うらかすみ便り

KuraMaster2年連続金賞を受賞!「山田錦純米大吟醸 浦霞」「純米酒 浦霞」

フランスで開催された日本酒コンクールKuraMasterにおいて「山田錦純米大吟醸浦霞」純米大吟醸部 金賞、「純米酒 浦霞」純米酒部門 、2年連続金賞を受賞しました。

純米大吟醸部門、純米酒部門、2つのカテゴリーにおいて金賞を頂き非常に光栄に思います。4名のMOF (フランス国家最高優秀職人章) ソムリエを含む トップソムリエら 51名の審査員、合計824点の厳正なる審査から選ばれた浦霞の日本酒、是非たくさんの方にご賞味頂きたく思います。

150817_01.jpg

純米大吟醸部門「山田錦純米大吟醸 浦霞」金賞

180605_7.jpg

純米酒部門「純米酒 浦霞」金賞

KuraMasterはフランスで2017年から開催されている日本酒のコンクールです。このコンクールの特徴は、フランスのトップソムリエらが選ぶ、フランスの地で開かれるフランス人のための日本酒のコンクール。食と飲みものをペアリングするフランスの食文化を通し日本酒をフランス流にロジックに判断するところも
KuraMasterの特色です。

新型コロナウイルスの感染拡大により、コンクールは延期を余儀なくされましたが、審査されたすべての日本酒は、フランス到着後 5度の保冷コンテナで輸送同温度で保管され、コンクール当日まで最適な環境で準備されました。8月31日(月) パリ市内 (会場:エスパス・シャラントン)において「Kura Master - le
grand concours des sakés japonais de Paris 2020」は無事に開催されました。

フランスソムリエ協会会長フィリップ・フォー・ブラック氏は「ソムリエにとっては 日本酒のペアリングの許容の広さや可能性は、益々 魅力的な食中酒となる」と示唆し、日本酒の世界への広がりを感じます。弊社は今後も高品質な酒造りに取り組み、日本酒の魅力を国内外へ発信していきたいと思います。

2年連続CINVEで栄えある賞を受賞!「山田錦純米大吟醸 浦霞」!




山田錦純米大吟醸 浦霞」 が「CINVE2020」でグランゴールド賞を受賞しました。

150817_01.jpg
 山田錦純米大吟醸 浦霞 グランゴールド賞受賞



CINVEは2006年よりスペインで開催されてきたワインとスピリッツの国際コンクールで日本酒部門は昨年より創設されています。

2019年のグランプリ受賞(最高位)、2020年のグランゴールド受賞(上位5品)、2年にわたる受賞を通して「山田錦純米大吟醸 浦霞」 が世界の皆さまに安定した最高品質のお酒であると評価頂きました。

たくさんの方々にスペインのトップソムリエに高い評価を頂いた「山田錦純米大吟醸 浦霞」をご賞味頂き、楽しんで頂きたく思います。

加えて2020年は「純米吟醸 浦霞禅」「純米酒 浦霞」においても銀賞を受賞し、大変光栄に思います。




 純米吟醸 浦霞禅 銀賞受賞
180605_7.jpg

 純米酒 浦霞 銀賞受賞



今後も皆さまに喜んで頂ける高品質な酒造りを目指して努力を重ねて参ります。

CINVEに関する詳細は下記サイトをご覧下さい
https://www.cinvegroup.org/ja/home

残暑を乗り切る【夏のお燗酒】/「全国燗酒コンテスト2020」で金賞受賞



全国的に厳しい暑さが続いております。

暑いので、つい部屋の冷房も使っているということで「冷えすぎ」になったりしませんか。

そんな時におすすめなのが「夏のお燗酒」


200818_4.jpg


「暑いときには温かいものを」と昔からよく言われます。

暑いときには冷たいものが欲しくなりますが、冷たいものは胃腸を冷やし、食欲不振となり、夏バテにつながります。

逆に熱いものを摂取すると、胃腸の働きが活発になり、また発汗を促します。

汗は蒸発するときに熱を奪うため、体温を下げる効果も期待できます。


そこで、「暑いときにはお燗酒」!



