うらかすみ便り

全国規模で開催される唯一の日本酒コンテスト「全国新酒鑑評会」で本社蔵入賞!



令和元酒造年度(令和元年7月~令和2年6月)に製造された清酒の出来栄えを審査する「全国新酒鑑評会」において、全国から出品された850点のうち成績優秀と認められた入賞酒433点が22日(金)発表され、弊社本社蔵も「入賞」することができました!!

例年ですと、入賞酒から特に味や香りなどが優れた銘柄を金賞に選ぶ「決審」が行われますが、今年は新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の延長を受け、決審が中止となり、金賞酒は選定されず、入賞だけの発表となりました。


コロナ禍の影響により、日本酒の出荷にも厳しい状況が続いているなか、今回の入賞という明るいニュースに喜びもひとしおです!


製造責任者である本社蔵 小野寺邦夫杜氏の喜びの声です!


200526.jpg

原料米である令和元年産米山田錦は例年になく硬く、その米質に合わせた造りに苦労したため、今回入賞の報告を受け、まずはほっとしております。

日頃より美味しいお酒を皆様にお届けすることはもちろんですが、本社蔵はこれまで38回の金賞を受賞しており、その記録をさらに更新することを杜氏・蔵人一同目標のひとつとして今年度も励んでおりました。今年は金賞の選定がなく非常に残念ですが、致し方ないと思います。

今回の入賞を励みに、秋から始まる令和2酒造年度(令和2年7月~令和3年6月)の造りにおいても蔵人と一丸となり、気を引き締めて来年の「全国新酒鑑評会」においても「入賞」そして「金賞」の記録を重ねることを目指していきます。

今後ともどうぞ「浦霞」へのご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。



「全国新酒鑑評会」の詳しい内容や受賞一覧は独立行政法人酒類総合研究所のホームページを参照ください。
https://www.nrib.go.jp/kan/r01by/r01bymoku_info.htm



全国新酒鑑評会とは
その年に製造されました清酒を全国的な規模で調査・研究することにより、清酒の品質向上に寄与することを目的とした鑑評会です。成績が優秀と認められた出品酒には「入賞」、入賞酒のうち特に成績が優秀と認められた出品酒には「金賞」が与えられます。

「純米酒 浦霞」が金賞受賞!(ワイングラスでおいしい日本酒アワード)


こんにちは。企画部の笠原です。

本日、ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020の審査結果が発表され、「純米酒 浦霞」がメイン部門で金賞を受賞しました。
日本酒に関わる各分野のプロの方に評価して頂き、大変光栄に思います。これもひとえに皆様方のご支援のおかげと感謝申し上げます。

皆様も是非ワイングラスで「純米酒 浦霞」をお楽しみ頂ければと思います。

180605_7.jpg
メイン部門 金賞
純米酒 浦霞

種類 純米酒
原料米 まなむすめ
精米歩合 65%
アルコール分 15度以上16度未満
容量・価格 1.8L  2,500円(税抜)
720ml  1,200円(税抜)
300ml  540円(税抜)


「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」は、ワイングラスでおいしい日本酒アワード実行委員会が主催となり、世代・業態・国の境界を超えて日本酒を広げることを目指して開催されております。10回目となる今年は259蔵元897点のエントリーがあり、以下5つの部門で審査が行われました。

○メイン部門 (1.8L 2,600
円以下、または720ml 1,300円以下)
○スパークリングSAKE部門(720ml 1,920円以下)
○プレミアム大吟醸部門(メイン部門を超える価格)
○プレミアム純米部門 (メイン部門を超える価格)
○プレミアムスパークリングSAKE部門(スパークリング部門を超える価格)

詳細は「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」をご覧下さい。
http://www.finesakeawards.jp/

純米酒 浦霞」お取扱店様等、お問合せは下記までお願い致します。
浦霞醸造元 株式会社佐浦 
TEL 022-362-4165(平日8:30~17:30)
お問合せフォーム
http://www.urakasumi.com/contact/


200421.jpg

小野寺杜氏が宮城の名工(卓越技能者)として表彰を受けました!

この度、弊社本社蔵の杜氏を務める小野寺邦夫杜氏が宮城の名工(卓越技能者)として表彰を受けました!

~小野寺杜氏のコメント~
この度は、卓越技能者表彰を頂き誠にありがとうございます。このような栄誉は自分に縁のないものと思っておりました。これまで自分を支えてくれた、またともに酒造りに携わっていただいた皆さまのお陰であると実感しております。今後も良い酒を造り、後輩の模範となるように仕事に邁進していきたいと思います。このような機会を与えていただいた皆さまに御礼申し上げます。

IMG_20191128_150840(BLOG).jpg

宮城の名工(宮城の卓越技能者)とは、長く同一職業に従事し、卓越した技能をもって業界の振興・発展に寄与した技能者を、卓越技能者として表彰することにより、広く一般社会に技能尊重の気風を浸透させ、もって技能者の地位及び技能向上を図ることを目的とし、昭和55年に創設された表彰制度です。令和元年度までに675名の方が受賞しています。(宮城県庁HPより)

IMG_8397(BLOG).jpg


~受賞歴~
【全国新酒鑑評会】独立行政法人酒類総合研究所主催。明治44年から開催されている全国規模の鑑評会。
・平成16年 本社蔵 金賞
・平成19年 矢本蔵 金賞
・平成23年 矢本蔵 金賞
・平成26年 本社蔵 金賞
・平成27年 本社蔵 金賞
・平成28年 本社蔵 金賞
・平成29年 本社蔵 金賞
・平成31年 本社蔵 金賞

