うらかすみ便り

完醸祭が行われました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、宮城県酒造組合にて「完醸祭(かんじょうさい)」が行われ、
弊社からも社長の佐浦、杜氏の小野寺、赤間が参列してきました。

完醸祭は、今年度の造りの中で事故もなく、無事造りを
終えられたことを神様に感謝・報告する儀式です。

夕方、杜氏が蔵に戻ってきてからは、蔵人も集合して蔵の中に祀っている
松尾様にも感謝・報告申し上げました。


完醸祭を執り行いましたが、まだ造りは続きます。
今は、大吟醸・純米大吟醸酒の上槽(=搾り)の真っ只中です。
引き続き気を引き締め、事故がないよう、酒造りに努めて参ります。


140318_01.jpg

140318_02.jpg
 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

寒風沢島で稲刈りを行いました。

こんにちは企画課 南部です。

10月5日に弊社社員と東京から来訪されたボランティアの方々と一緒に、
NPO法人「浦戸アイランド倶楽部」さんが耕作している寒風沢島の稲刈りを行いました。
今回は、春に寒風沢島で「手植え」による田植えを行った稲穂の稲刈りです。

今年も完全無農薬で稲穂を栽培し、田んぼには昆虫や
カエルが元気よく飛び回る牧歌的な雰囲気での稲刈りとなりました。
稲穂全体.jpg

まず最初に稲刈りの方法をNPO法人「浦戸アイランド倶楽部」の加藤さんにレクチャーして頂き、
稲の持ち方や切り方、最後に稲の束ね方を習いました。
稲刈りレクチャー_4282.jpg

そして、農業従業者の経験の力をかりながら田んぼの中に入り、稲刈り班と稲を束ねる班に分かれ悪戦苦闘しながら稲刈りに励みました。
稲刈り.jpg

稲束ね.jpg

昼食後は環境の変化から激減しているメダカが住んでいる田んぼ横の堀に案内して頂き、寒風沢島の自然の豊かさをじっくり堪能し、その後に稲刈りを再開しました。
メダカ.jpg
最後に稲の天日干しを行い稲刈りは終了し、記念撮影を行いました。
天日干し.jpg

全体写真.jpg

今後とも、弊社浦霞は寒風沢島の稲作造りの発展のためにNPO法人「浦戸アイランド倶楽部」の皆様と協力をしていきたいと思います。

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

木桶を干しています!!

こんにちは企画課 南部です。

蔵の夏の風物詩、木桶の天日干しを行っています。
天気の良い晴れた日に木桶の中をお日様がしっかり照らすよう、桶の向きを小まめに変える「日回し」をしながら天日干しを行い、木桶の消毒と木桶に含まれた水分を乾燥させます。

P1080690.JPG

P1080694.JPG

木桶によるお酒の仕込みは酒造技術の発展とともに設備の近代化が進み、
昭和30年代にはホーロータンクへ替わり姿を消していきました。
弊社は酒造りの本質を追究するために、失い掛けていた伝統的な木桶による酒造りを
復活させ、原点を顧みることといたしました。
木桶仕込みによるお酒の復活は、先人たちの遺産を未来へ継いでいく大切な文化の継承であると考えています。

もうしばらくすると夏は終わり、新たな酒造りがやってくる
蔵でも余念なく準備が進んでいます。


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

寒風沢島で田植えをしてきました!

企画課 南部です。

5月18日に弊社社員9人と東京から来られたボランティアの方々で、塩釜で唯一の田んぼとして残る寒風沢島前浜地区で昔ながらの「手植え」による田植えに行ってきました。

船で約一時間掛けて寒風沢島の船着き場に到着してまず目に入ったのが、これから搬出されるがれきの山で、まだまだ震災の爪痕は残っていることを改めて思い知らされる光景でした。
P1080190.jpg

最初に、寒風沢島で米作りを運営している、NPO法人「浦戸アイランド倶楽部」理事長の
大津 晃一さんからお話を伺いました。
P1080196.jpg

田植えを初めて経験する方が大半であったため、転ばないように田んぼの中を歩く練習から始まりましたが、田んぼの中は想像以上に深い場所もあり、転ばないよう必死そうでした。
P1080205.jpg

田んぼの中を歩くのに慣れると、田植えが始まり、NPOの方々や田植えの経験者の方達に逐一指導してもらいながら、皆さん慣れない作業ながらも田植えに精を出しました。
P1080261.jpg

当日は初夏のような陽が差す暑い一日で、泥にまみれ汗にまみれながらも行う田植え作業は確かに重労働でしたが、自分達が植えた稲が秋の収穫に繋がると思うと、充実感とともに田植えを行うことができたと思います。そして、最後まで誰も怪我がなく、無事に田植えを終わることができ、とても素晴らしい一日でした。
また来年も、寒風沢島へ田植えに行きたいです!!
P1080277.jpg


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

完醸祭が行われました


こんにちは。企画課の笠原です。

本日、宮城県酒造組合にて「完醸祭(かんじょうさい)」が行われ、
弊社からも社長の佐浦、杜氏の小野寺、赤間が参列してきました。

完醸祭は、今年度の造りの中で大きな事故もなく. 無事造りを
終えられたことを神様に感謝・報告する儀式です。

杜氏が蔵に戻ってきてからは、蔵人も集合して蔵の中に祀っている
松尾様にも感謝・報告申し上げました。

弊社の酒造りはもう少し続きますが、引き続き気を引き締め、
大きな事故がないよう、酒造りに努めて参ります。

130313_1.jpg

130313_2.jpg

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────