月1日(火)19時~21時(受付18時15分~)
場所:勝山館仙台市青葉区上杉2-1-50
http://www.shozankan.com/
参加費:5,400円 (発券手数料別途)
人数:男性150名(未婚の20歳~50歳)
   女性150名(未婚の20歳以上)
お申込:ファミリーマートの「Famiポート」、もしくは
    イープラス http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002267735P0050001P006001P0030001
締切:9月26日(木)
 ※ただし定員に達した場合は締切日前に受付を終了致します。
お問合せ:宮城県酒造組合
 TEL 022-222-3131/E-mail info@miyagisake.jp

宮城県酒造組合主催「七夕の宴」を開催しました

7月5日、東京の「八芳園」にて宮城県酒造組合主催「宮城の純米酒 七夕の宴」を開催致しました。

会場内ステージ_B.jpg

宮城県酒造組合加盟店23社がブースを構え、首都圏の皆さまに宮城の純米酒をお楽しみ頂きました。また、最近テーブルクロスを新調しました。趣ある蔵のイラストをモチーフにしておりますので試飲即売会などでお越しの際は、どうぞこちらを目印にお立ち寄り下さい!

当社ブース_B.jpg


さて弊社ブースでは純米吟醸、純米酒、萩の白露などを振る舞っておりましたが、特に季節商品「純米夏酒 浦霞」が好評で「爽やかな味わいで夏にピッタリですね」「夏野菜やこの時期の旬の味覚と楽しみたい」「浦霞らしい柔らかさもあって冷やして飲むのにもいいですね」など、嬉しい感想を頂きました。


純米夏酒 浦霞

会場入口_B.jpg

ご参加頂きました皆さま、ありがとうございました!

【再掲】締切間近「宮城の純米酒 七夕の宴」(東京)参加者募集!

イベントのお知らせです!7月5日(金)東京・白金の八芳園で開催されます「宮城の純米酒 七夕の宴」(宮城県酒造組合主催)に弊社も参加致します。是非、多くの方にお越し頂ければと思います。

☆東京・八芳園開催☆ 宮城の純米酒 七夕の宴
===
● 開催日時:2019年7月5日(金)19時~21時
● 開催場所:八芳園(東京都港区白金台)
● 主 催 者:宮城県酒造組合
● 参 加 費:お一人様 6,480円(税込)
 ※e-plusでご購入の際に別途手数料がかかります。 発券方法により手数料が異なります。
● 参加資格:満20歳以上の方
● 定 員:300名(先着)
● 申込締切:2019年6月30日(日)
 ※チケットご購入締切日となります。
 ※定員に達した場合は締切日前に受付を終了する場合がございます。

tanabata_utage20190705(400).jpg

参加予定蔵元(23社)
勝山、鳳陽、雪の松島、浪の音、浦霞、阿部勘、一ノ蔵、伯楽星、真鶴、わしが國、黄金澤、宮寒梅、天上夢幻、栗駒山、綿屋、萩の鶴、澤乃泉、両國、男山、 日高見、墨廼江、乾坤一、蔵王
※変更になる場合もございます

※ご不明な点は宮城県酒造組合までお問い合わせ下さい。
宮城県酒造組合 info@miyagisake.jp
〒980-0011仙台市青葉区上杉2-3-1
TEL 022-222-3131
FAX 022-222-3133