うらかすみ便り

「しぼりたて純米生酒 浦霞」が飲めるお店


こんにちは。企画課の笠原です。

1月下旬より発売している「しぼりたて純米生酒 浦霞
お飲み頂けましたでしょうか?

今回は「しぼりたて純米生酒 浦霞」が飲めるお店(仙台市内)
弊社営業部の中村がご紹介致します。


(1)「居酒屋 左五平」様
TEL 022-262-5093
仙台市青葉区国分町2-1-22 浅見ビルB1
 地下鉄南北線「広瀬通駅」より徒歩約5分
 地下鉄南北線「勾当台公園駅」より徒歩約3分


170207_01.jpg
いしのまきフェア2017」開催中につき
ちぢみほうれん草のお面をかぶって、
女将の浅見 薫さんと記念撮影

===
毎月第1月曜日はお得なサラリーマンデイ!
お酒も料理もお得過ぎる価格でございます。
こちらもサラリーマンの端くれとして、
ぜひ駆けつけねばなりませぬ。
しぼりたて純米生酒 浦霞」に合わせて、
ロイヤルポークと石巻のちぢみほうれん草、
新わかめのしゃぶしゃぶをいただきました。
大勢で囲む鍋もイイけど、自分の好みにゆっくりと
火を通せるひとり鍋も非常によろしいのであります。
女将さんの薫姫の笑顔にも癒されますよ~。


(2)「四季の居酒屋 しはち」様
TEL 022-261-2601
仙台市青葉区二日町13-19 二日町大和ビル1F
 地下鉄南北線「北四番丁駅」より徒歩約1分

170207_02.jpg

北四番丁の人気店。
総座席数25席なので、予約もしくは電話で
問い合わせてからおじゃまするのが良いでしょう。
しぼりたて純米生酒 浦霞」に合わせたのが
「塩タラとセリのみぞれ鍋(カキ入り)」、
渋いツマミの「鰯の梅煮」。

170207_03.jpg 170207_04.jpg

タラにひと塩して、軽く干すことによって
旨味がギュッと凝縮されるんだよな~。
火が入った大根おろし(みぞれ)も胃に優しく、
呑兵衛にはたまらんですな。
カウンター越しに店主の佐藤さんのお話を
伺うのも、とても楽しいのです。


「居酒屋 左五平」様、「四季の居酒屋 しはち」様にて
しぼりたて純米生酒 浦霞
を是非お楽しみ下さい!

「本醸造しぼりたて 浦霞」が飲めるお店をご紹介


こんにちは。企画課の笠原です。

11月下旬より発売している「本醸造しぼりたて 浦霞
(宮城県限定商品)、お飲み頂けましたでしょうか?

今回は「本醸造しぼりたて 浦霞」が飲めるお店を、
弊社営業部の中村がご紹介致します。


(1)旬房 街道青葉 さん
宮城県仙台市青葉区中央2-4-7 エンドースポーツビル2、3階
TEL 022-222-0018

161206_01.jpg

合わせて頂いた料理:「桜えびとセリのかき揚げ」
====
旬の出会い。さっくりとした衣をまとったセリの清々しさとほろ苦さに、
桜えびの甘さがよいアクセントになっています。
セリの根っこの部分だけ揚げたものが添えられているのも嬉しいです。
こちらの店長さんとは同郷ゆえ、地元の話に(しぼりたての)杯が進みます。




(2)和旬彩 あだん さん
宮城県仙台市青葉区中央1-7-6 西原ビル3階
TEL 022-302-5481

161206_02.jpg

合わせて頂いた料理:「クリームチーズの味噌漬け」
====
渋いアテです。
和のテイストをまとったチーズの甘さと濃厚さがたまりません。
軽くあぶってあるものと2種、変化をつけて楽しみます。



(3)仙台地物屋 炉だん さん
宮城県仙台市青葉区国分町2-10-33
TEL 022-265-9542

161206_03.jpg

合わせて頂いた料理:「旬のお造り盛り合わせ」
====
食べるのがもったいないようなキレイな盛り付けです。
特に皮目をあぶったスモーキーなブリに感心いたしました。



(4)居酒屋 お好み横丁 さん
宮城県塩竈市尾島町2-3 
TEL 022-366-8310

161206_04.jpg

合わせて頂いた料理:「カキフライ」
====

さっくりとした衣に包まれ、ほどよく火を通された旬の牡蠣から
口の中いっぱいに海の旨味が広がります。
ソースかタルタル、あるいは両方つけるか迷いますが、
からし醤油なんてのもおすすめです。


ご自宅で、そして飲食店さんでも「本醸造しぼりたて 浦霞
をお楽しみ頂ければと思います。

「日本酒天国2016 東京大試飲会」 10/21日(金)に開催!


