うらかすみ便り

完醸祭が行われました


こんにちは。企画課の笠原です。

本日、宮城県酒造組合にて「完醸祭(かんじょうさい)」が行われ、
弊社からも社長の佐浦、杜氏の小野寺、赤間が参列してきました。

完醸祭は、今年度の造りの中で大きな事故もなく. 無事造りを
終えられたことを神様に感謝・報告する儀式です。

杜氏が蔵に戻ってきてからは、蔵人も集合して蔵の中に祀っている
松尾様にも感謝・報告申し上げました。

弊社の酒造りはもう少し続きますが、引き続き気を引き締め、
大きな事故がないよう、酒造りに努めて参ります。

130313_1.jpg

130313_2.jpg

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

木桶による仕込みが始まりました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、今年度2本目となる木桶仕込みがスタートしてました。


木桶仕込み山廃純米酒 浦霞 貳百八拾號(にひゃくはちじゅうごう)


この商品は、2004年に「温故知新」をテーマとして、
昔ながらの酒造りの伝統を守るため、約半世紀ぶりに木桶での
仕込みを復活させたお酒です。

ひと昔前の酒を造りたいという想いから原料米トヨニシキを
をあまり磨かず(精米歩合70%)、使用する酒母も
"山廃酒母※"と呼ばれる伝統的な製法で造ります。

※山廃酒母について
酒母とは、健全なもろみの発酵のために、その前段階として
酵母菌を大量に増やして育てたものです。山廃酒母は、自然
の力で乳酸を作り出し、雑菌の汚染を防ぎながら酵母菌
のみを増やす昔ながらの技で造った酒母です。


130124_3.jpg

この日は酒母麹用「トヨニシキ」精米歩合70%の洗米です。

竹ざるで洗った白米をそのまま浸漬用バットに入れ、
水を張り吸水させます。
白米の中心部まで水を吸っているか、ライトを当てて確認。
130124_1.jpg

「精米歩合」とは、米を磨いた(削った)残りの割合。
よって「精米歩合70%」とは、もとの玄米の状態に比べ
30%磨かれ(削られ)たことになります。

130124_2.jpg

浸漬の後のざるの重さは、約10kgになります。
ざるをふって水切りです。
見ていてもざるを振るのは大変そう!

次は米を「蒸す」工程へと移っていきます。

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

IWC2012で銀メダル、銅メダルを受賞!


こんにちは。
企画課の芳賀です。

本日、IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2012
日本酒部門の結果が「酒サムライ」HP上にて発表されました。

酒サムライHP
http://www.sakesamurai.jp/index.html


IWCとは、世界中のワイン業者から最も注目されている、
世界最大規模・最高権威に評価されるワイン・コンペティションで、
2007年より「日本酒部門」が本格的に設けられ、第6回目の
本年は、過去最高の292蔵689銘柄が出品されました。

 
 IWC2012出品数(計292蔵 689銘柄)
(1)純米酒の部 (出品は169銘柄)
(2)純米吟醸酒・純米大吟醸酒の部 (出品は246銘柄)
(3)本醸造酒の部 (出品は 54銘柄)
(4)吟醸酒・大吟醸酒の部 (出品は170銘柄)
(5)古酒の部 (出品は 50銘柄)



この中で弊社は、本醸造酒の部で「原酒 浦霞」が銀メダルを、
純米酒の部で「木桶仕込み山廃純米酒 浦霞貳百八拾號」が
銅メダルを受賞することができました。

   
 原酒 浦霞(宮城県限定発売商品)
  本醸造酒の部で銀メダル受賞


これもひとえに皆様のご愛顧・ご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。
これからも皆様のご期待に応えられるよう、高品質の酒造りを目指して
努力してまいりたいと思います。

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

酒屋の目印「杉玉」が完成!


こんにちは。
企画課の芳賀です。

蔵人が作る「杉玉」が今年も出来上がりました!!

蔵の復旧工事の影響で今年の登場は少し遅れましたが、
先日無事場内に吊り下げることができました。

蔵ガイドでも、お客様が一番喜んでいただけるポイントが
「杉玉」です。

杉玉のある蔵の風景はやはり格別です。

111125_5.jpg

青々としたこの杉玉は、今年の新酒造りが始まった
ことを意味しています。

いよいよ本格的な日本酒シーズンの突入です。

今年も早いもので、まもなく12月になります。

年末年始、お酒を飲む機会も多くなると思いますが、
美味しく、楽しく日本酒をお召し上がりいただければと思います。


111125_4.jpg

震災の影響で休止しておりました「蔵ガイド」は、来年1月5日より
再開いたします。
是非、こちらの「杉玉」を見に来てください!!

 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────

仕込み用の木桶がやってきました!


こんにちは。企画課の芳賀です。


弊社では、創業280年目を迎えた2004年より"ひと昔前の酒造り"
をテーマに「木桶仕込み」に取り組んできましたが、3月11日の
東日本大震災により使用していた木桶が被災し、使用不可能と
なってしまいました。

そのため、木桶3種(醪用、酒母用、添仕込み用)を大阪の
桶製作業者さんに発注し、昨日納品の運びとなりました。

111103_1.jpg

111103_2.jpg

111103_3.jpg

木桶仕込の復活は、先人たちの遺産を未来へ繋いでいく大切な
文化の継承であると考え、弊社で木桶による仕込みを唯一知る
平野名誉杜氏の指導のもと、取り組んでいます。


111103_4.jpg
 早速、メンテナンスに取りかかる蔵人


今回運んできてもらった桶は、酒母用、添仕込み用は再生利用
となる桶ですが、醪用は新桶です。
新桶は、酒造りに馴染むまで少し時間がかかるとのこと。
仕込み前に何度も何度もメンテナンスをして臨みます。


桶を運んできてくれた桶制作業者の株式会社ウッドワーク/
藤井製桶所の上芝代表取締役から一言、私どもへ力強いメッセージを
いただきました。


  『よみがえれ 吉野杉のお酒』

111103_5.jpg


上芝さんは製桶所の3代目。
2002年「桶仕込み保存会」の創立メンバーとなり、
木桶の復活と現代的な活用法に力を注いでいらっしゃいます。

現在、職人の高齢化で急速に減少中の木桶制作の現状を最も
よく把握し、若手育成にも取り組まれています。


いよいよ弊社でもこれから木桶仕込みの酒造りが始まります。
木桶仕込み山廃純米酒 浦霞貳百八拾號(にひゃくはちじゅうごう)
も楽しみに待っていて下さいね!!

こちらは、来年6月頃の出荷予定です。
 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────