うらかすみ便り

新米による新酒の仕込みが始まり、取材を受けました。


こんにちは。企画課の芳賀です。

本日、浦霞本社蔵にて、宮城県産の新米「ササニシキ」を使った
新酒の仕込みを行い、宮城県内テレビ局、新聞社の方々に
お越しいただき、取材していただきました。


新米のササニシキをこしきで蒸し上げ、仕込み蔵の仕込みタンクに送り、
蔵人たちが伝統的な南部流仕込み唄にあわせて櫂入れをしました。

 

 

今年の米の出来具合は、5?6月の低温と夏の猛暑の影響が心配されましたが、
酒造りの原料としては申し分ないようです。


蔵に蔵人の声が響き渡り、いよいよ今年の仕込みも始まりました。
今年も丁寧な酒造りを行って参ります。

本日仕込んだお酒は、「特別純米酒 生一本浦霞」で、出荷時期は
ちょうど来年のお花見の頃(H23年4月)になります。

楽しみにしていただければと思います。


 ────────────────────────────────────────
  浦霞ホームページ http://www.urakasumi.com/
 ────────────────────────────────────────