【東北清酒鑑評会】仙台国税局主催。東北6県の清酒製造場から吟醸酒の部・純米酒の部の二部門で表彰。
・平成16年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成17年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成23年 矢本蔵 優等賞(吟醸酒の部)
・平成25年 本社蔵 優等賞(純米酒の部)
・平成26年 本社蔵 優等賞(純米酒の部)
・平成27年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成28年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成29年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成30年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成31年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部)

【南部杜氏自醸清酒鑑評会】一般社団法人南部杜氏協会主催。協会に加盟する清酒製造場から吟醸酒の部・純米吟醸酒の部・純米酒の部の三部門で表彰。各部門で最も優秀な清酒製造場には『首席』が与えられる。
・平成17年 本社蔵 優等賞
・平成18年 本社蔵 優等賞
・平成19年 矢本蔵 優等賞
・平成20年 矢本蔵 優等賞
・平成21年 矢本蔵 優等賞
・平成22年 矢本蔵 優等賞
・平成23年 (震災のため南部杜氏自醸清酒鑑評会は中止)
・平成24年 本社蔵 優等賞
・平成25年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成26年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成27年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米吟醸酒の部『首席』・純米酒の部)
・平成28年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成29年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米吟醸酒の部)
・平成30年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部『首席』・純米吟醸酒の部・純米酒の部)
・平成31年 本社蔵 優等賞(吟醸酒の部・純米吟醸酒の部・純米酒の部)

『純米吟醸 浦霞禅』ミラノ酒チャレンジにてプラチナ賞受賞!

イタリアで開催された日本酒の品評会【ミラノ酒チャレンジ】にて「純米吟醸 浦霞禅」が部門最高位のプラチナ賞を受賞しました!

イタリアの酒ソムリエ協会による酒品評会【ミラノ酒チャレンジ】は、今年はじめてイタリア・ミラノで開催されました。審査員は、イタリア酒ソムリエ協会認定の酒ソムリエ資格を持つ、レストランオーナーやシェフ、バーテンダー、イタリア在住のイタリアの飲食に強く関わる方々を中心に構成され、プロフェッショナルな皆さまから「純米吟醸 浦霞禅」が高い評価を受けたことを大変嬉しく思います。
【ミラノ酒チャレンジ】の詳細はこちら

j-ginjo_junmai.jpg

純米吟醸 浦霞禅」720ml/2,160円(税抜)

200218_3.jpg


イタリアでは、日本酒をベースにしたカクテルをバーで楽しんだり、レストランでイタリア料理と日本酒のペアリングするなど日本酒がイタリアの食文化に急速に浸透しているそうです。またイタリア・ミラノと言えば、デザインやファッションの分野で世界最高レベルのアイディアと技術が集まる街として常に世界中から注目されています。そんな洗練された街らしく、ボトルやラベルの魅力もコンペの評価対象となり「純米吟醸 浦霞禅」と「山田錦純米大吟醸 浦霞」がデザイン金賞を受賞しました。

j-d-ginjo_yamada.jpg

山田錦純米大吟醸 浦霞」720ml/3,000円(税抜)

200218_1.jpg
200218_2.jpg

こうした賞を頂くことが出来ましたのも皆さまのご支援のおかげと感謝申し上げます。今後とも皆さまにより満足していただくことのできる高品質の酒造りを目指して参ります。

====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
営業時間 10:00~17:00

『純米酒 浦霞』が鍋に合うお酒、醤油味部門で第1位に選ばれました!

すっかり秋めき、一雨ごとに秋が深まるこの季節、いよいよ「鍋」を楽しむシーズンの到来です。「鍋料理」は江戸時代後期頃から食卓でお鍋を囲むようになったと言われており、地域性や家庭の味があるなど、秋・冬を代表する和食として愛され続けています。これからの季節、様々な旬の食材や味のバリエーションで「鍋」を楽しんでみるのはいかがでしょうか。そこで、このたび日本名門酒会が企画した『2019プロが選んだ鍋に合う酒』において「純米酒 浦霞」が【醤油味部門】で第1位、【塩味部門】で第2位に選ばれましたのでご紹介致します。

190829純米浦霞720ml_HP.jpg


純米酒 浦霞」×【醤油味】
-醤油のスープと合わせることによって、酒の辛味が落ち着き、肉の旨味に箸がすすむ。
-旨さが引き締まる良い相性。鍋と酒の旨さやキレを感じるタイミングが同じで同調する。

純米酒 浦霞」×【塩味】
-酒、鍋どちらも美味しく感じ、魚介の魚臭さを感じなくさせるマスキングの効果がある。
-お酒と鍋を合わせることで、全体的にまとまりを感じ、包み込みまとめる印象。

鍋に合うお酒は次のような審査で選出。詳しくは>>>日本名門酒会HP
【日本酒】日本名門酒本部が定番上位酒の中から厳選した10アイテム
【審査員】加盟店、蔵元、本部スタッフからなるお酒のプロフェッショナル
【合わせた鍋】両国「ちゃんこ巴潟」(東京都墨田区)のちゃんこ鍋
 ◎塩味(鶏ガラスープ):いわしつみれ、魚介、牛肉、鶏肉、野菜、豆腐、油揚げ、こんにゃくなど
 ◎醤油味(鶏ガラスープ):牛肉、白菜、きのこ類、野菜、焼き豆腐、油揚げ、こんにゃくなど
 ◎味噌味(昆布と鰹のあわせ出汁に4種類の味噌):鰯つみれ、鯵つみれ、野菜、焼き豆腐、油揚げ、こんにゃくなど

皆さんも日本の食文化のひとつ「鍋」とお酒のペアリングを楽しんで見て下さい!!