うらかすみ便り

東京新宿「樽一」様で「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」をお楽しみ下さい


こんにちは。企画課の笠原です。

只今発売中の「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」。
新宿 樽一」様でもお取扱頂いております。

慎太郎社長おすすめの一品は「本皮のやわらか煮」。
5時間ほど丁寧に煮込んだ鯨の皮下脂肪を味噌で味付けした逸品。
「油の甘みと味噌の風味、ひやおろしの心地良い酸味が抜群の相性です!」と笑顔でお話下さいました!

是非「新宿 樽一」様で「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」と「本皮のやわらか煮」のマリアージュをお楽しみ下さい。

171002_02.jpg
佐藤慎太郎社長

171002_01.jpg
特別純米酒 ひやおろし 浦霞」と「本皮のやわらか煮」

「日本酒天国2017 東京大試飲会」10/27日(金)に開催!


こんにちは。企画課の笠原です。

イベントのご案内です。
年に一度の名門酒祭り「日本酒天国2017 東京大試飲会」が10月27日(金)に新宿・京王プラザホテルで開催されます。
弊社も出展致しますので是非お越し下さい!!

zentai.jpg


===
日本酒天国2017 東京大試飲会
===
日時:2017年10月27日(金)
・第1部 15:00~17:00
・第2部 18:30~20:30

会場:京王プラザホテル 5F コンコードボールルーム
  東京都新宿区西新宿2-2-1

入場料:お一人様 5,000円(税込み)
  *特製折詰め付

定員:第1部、第2部とも各1,000名
  *完全予約制。第1部と第2部は完全入替制となります。


詳細は下記サイトをご覧ください。
 日本名門酒会公式サイト
 http://www.meimonshu.jp/modules/topics/index.php?page=article&storyid=116

「e+(イープラス)」申込サイト
第1部:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002239436P0050001P006001P0030001
第2部:http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002239437P0050001P006001P0030001
10月23日(月)18:00まで販売


北は北海道から南は沖縄まで、全国各地から約50社の名門酒蔵元が大集合。
日本酒を中心にした約300種類のお酒をお楽しみいただけます。
例年のようにお酒のつまみにぴったりの味をつめた「特製折り詰め弁当」もご用意。
蔵元ブースには地元のおつまみもあり、料理と合わせたときに輝くお酒の魅力にも要注目です。
秋の一日、日本各地の個性豊かなお酒の数々を心ゆくまでお楽しみください。

「純米夏酒 浦霞」が飲める店


こんにちは。企画課の笠原です。

季節商品が飲めるお店を紹介しているコーナー。
今回は6月中旬より発売している「純米夏酒 浦霞」(季節限定)
が飲めるお店(仙台市内)を弊社営業部の中村がご紹介致します。

(1)「土井親方のこだわり料理 縁」様
http://kodawari-en.com/
TEL 022-263-1030
宮城県仙台市青葉区大町2-13-9 幸田ビル 1F
 地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩約6分

170630_02.jpg


仙台の料理界の中でも、押しも押されぬ重鎮の土井親方のお店。
出汁がでしゃばらず、文字通りいい塩梅なんですわ。
いつ食べても安心できるというか、ホッとしますねえ。
その出汁をたっぷりと含んだ自慢の出汁巻き玉子はオーダー必須です。
旬を迎えつつあるカツオの刺身も、角がピンと立って美しいなあ。
奥様と二人三脚で切り盛りされる店内は、いつも常連さんでいっぱい。
今日は、その常連さん方にも純米夏酒を振る舞わせていただき、楽しく賑やかに時間が過ぎてゆき
ました。


(2)「和食と天ぷら ぜふ」様
TEL 022-268-8485
宮城県仙台市青葉区国分町2-1-20 うめはらビル2F
 地下鉄南北線「広瀬通駅」より徒歩約7分
 地下鉄東西線「青葉通一番町駅」より徒歩約6分

170630_01.jpg


ねこ舌のこちらにとって、揚げ物とは諸刃の剣。
大好きなのだが、舌は焼け、口中は切れるという厄介なシロモノである。
しかしながら、天ぷらときたら、それこそ池波正太郎センセがエッセイの中で「親の敵にでも会ったように揚がるそばからかぶりつくようにして食べなきゃならぬ」である(笑)。
塩で食べると上品な感じだけど、天つゆにどっぷりとつけても食べたいな~
おお、なんとも粋な職人さんが一品一品テーブルまで運んでくれますよ。
ほんのりと中だけ火を入れたホタテが甘いわ~。
才巻きはもちろん、旬の野菜も美味いわ~。
もちろん、アナーキストのこちらとしては、穴子の一本揚げをオーダーせねばならぬ。
そして、一緒に楽しむ「純米夏酒 浦霞」が口の中の油をサラリと洗い流してくれるのだよ。

