うらかすみ便り

東松島市の災害公営住宅集会所で「秋のミニコンサート」を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。

9月9日(土)、弊社第2工場「矢本蔵」のある東松島市の「柳の目東災害公営住宅」集会所で「秋のミニコンサート」を開催致しました。
minicon_01.jpg

これは、2011年の東日本大震災後に弊社内に立ち上げた「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトで企画・主催したものです。

 「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトの詳細はこちら
 http://www.urakasumi.com/recovery/

本プロジェクトでは、これまで「柳の目東災害公営住宅」集会所に机や椅子、扇風機等を、集会所前の公園に遊具を寄贈して参りました。
今回は「モノ」ではなく「音楽」をお届けするとともに、9月9日発売の秋のお酒特別純米酒 ひやおろし 浦霞」の振る舞い酒を行いました。

当日の様子を簡単に報告致します。

minicon_02.jpg
最初にプロジェクト代表の冨谷より挨拶を申し上げ、続いてご多用の中、急遽駆けつけて頂いた渥美 巖 東松島市長に一言ご挨拶を頂戴致しました。 

minicon_03.jpg
 渥美 巖 東松島市長
 市長、ありがとうございました。

続いて、今回のコンサートを開催するにあたり、コーディネートをして頂いた「公益財団法人 音楽の力による復興センター・東北」の千田さんから一言頂戴しました。
同センターは、東日本大震災後、仙台フィルハーモニー管弦楽団と市民有志が「音楽の力」で被災者の心を癒やし、東北の復興に向けてお手伝いをすることを目的に立ち上がったそうです。
2014年4月に公益財団法人になったとのこと)

これまで各地でおよそ700回の演奏をお届けしてきたそうです。

minicon_04.jpg

いよいよ待ちに待った「ミニコンサート」です。
今回は日本酒好きのお二人、佐藤 実治さん(ヴァイオリン)、及川 久美子さん(ピアノ)に演奏頂きました。
minicon_05.jpg

最初の曲は「夏の思い出」
歌詞カードを配り、演奏に合わせ、皆さんで一緒に歌いました。
歌うことで、緊張感のあった会場も一気に和やかな雰囲気となりました。

minicon_06.jpg

小さなお子さんもいらっしゃいましたので、お子様向けの曲「アンパンマンのマーチ」も入れて頂き、しかもお子さんの近くまで来て演奏してくれました。
サプライズな演出にお子さんも喜んでいました。

minicon_07.jpg

minicon_08.jpg

アンコールを含めて全12曲。
バラエティーに富んだ演奏に皆さん聴き入り、生の演奏に心が癒やされた50分でした。

~ 演奏頂いた曲 ~

1.夏の思い出
2.魅惑のワルツ
3.アンパンマンのマーチ
4.川の流れのように
5.情熱大陸
6.サラバンド ~無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より/バッハ
 (佐藤さんが「ひやおろし」のイメージから選曲)
7.ジーグ ~無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より/バッハ
 (佐藤さんが「梅酒」)のイメージから選曲)
8.ドラゴンクエストメドレー
9.乾杯の歌 ~オペラ「椿姫」より/ヴェルディ
10.乾杯/長渕剛
11.チャルダッシュ/モンティ
アンコール 赤とんぼ



「ミニコンサート」の後は、9月9日発売の秋のお酒「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」と「純米原酒につけた浦霞の梅酒」の振る舞い。
住民の皆さんにお召し上がり頂きました。

minicon_09.jpg
9月9日発売「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」(秋季限定酒)


minicon_10.jpg
純米原酒につけた浦霞の梅酒


渥美 東松島市長にも「ひやおろし」をお味見頂きました。
minicon_17.jpg

minicon_11.jpg

今回初めて「コンサート」を企画致しましたが、皆さんの笑顔を見られて、私たちプロジェクトメンバーも幸せなひとときでした。

ご参加頂いた住民の皆さん、演奏頂いた佐藤さん、及川さん、コーディネート頂いた「公益財団法人 音楽の力による復興センター・東北」の千田さん、伊藤さん、永井さん、渥美市長、東松島市役所の職員の皆さん、ありがとうございました。



浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトの活動より、これまで「柳の目東災害公営住宅」に寄贈されたものは、新しい地域の住民の皆さんのコミュニティづくり(祭りなどのイベントや公園)に充分活かされていることを感じることができました。

minicon_13.jpg

minicon_14.jpg

minicon_16.jpg

東松島市の夏祭りで寄贈品を利用頂きました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、宮城県東松島市の防災集団移転団地あおい地区で夏祭りが行われました。
市無形民俗文化財「大曲浜獅子舞」や「青森ねぶた」、コンサートなどがあり、大勢の家族連れなどで賑わいました。

170825_01.jpg

170825_02.jpg

東松島市は弊社の第2工場「矢本蔵」がある町です。
2011年東日本大震災では大きな被害を受け、弊社は「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトを通して寄付や寄贈を行い、復興の支援に取り組んできました。

 「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトについては下記をご覧下さい
 http://www.urakasumi.com/recovery/