先日「全国燗酒コンテスト2020」の審査結果が発表され、弊社は、以下の部門で金賞を受賞することができました。


◎「プレミアム燗酒部門」金賞
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
200818_2.jpg

お燗にすることで、米の旨味とふくよかで豊かな味わいが楽しめます。
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞」は、幅広い温度帯で楽しめ、料理を引き立ててくれる、懐の広い食中酒です。



kiippon.jpg



◎「特殊燗酒部門」金賞
山田錦純米大吟醸 浦霞 古酒
200818_3.jpg
「大吟醸をお燗にするなんてもったいない」と言われることが多いのですが、「山田錦純米大吟醸 浦霞 古酒」は、3年以上低温熟成させたお酒で、お燗にするとまろやかな味わいと甘み、熟成ゆえの穏やかな落ち着いた香りが調和します。
あまり温め過ぎず、ぬる燗(40~45度)程度まででお楽しみ下さい。


お燗酒をする際に、是非参考にしてください!


yamada.jpg





※「全国燗酒コンテスト2020」http://www.kansake.jp/

全国燗酒コンテスト実行委員会が主催、日本酒造組合中央会が後援するもので、今回は245社から815点の商品が出品され、審査員が厳正に審査、審査スコアの平均値の上位30%が金賞に認定されました。

お取扱店等お気軽に下記までお問合せ下さい。

浦霞醸造元 株式会社佐浦 
TEL 022-362-4165(平日8:30~17:30)
お問合せフォーム
https://ssl.urakasumi.com/contact/



大吟醸部門で第1位特賞を受賞/2020年春季全国酒類コンクール



新型コロナウイルスの影響で開催が遅れていた『2020年春季全国酒類コンクール』(主催:全日本国際酒類振興会)の受賞酒の発表が先日行われ、弊社は以下のお酒で受賞することができました。


2020年春季全国酒類コンクール

*吟醸・大吟醸部門 エクストラ大吟醸 浦霞 第1位特賞
*純米吟醸・純米大吟醸部門 山田錦純米大吟醸 浦霞 第1位特賞
*純米酒部門 特別純米酒 生一本 浦霞 第1位
*本醸造部門 本仕込 浦霞 第1位



「全国酒類コンクール」は、全日本国際酒類振興会主催で年2回(春季、秋季)開催、日本酒やワインなどの10部門で審査が行われています。

出品した全てのお酒が「第1位」を受賞することができ、これもひとえに皆様方の日頃よりご愛顧の賜物だと感謝申し上げます。

今回の受賞を糧に、秋から始まる酒造りに精進して参ります。

引き続き「浦霞」をよろしくお願い致します。


====
吟醸・大吟醸部門
エクストラ大吟醸 浦霞 第1位特賞

180605_4.jpg

200811_2.jpg




====
純米吟醸・純米大吟醸部門
山田錦純米大吟醸 浦霞 第1位特賞

150817_01.jpg

200811_3.jpg



====
純米酒部門
特別純米酒 生一本 浦霞 第1位

pic20.jpg

200811_4.jpg



====
本醸造部門
本仕込 浦霞 第1位
171108_03.jpg
200811_1.jpg

「南部杜氏自醸清酒鑑評会」で優等賞受賞!



第101回「南部杜氏自醸清酒鑑評会」の結果が発表され、弊社では本社蔵が「吟醸酒の部」「純米酒の部」で優等賞を受賞致しました。


 「第101回南部杜氏自醸清酒鑑評会」審査結果
 https://www.kanko-hanamaki.ne.jp/imagem/files/1592295018_01.pdf


01.jpg

02.jpg



「南部杜氏自醸清酒鑑評会」は、日本全国で酒を醸す南部杜氏たちが技を競い合う場として、岩手県花巻市石鳥谷町で毎年開催されています。

明治44年の第1回開催から数えて、今年は101回目となる伝統的な鑑評会です。

例年ですと国税局鑑定官室や各指導機関等、全国各地より審査員を迎えて実施されていますが、今年は新型コロナウイルスの影響で県境を越えての移動が困難な状況になったことから、審査期日を延期し岩手県内の10名の審査員だけとなり、一審のみ、優等賞のみの決定となりました。

(例年は一審、二審、三審、決審と複数回の審査にて、優等賞のほか、各部門の上位入賞工場が決定致します)



**製造責任者である本社蔵 小野寺邦夫杜氏の喜びの声です**


出品後に、新型コロナウイルスの影響で審査日が延期されると発表され、お酒の品質が変化することを懸念しました。また、審査方法も例年と異なると聞いて、どう評価されるだろうと心配になりましたが、「優等賞」を受賞することができて、本当にホッとしています。
弊社は吟醸酒の部において今回の受賞で67回目の優等賞となり、またひとつ浦霞の伝統を積み重ねることができたことを、大変嬉しく思っております。
不安なことが尽きない世の中になっていますが、より多くの皆様に「美味しい」「ほっとする」と言って頂けるようなお酒をこれからもお届けしたいと思います。皆様方の日頃よりのご支援に感謝し、来年の「南部杜氏自醸清酒鑑評会」においても「優等賞」の記録を重ねることを目指せるよう頑張ります。引き続き「浦霞」へのご愛顧のほどお願い申し上げます。


200617_1.jpg