うらかすみ便り

酒蔵レストラン宝(有楽町)主催「七夕の会」参加者募集中


こんにちは。企画課の笠原です。

酒蔵レストラン宝(有楽町)様主催の「七夕の会」に弊社も参加致します。現在、参加者募集中です。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

===
酒蔵レストラン宝(有楽町)様主催「七夕の会」

日時:平成29年7月1日(土) 
   18時開宴、21時半閉宴予定
場所:酒蔵レストラン宝
  http://www.musshu.jp/index.html
  東京都千代田区丸の内3-5-1
東京国際フォーラムB1
会費:7,000円(税別)
定員:120名様(先着)

<参加蔵元>
・大山-おおやま-:加藤嘉八郎酒造(山形県鶴岡市)
・開華-かいか-:第一酒造(栃木県佐野市)
・久寿玉-くすだま-:平瀬酒造店(岐阜県高山市)
・白嶺-はくれい-:ハクレイ酒造(京都府宮津市)
・春鹿-はるしか-:今西清兵衛商店(奈良県奈良市)
・嘉美心-かみごころ-:嘉美心酒造(岡山県浅口市)
・司牡丹-つかさぼたん-:司牡丹酒造(高知県高岡郡)
・西の関-にしのせき-:萱島酒造(大分県国東市)
・浦霞-うらかすみ-:佐浦(宮城県塩釜市)


毎年七夕の時期に開催している本イベントは、この時期しか楽しめない特別なお酒をご提供、贅沢なお酒の会となっております。
日本酒に合う季節のお料理とともにお楽しみいただける、大好評の日本酒イベントです。
酒蔵レストラン宝」様では、年3回(1月「初しぼり新酒の会」・7月「七夕の会」・9月「ひやおろしの会」)、9蔵元が集まって季節の日本酒イベントを開催しております。

お申込・お問合せ先
 酒蔵レストラン宝
 電話:03-5223-9888
 ※弊社では受付をしておりません。
  直接 酒蔵レストラン宝 様にお問合せ・お申込下さい。

「純米生酒 浦霞」が飲める店


こんにちは。企画課の笠原です。

季節商品が飲めるお店を紹介しているコーナー。
今回は4月下旬より発売している「純米生酒 浦霞」(宮城県限定、季節限定)
が飲めるお店(仙台市内)を弊社営業部の中村がご紹介致します。

(1)「和醸良酒 ○たけ(まるたけ)」様
http://sake-marutake.com/
TEL 022-266-5541(電話対応 16:00以降)
宮城県仙台市青葉区大町2-4-1 グランドソレイユ大町1F
 地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩約2分

170523.jpg

地元のみならず県外からのお客様も夜ごと集う名店です。
江戸時代の煮売りやをモチーフにした店内の雰囲気にこちらのテンションも上がります。
店主の石山さんとは、蔵元勤めされていた前職からの友人関係。
お互いあっさりとした純日本人的な顔立ちでありますな(笑)。
この日おすすめのほど良く脂がのったジューシーな吉次の塩焼き(大変お得な価格でしたよ)と「純米生酒 浦霞」を楽しみます。
おお、これは間違いなく幸せになれますわ。


(2)「酒膳ひろ」様
https://www.facebook.com/sakai.hiro.sendai/
TEL 022-721-0174
宮城県仙台市青葉区国分町2-12-30 ニューちどりやビル 2F
 
地下鉄南北線「勾当台公園駅」より徒歩約2分

170523_02.jpg

純米生酒 浦霞」取扱い店として地元の情報誌「Kappo 5月号」でご紹介頂いております。

「粋なご主人と美人女将」と誉れ高い酒井さんご夫妻が営むお店です。
おふたりの息の合ったやりとりも楽しく、自然とお酒がすすみます。
自慢の料理には、自ら手掛けている農園で収穫された野菜も登場しますよ~。
気の利いたお通しから、期待が大きくふくらみます。
そしてこの日もっとも秀逸だったのが、鯖の切り身を焼鳥さんのように串に刺して焼いたもの(酔って名前
を失念しました)。
パリッとした皮目に包まれた身の焼き加減は最高の状態でして、食べ終えてしまうのが本当に残念なのでした。
魚の紹介ばかりですみません。何せフィッシュイーターなもので(笑)


暑くなってきた今日この頃、冷えた「純米生酒 浦霞」を「和醸良酒 ○たけ」様、「酒膳ひろ」様でお楽しみ下さい! 

「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」が飲める店


こんにちは。企画課の笠原です。

2月下旬より発売している「純米吟醸生酒 浦霞 春酣
お飲み頂けましたでしょうか?