※アナーキスト 本来の意味は無政府主義者



「和食と天ぷら ぜふ」様からイベント開催のお知らせ
===
夏彩の賞味会 ~浦霞 夏酒と一緒に楽しむ会~【要予約】

開催期間:7月24日(月)~31日(月)※毎日開催
時間:
月~木 17時~1時(L.O.24時半)
金・土 17時~3時(L.O.2時半)
日・祝 17時~24時(L.O.23時半)
お一人様 5,400円(税・サ込み)
献立一例
先付 真つぶのずんだ和え
御造 がぜうに、かつお、白身
焼物 仙台名物厚切り牛たん、浅漬け、味噌南蛮
冷し煮物 夏野菜・穴子有馬煮・南瓜ソース
揚物 天ぷら、海老、ホタテ、アスパラ
酢物 金華山沖 毛ガニ酢
御食事 冷しあかもくうどん
2時間飲み放題付き

※2名様~受付
※仕込み状況により内容が変更となる場合がございます
※御予約のお客様全員に自家製とり味噌プレゼント

お問合せ、お申込
和食と天ぷら ぜふ
電話:022-268-8485

夏限定のお酒「純米夏酒 浦霞」を「土井親方のこだわり料理 縁」様、「和食と天ぷら ぜふ」様でお楽しみ下さい!

酒蔵レストラン宝(有楽町)主催「七夕の会」参加者募集中


こんにちは。企画課の笠原です。

酒蔵レストラン宝(有楽町)様主催の「七夕の会」に弊社も参加致します。現在、参加者募集中です。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

===
酒蔵レストラン宝(有楽町)様主催「七夕の会」

日時:平成29年7月1日(土) 
   18時開宴、21時半閉宴予定
場所:酒蔵レストラン宝
  http://www.musshu.jp/index.html
  東京都千代田区丸の内3-5-1
東京国際フォーラムB1
会費:7,000円(税別)
定員:120名様(先着)

<参加蔵元>
・大山-おおやま-:加藤嘉八郎酒造(山形県鶴岡市)
・開華-かいか-:第一酒造(栃木県佐野市)
・久寿玉-くすだま-:平瀬酒造店(岐阜県高山市)
・白嶺-はくれい-:ハクレイ酒造(京都府宮津市)
・春鹿-はるしか-:今西清兵衛商店(奈良県奈良市)
・嘉美心-かみごころ-:嘉美心酒造(岡山県浅口市)
・司牡丹-つかさぼたん-:司牡丹酒造(高知県高岡郡)
・西の関-にしのせき-:萱島酒造(大分県国東市)
・浦霞-うらかすみ-:佐浦(宮城県塩釜市)


毎年七夕の時期に開催している本イベントは、この時期しか楽しめない特別なお酒をご提供、贅沢なお酒の会となっております。
日本酒に合う季節のお料理とともにお楽しみいただける、大好評の日本酒イベントです。
酒蔵レストラン宝」様では、年3回(1月「初しぼり新酒の会」・7月「七夕の会」・9月「ひやおろしの会」)、9蔵元が集まって季節の日本酒イベントを開催しております。

お申込・お問合せ先
 酒蔵レストラン宝
 電話:03-5223-9888
 ※弊社では受付をしておりません。
  直接 酒蔵レストラン宝 様にお問合せ・お申込下さい。

「純米生酒 浦霞」が飲める店


こんにちは。企画課の笠原です。

季節商品が飲めるお店を紹介しているコーナー。
今回は4月下旬より発売している「純米生酒 浦霞」(宮城県限定、季節限定)
が飲めるお店(仙台市内)を弊社営業部の中村がご紹介致します。

(1)「和醸良酒 ○たけ(まるたけ)」様
http://sake-marutake.com/
TEL 022-266-5541(電話対応 16:00以降)
宮城県仙台市青葉区大町2-4-1 グランドソレイユ大町1F
 地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩約2分

170523.jpg

地元のみならず県外からのお客様も夜ごと集う名店です。
江戸時代の煮売りやをモチーフにした店内の雰囲気にこちらのテンションも上がります。
店主の石山さんとは、蔵元勤めされていた前職からの友人関係。
お互いあっさりとした純日本人的な顔立ちでありますな(笑)。
この日おすすめのほど良く脂がのったジューシーな吉次の塩焼き(大変お得な価格でしたよ)と「純米生酒 浦霞」を楽しみます。
おお、これは間違いなく幸せになれますわ。


(2)「酒膳ひろ」様
https://www.facebook.com/sakai.hiro.sendai/
TEL 022-721-0174
宮城県仙台市青葉区国分町2-12-30 ニューちどりやビル 2F
 
地下鉄南北線「勾当台公園駅」より徒歩約2分

170523_02.jpg

純米生酒 浦霞」取扱い店として地元の情報誌「Kappo 5月号」でご紹介頂いております。

「粋なご主人と美人女将」と誉れ高い酒井さんご夫妻が営むお店です。
おふたりの息の合ったやりとりも楽しく、自然とお酒がすすみます。
自慢の料理には、自ら手掛けている農園で収穫された野菜も登場しますよ~。
気の利いたお通しから、期待が大きくふくらみます。
そしてこの日もっとも秀逸だったのが、鯖の切り身を焼鳥さんのように串に刺して焼いたもの(酔って名前
を失念しました)。
パリッとした皮目に包まれた身の焼き加減は最高の状態でして、食べ終えてしまうのが本当に残念なのでした。
魚の紹介ばかりですみません。何せフィッシュイーターなもので(笑)


暑くなってきた今日この頃、冷えた「純米生酒 浦霞」を「和醸良酒 ○たけ」様、「酒膳ひろ」様でお楽しみ下さい!