夏祭りが開催された東松島市市営あおい住宅集会所へは、机・椅子・扇風機・掃除機・テント・発電機を寄贈させて頂き、今回テントをご利用頂きました。

170825_03.jpg

住民の方々の新たな出発、交流の場に弊社の寄贈品があり、少しでもお役に立てれば私共も大変嬉しく思っています。
これからも寄贈品を有効活用頂ければと思います。

塩竈市2016年度 「しおがまチャレンジ教室」運営費として寄付

こんにちは。企画課の冨谷です。

2011年4月から取り組んでいる「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクト
活動において、塩釜市で取り組む東日本大震災で自宅を失った中学生向け
学習支援「しおがまチャレンジ教室」2016年度運営費として寄付するため
目録贈呈をおこない、寄付いたしました。

塩釜市では、東日本大震災で自宅を失った中学生の学習を支援するため
「しおがまチャレンジ教室」を2015年4月に開設し、対象の生徒が参加して
おります。
今年度は、奈良県の東大寺から塩釜市に被災した子ども達への利用を目的
とした寄付があり、これを活用して運営にあたりました。

20151109nihonsyuno.jpg

※「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクト
「地域の復興なしには自社の真の復興はない」という考えより、震災後国内外
からいただいているご支援・応援を地域の復興へつなげるプロジェクト。浦霞
の売上1本につき3円を積み立て、地元宮城県や地域の食文化の復興、未来を
担うこども達の「教育」支援、社会福祉に関連した支援に対し寄付、資材等の
寄贈を行なっています。

東松島市 市営柳の目東住宅の鍵引渡し式に参加して参りました


こんにちは。企画課の笠原です。

東松島市の柳の目地区にエコな災害公営住宅が完成。
その鍵引渡し式が行われ、弊社も招待され、参加して参りました。


150806_1.jpg

150806_2.jpg

今回、完成したのは戸建て70戸と集合住宅15戸で、
鍵引き渡し式には住民約30人が集まり、入居者代表に
東松島市の阿部市長から鍵が渡され、

引き続き、弊社から「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクト
として、阿部市長へ集会所の備品類寄贈の目録を
お渡ししました。

150806_4.jpg

150806_5.jpg

弊社が2011年4月から行っている
「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトの中で売上の一部を
被災地に寄付・寄贈するもので、今回は、「市営柳の目東住宅」
の集会所に以下の備品類を寄贈しました。

・会議用テーブル 8脚
・折り畳み椅子 30個
・扇風機 4台
・掃除機 1台
・テント 1台
・IHクッキングヒーター 1台
・発電機 1台


今回のセレモニーの中でも寄贈したテーブル、椅子、扇風機を
早速活用いただきました。

150806_6.jpg

150806_7.jpg

150806_8.jpg

お盆の時期から、住民の方々の入居が徐々に始まる
とのことで、集会所での住民同士の交流の際に
弊社寄贈の備品類がお役に立ちましたら幸いです。


また、「市営柳の目東住宅」は、敷地内にソーラーパネルが
設置され、災害時には太陽光発電で確保した電力を近くの
病院などへ
供給することができる日本初のスマート防災エコタウン

として、エコで災害に強いまちづくりを進めているそうです。

150806_9.jpg


全国が注目する「防災エコタウン」で住民の方々が
安心・安全に、そして楽しい生活を送れますように、
弊社もお手伝いさせて頂きました。

====
※「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクト
「地域の復興なしには自社の真の復興はない」という考えより、震災後
国内外からいただいているご支援・応援を地域の復興へつなげるプロ
ジェクト。浦霞の売上1本につき3円を積み立て、地元宮城県や地域の
食文化の復興、未来を担うこども達の「教育」支援、社会福祉に関連し
た支援に対し寄付、資材等の寄贈を行なっている。  

2011年度から2015年度の活動報告について

塩釜市錦町地区災害公営住宅へ備品寄贈。感謝状を頂きました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、塩釜市錦町地区の災害公営住宅(計40戸)の完成に伴い、入居式
ならびに入居者と周辺町内会の方々が交流する「観桜会」が開かれました。

住宅を建設した場所は「佐浦山」と呼ばれ、戦前は観桜会が催されていた
ことから、今回入居式にあわせ、観桜会も行われました。
桜を復興のシンボルとして新たな植樹も行われ、植樹の後は駐車場に
設けられた会場で満開の桜を見ながら、「ゆずりの葉少年少女合唱団」による
歌声が響き、団子やおでん、弊社のお酒を
味わっていただきました。

150502_02.jpg

また、錦町地区の災害公営住宅へは、弊社が2011年4月から行っている
浦霞発、日本酒のチカラプロジェクト」の一環で、集会所に机・椅子・エアコン
などを寄贈。
この会の中で塩竈市長より感謝状をいただきました。

150502.jpg
写真(右):佐藤昭 塩竈市長、(左)弊社社長 佐浦弘一


入居者、ならびに周辺町内会の方々との交流のためにご利用頂ければと
思っております。

====
※「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクト
「地域の復興なしには自社の真の復興はない」という考えより、震災後
国内外からいただいているご支援・応援を地域の復興へつなげるプロ
ジェクト。浦霞の売上1本につき3円を積み立て、地元宮城県や地域の
食文化の復興、未来を担うこども達の「教育」支援、社会福祉に関連し
た支援に対し寄付、資材等の寄贈を行なっている。  

2011年度から2014年度の活動報告について