今回は「純米吟醸生酒 浦霞 春酣」が飲めるお店(仙台市内)
弊社営業部の中村がご紹介致します。

(1)「銀座酒場 Bouquet(ブーケ)」様
TEL 022-224-0480
仙台市青葉区中央3-10-3 DS中央ビル1F
 地下鉄南北線「仙台駅」より徒歩約5分

170327_1.jpg

===
純米吟醸生酒 浦霞 春酣」取扱い店として
地元の情報誌「S-style 3月号」でご紹介頂いております。

ソムリエとしても活躍される若葉ママから
サーブしていただく1杯は、
また格別なのであります。
そして、井口料理長の自慢の料理に
今日も期待が高まります。



(2)「仙臺居酒屋 おはな」様
TEL 
022-265-3872
仙台市青葉区中央2-5-1 三文字屋ビルB1
 
地下鉄南北線「広瀬通駅」より徒歩約5分
 JR「仙台駅」西口より徒歩約4分
 JR仙石線「あおば通駅」より徒歩約2分

170327_2.jpg

===
純米吟醸生酒 浦霞 春酣」に合わせて佐々木店長から
おすすめいただいたのが「赤メバルの刺身」。
メバルさん、煮つけは時々いただくことがありますが、
刺身は初めてだな~。
おお、ほろりとほどける上品な身と焼霜造りにした
皮目の歯ごたえのバランスがたまりません。
今日も飲み過ぎてしまいそうです(笑)

銀座酒場 Bouquet」様、「仙臺居酒屋 おはな」様にて
純米吟醸生酒 浦霞 春酣
を是非お楽しみ下さい! 

仙台国税局制作動画「東北の日本酒の魅力~震災からの道のり~」がUPされました


こんにちは。企画課の笠原です。

この度、弊社も制作に協力させて頂きました
仙台国税局企画・制作の動画
日本酒造組合中央会東北支部 新城支部長と
フリーアナウンサー唐橋ユミさんによる
「東北の日本酒の魅力~震災からの道のり~」が
公開されました。

唐橋ユミが聞く 東北の日本酒の魅力~震災からの道のり~
【企画/制作 仙台国税局】
https://www.youtube.com/watch?v=040QnnU90yc&t=214s

東北各県のお酒の特徴などがお二人から紹介されております。
是非ご覧いただければと思います。

「しぼりたて純米生酒 浦霞」が飲めるお店


こんにちは。企画課の笠原です。

1月下旬より発売している「しぼりたて純米生酒 浦霞
お飲み頂けましたでしょうか?

今回は「しぼりたて純米生酒 浦霞」が飲めるお店(仙台市内)
弊社営業部の中村がご紹介致します。


(1)「居酒屋 左五平」様
TEL 022-262-5093
仙台市青葉区国分町2-1-22 浅見ビルB1
 地下鉄南北線「広瀬通駅」より徒歩約5分
 地下鉄南北線「勾当台公園駅」より徒歩約3分


170207_01.jpg
いしのまきフェア2017」開催中につき
ちぢみほうれん草のお面をかぶって、
女将の浅見 薫さんと記念撮影

===
毎月第1月曜日はお得なサラリーマンデイ!
お酒も料理もお得過ぎる価格でございます。
こちらもサラリーマンの端くれとして、
ぜひ駆けつけねばなりませぬ。
しぼりたて純米生酒 浦霞」に合わせて、
ロイヤルポークと石巻のちぢみほうれん草、
新わかめのしゃぶしゃぶをいただきました。
大勢で囲む鍋もイイけど、自分の好みにゆっくりと
火を通せるひとり鍋も非常によろしいのであります。
女将さんの薫姫の笑顔にも癒されますよ~。


(2)「四季の居酒屋 しはち」様
TEL 022-261-2601
仙台市青葉区二日町13-19 二日町大和ビル1F
 地下鉄南北線「北四番丁駅」より徒歩約1分

170207_02.jpg

北四番丁の人気店。
総座席数25席なので、予約もしくは電話で
問い合わせてからおじゃまするのが良いでしょう。
しぼりたて純米生酒 浦霞」に合わせたのが
「塩タラとセリのみぞれ鍋(カキ入り)」、
渋いツマミの「鰯の梅煮」。

170207_03.jpg 170207_04.jpg

タラにひと塩して、軽く干すことによって
旨味がギュッと凝縮されるんだよな~。
火が入った大根おろし(みぞれ)も胃に優しく、
呑兵衛にはたまらんですな。
カウンター越しに店主の佐藤さんのお話を
伺うのも、とても楽しいのです。


「居酒屋 左五平」様、「四季の居酒屋 しはち」様にて
しぼりたて純米生酒 浦霞
を是非お楽しみ下さい!