こんにちは。企画課の笠原です。

イベントのご案内です。
年に一度の名門酒祭り「日本酒天国2016 東京大試飲会」、
第19回目となる今年は10月21日(金)に新宿・京王プラザホテル
で開催されます。

弊社も出展致します。是非お越し下さい!!

kaijou.jpg

===
日本酒天国2016 東京大試飲会
===
日時:2016年10月21日(金)
 ・第1部 15:00~17:00
 ・第2部 18:30~20:30

会場:京王プラザホテル 5F コンコードボールルーム
  東京都新宿区西新宿2-2-1

入場料:お一人様 5,000円(税込み)
  *特製折詰め付

定員:第1部、第2部とも各1,000名
  *完全予約制。第1部と第2部は完全入替制となります。


詳細は下記サイトをご覧ください。
 日本名門酒会公式サイト
 http://www.meimonshu.jp/modules/topics/index.php?page=article&storyid=113

「e+(イープラス)」申込サイト
第一部:http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002202954P0030001
第二部:http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002202955P0030001
10月17日(月)18:00まで販売


北は北海道から南は沖縄まで、全国各地から54社の
名門酒蔵元が大集合!!
日本酒を中心にした約300種類のお酒をお楽しみ頂けます。
例年のようにお酒のつまみにぴったりの味をつめた
「特製折り詰め弁当」もご用意。
蔵元さんのブースには地元のおつまみもあり、
料理と合わせたときに輝くお酒の魅力にも要注目です。
秋の一日、蔵元さんとの会話を楽しみながら、
日本各地の個性豊かなお酒の数々を、心ゆくまでお楽しみください。

酒蔵レストラン宝(有楽町)主催「七夕の会」参加者募集中


こんにちは。企画課の笠原です。

酒蔵レストラン宝(有楽町)様主催の「七夕の会」に
弊社も参加致します。現在、参加者募集中です。
皆さまのご参加をお待ちしております!!

===
酒蔵レストラン宝(有楽町)様主催
「七夕の会」
===

日時:平成28年7月2日(土) 18:00開宴
場所:酒蔵レストラン宝
  http://www.musshu.jp/index.html
  東京都千代田区丸の内3-5-1
       東京国際フォーラムB1
会費:6,000円(税別)
定員:120名様(先着)

<参加蔵元>
・大山-おおやま-:加藤嘉八郎酒造(山形県鶴岡市)
・開華-かいか-:第一酒造(栃木県佐野市)
・久寿玉-くすだま-:平瀬酒造店(岐阜県高山市)
・白嶺-はくれい-:ハクレイ酒造(京都府宮津市)
・春鹿-はるしか-:今西清兵衛商店(奈良県奈良市)
・嘉美心-かみごころ-:嘉美心酒造(岡山県浅口市)
・司牡丹-つかさぼたん-:司牡丹酒造(高知県高岡郡)
・西の関-にしのせき-:萱島酒造(大分県国東市)
・浦霞-うらかすみ-:佐浦(宮城県塩釜市)


毎年七夕の時期に開催している本イベントは、この時期しか
楽しめない特別なお酒をご提供、贅沢なお酒の会となっております。
日本酒に合う季節のお料理とともにお楽しみいただける、
大好評の日本酒イベントです。
酒蔵レストラン宝」様では、年3回(1月「初しぼり新酒の会」・
7月「七夕の会」・9月「ひやおろしの会」)、9蔵元が集まって
季節の日本酒イベントを開催しております。


お申込・お問合せ先
 酒蔵レストラン宝 様
 電話:03-5223-9888
 ※弊社では受付をしておりません。
  直接 酒蔵レストラン宝 様にお問合せ・お申込下さい。

【訃報】弊社名誉杜氏 平野重一 逝去のお知らせ


弊社名誉杜氏の平野重一は、5月3日(火)18時10分に逝去いたしました(享年88歳)。
ここに生前のご厚誼に深謝申し上げ、謹んでお知らせ致します。

平野名誉杜氏は南部杜氏を代表する名杜氏として浦霞の酒質の向上に努め
高い評価を得るとともに、地酒興隆にも大きな足跡を残しました。
生前の功績に深く感謝しますとともに、心よりご冥福をお祈りする次第です。

浦霞醸造元 株式会社佐浦
代表取締役社長 佐浦弘一



【平野重一の経歴】
叔父平野佐五郎杜氏の片腕として昭和24年浦霞醸造元にこうじ師として入蔵。
昭和30年より頭となる。
昭和33年、茨城の森島酒造(銘柄「大観」)に杜氏として出向。
昭和34年春の新酒鑑評会で金賞を獲得。
昭和35年より浦霞の杜氏に就任し、以降各種鑑評会で数多くの金賞を受賞した。
平成9年、取締役製造部長として酒造りから商品の出荷管理までを統括する。
平成19年より現在まで名誉杜氏として、後進育成に力を注いだ。


【表彰歴】
平成元年 労働大臣表彰(現代の名工として)
平成5年 叙勲(勲六等瑞宝章)
平成18年 塩釜商工会議所マイスター顕彰
平成19年 塩竈市市政功労者賞


【受賞歴】
・全国酒類調味食品品評会(東京農業大学主催) ダイヤモンド賞
 昭和41年、昭和46年

・全国新酒鑑評会 金賞 25回

・東北清酒鑑評会 吟醸酒の部 27回 純米酒の部 5回

・南部杜氏自醸清酒鑑評会 38回入賞 上位14回 首席4回
 首席受賞年 昭和39年、昭和42年、昭和51年、平成10年

・宮城県清酒鑑評会 宮城県知事賞
 第1回 平成11年
 第2回 平成12年 
 第3回 平成13年 
 第4回 平成14年 
 第5回 平成15年