うらかすみ便り

「全米日本酒歓評会」で銀賞を受賞!


こんにちは。企画課の笠原です。

先日「全米日本酒歓評会」の受賞結果が発表され、弊社も2つの部門で
「銀賞」を受賞致しました。

「全米日本酒歓評会」は、2001年以来毎年開催されており、今年で
第15回目を迎えます。
2日間にわたって日本と米国の10人の審査員が391点の出品酒を評価、
審査の結果上位の得点の出品酒には金賞と銀賞が授与されます。
歓評会の後、出品酒はすべてホノルル、ラスベガス、そして東京で開かれる
一般公開の利き酒のイベント、
ジョイ・オブ・サケに提供されます。

 ※「ジョイ・オブ・サケ」については下記のページをご覧下さい。
  http://www.joyofsake.jp/


出品酒は次の4部門ごとに審査されました。
(1) 大吟醸酒A部門 精米歩合40%以下
(2) 大吟醸酒B部門 精米歩合50%以下
(3) 吟醸酒部門 精米歩合60%以下
(4) 純米酒部門 精米歩合70%以下


このなかで、弊社は以下の部門で受賞することができました。

 大吟醸B部門 「山田錦純米大吟醸 浦霞」銀賞

150817_01.jpg

150928_01.jpg

 吟醸部門 「純米吟醸 浦霞禅」銀賞

150817_02.jpg

150928_02.jpg

この度、受賞することができ、大変光栄に存じます。
これもひとえに皆様のご愛顧・ご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。
これからも皆様のご期待に応えられるよう、高品質の酒造りを目指して
努力してまいりたいと思います!


詳細はこちらをご覧ください
 全米日本酒歓評会ホームページ
 http://www.sakeappraisal.org/jp/appraisal2015.html

「スローフードジャパン燗酒コンテスト2015」で金賞受賞!


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、「スローフードジャパン燗酒コンテスト2015」の金賞受賞酒が発表されました。

「スローフードジャパン燗酒コンテスト2015」は、スローフードジャパンと酒文化研究所
が主催するもので、今回は223社から633点の商品が出品され、
30人の審査員が厳正に審査し、審査スコアの平均値の上位3割を金賞に認定致しました。

この中で、弊社は2つの商品が金賞を受賞致しました。

・「本仕込 浦霞」金賞(お値打ち燗酒 ぬる燗部門)
150804.jpg

150930_02.jpg


・「味吟醸 浦霞」金賞(プレミアム燗酒部門)
ginjo_aziginjo.jpg

150930_01.jpg

厳しい暑さが続く中、疲れた体をお燗酒で癒やしてはいかがでしょうか。

「第96回南部杜氏自醸清酒鑑評会」の表彰式が執り行われました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、岩手県花巻市にて「第96回南部杜氏自醸清酒鑑評会」の
表彰式が執り行われ、弊社から社長佐浦、本社蔵杜氏小野寺が
参加致しました。

150525_01.jpg

弊社は純米吟醸酒の部で首席をとり、下記の賞を頂戴致しました。

純米吟醸酒の部
岩手県知事賞
南部杜氏協会会長賞
・全農岩手県本部長賞

150525_02.jpg

150525_03.jpg

150525_04.jpg

150525_09.jpg

今回このようにたくさんの賞を受賞でき、大変光栄に思っております。
この結果は杜氏はじめ蔵人達の精進はもとより、皆様方のご指導
ご支援の賜物と深く感謝申し上げる次第でございます。
今後とも、
杜氏はじめ蔵人一同、より一層の高品質の酒造りを目指して
努力を重ねて参る所存です。

引き続き、「浦霞」へのご支援の程、よろしくお願い申し上げます。

150522_02.jpg

「全国新酒鑑評会」で本社蔵金賞受賞!


こんにちは。企画課の笠原です。

平成26酒造年度「全国新酒鑑評会」で、本社蔵が金賞を受賞
矢本蔵は入賞致しました。

「全国新酒鑑評会」とは、その年に製造されました清酒を全国的な
規模で調査・研究
することにより、清酒の品質向上に寄与すること
を目的とした鑑評会です。


詳しい内容や受賞一覧は独立行政法人酒類総合研究所の
ホームページから参照ください。

http://www.nrib.go.jp/kan/kaninfo.htm

今回の受賞を励みに、来年度も受賞できるよう社員一同、
高品質な日本酒を造るため
努力を重ねて参る所存です。
今後とも「浦霞」へのご愛顧、宜しくお願い申し上げます。

150626_1.jpg

IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2015で銀メダル受賞


こんにちは。
企画課の笠原です。

4月20日~22日の3日間に渡り、
「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)2015」のSAKE部門の審査が
行われ、昨日メダル受賞酒が発表されました。

日本酒部門は7つのカテゴリーごとに審査員によるブラインド・テイスティングを行い、
その成績によりメダル表彰となります(金メダル・銀メダル・銅メダル・大会推奨酒)。
今年は過去最高の876銘柄が出品されたとのことです。

弊社は、本醸造酒の部で「原酒 浦霞」が銀メダルを受賞しました。

miyagi_gensyu_bottle.jpg
銀メダル受賞 原酒 浦霞(宮城県内限定販売)


1984年に創立されましたIWCは、13,000銘柄を超えるワインが出品され、
世界で最も影響力のあるコンペディションとして知られております。

2007年には「SAKE部門」が設けられ、「純米酒の部」、「純米吟醸酒・
純米大吟醸酒の部」、「本醸造酒の部」、「吟醸酒・大吟醸酒の部」、「古酒の部」
の5つに加え、2014年より「オーディナリー酒の部」と「スパークリング酒の部」
の2つの部門が新設され、7つのカテゴリーに分かれて審査が行なわれ、
金・銀・銅メダルと大会推奨酒が選出されます。


詳細につきましては、酒サムライのHPをご覧ください。
http://www.sakesamurai.jp/

この度の受賞は皆様のご愛顧の賜物と感謝しております。
今後とも精進し高品質の酒造りに励んでいく所存でございます。