うらかすみ便り

「第13回 浦霞ほろ酔い寄席」を開催しました

こんにちは。企画課のさいとうです。

6月4日(日)に秋保温泉「ホテル佐勘」さんにて、古典落語の本格派三遊亭鳳楽師匠の落語を
楽しんでいただいた後、師匠とともに浦霞と佐勘さんのお料理を楽しんで頂く、

「第13回 浦霞ほろ酔い寄席」

を開催致しました。

当日は約100名の方に参加頂きました。
ご希望の方にはお風呂を楽しんで頂いた後、「浦霞ほろ酔い寄席」のスタートです。

2017_rakugo01.jpg

今回の演目は、

 一題目 鮑のし(あわびのし)
 二題目 阿武松(おうのまつ)

「鮑のし」は主人公が祝儀アワビを持っていってしまったことで起こった騒動を描く噺です。

「阿武松(おうのまつ)」は大食のため関取武隈に破門になった小車が有り金いっぱい飯を食
ってから死のうと寄った宿の主人に、錣山(しろころやま)を紹介され、元の師匠武隈との初
対戦に勝ち、後に横綱阿武松となる噺です。

2017_rakugo02.jpg

参加された皆様は鳳楽師匠の噺に引き込まれ、あっという間の一時でした。

師匠の落語を楽しんだ後は、お待ちかねの懇親会です。

「大吟醸 浦霞」で乾杯の後、参加者の皆様には佐勘さんのおいしいお料理とともに「浦霞」を
楽しんで頂きながら、鳳楽師匠との交流を楽しんで頂きました。

2017_rakugo03.jpg

会の後半には、鳳楽師匠に抽選して頂いて、地元限定商品の「純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさ
わ)」や「大吟醸 浦霞」などが当たる抽選会です。

鳳楽師匠からも扇子や手ぬぐい等の師匠オリジナルのグッズを提供して頂きました。

2017_rakugo04.jpg

当選された皆様、おめでとうございます。

最後には、お客様からのご要望で鳳楽師匠に小噺して頂いた後、「三本締め」でお開きと
なりました。

2017_rakugo05.jpg

最後まで笑顔に包まれた、参加頂いた皆様も大満足のご様子でした。

ご参加いただいた皆様、鳳楽師匠、ありがとうございました。

「第13回浦霞ほろ酔い寄席」参加者募集中!


こんにちは。企画課の笠原です。

「第13回 浦霞ほろ酔い寄席 ~三遊亭鳳楽独演会~」
を今年も開催致します!!

落語も日本酒も日本人にとっては昔から親しまれてきた
日本文化であり、この二つを一度にお楽しみいただける
イベントとして開催して、今年で13回目を数えます。

人間の持つ「想像する力」を最大限に引き出してくれる、
三遊亭鳳楽師匠の世界を是非ご堪能ください。

独演会終了後には、鳳楽師匠を囲んで
浦霞を楽しむ懇親会を開催致します。


===
第13回 浦霞ほろ酔い寄席 ~三遊亭鳳楽独演会~

開催日:2017年6月4日(日)
時間:独演会 15:00~17:00
   浦霞を楽しむ会 17:15~19:00頃
会場:秋保温泉「ホテル佐勘」様
参加費:7,800円(独演会、懇親会、温泉入浴、バス送迎付き)
    7,000円(独演会、懇親会、温泉入浴付き)
定員:100名(先着順) ※募集定員に達し次第、〆切
アクセス:仙台駅より送迎バス(有料)を運行(12:30発/予約制)
お申込:参加を希望される方は、お電話、FAX、メールにて、
  下記の事項をお知らせ下さい。

・代表者様のお名前
・ご住所
・携帯電話番号
・人数
・送迎バス利用の有無

【問合せ先】
浦霞醸造元 株式会社佐浦 企画課
TEL 090-5235-3141(平日9時~17時)
FAX 022-362-7895
メール info@urakasumi.com

160606_1.JPG

160606_2.JPG

160606_3.JPG

「第12回 浦霞ほろ酔い寄席」を開催しました!

こんにちは!企画課の小野寺です。

6月5日(日)、秋保温泉「ホテル佐勘」さんにて
「第12回 浦霞ほろ酔い寄席」を開催しました!

160606_1.JPG

このイベントは、三遊亭鳳楽師匠の落語と浦霞を楽しめるイベントで、
今年は約90名の方にご参加頂きました。

当日は6月にしては少し暑いほどの良い天気!
参加者の皆様にはまず「ホテル佐勘」さん自慢の温泉を楽しんで頂きました。

リフレッシュしていただいたところで、「浦霞ほろ酔い寄席」が始まります。

今回の演目は、
 一題目 船徳
 二題目 紺屋高尾

160606_2.JPG

「船徳」では船を漕ぐ船頭と二人客のドタバタした船上の様子を、体を大きく動かしながら演じていました。
一方で「紺屋高尾」では、一途に恋焦がれる久蔵と、艶めかしい花魁の高尾太夫を見事に演じ分け、
今回も鳳楽師匠の落語の魅力を存分に楽しめる内容となりました。



師匠の落語をたっぷり味わった後は、懇親会として
鳳楽師匠を囲んで「浦霞」をたっぷり味わっていただきました。

160606_3.JPG

今回は、毎年乾杯の音頭をとっていただいている「日本の酒と食の文化を守る会」村田会長の
計らいで、先月5月に亡くなった平野重一名誉杜氏を偲び、献杯のかけ声でスタートいたしました。

160606_4.JPG

「大吟醸 浦霞」や季節限定商品「純米生酒 浦霞」、「純米吟醸 浦霞禅」
「蔵の華 芳醇辛口純米 浦霞」を、この日のために用意していただいた
「ホテル佐勘」さんの特別メニューお楽しみ頂きました。

160606_5.JPG
師匠も各テーブルを回って、参加者の皆さんとの交流を楽しまれました。

会の後半には、毎年恒例の抽選会も!

160606_6.JPG

景品には地元限定商品の「純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさわ)」や
乾杯酒の「大吟醸 浦霞」などをご用意しました。

160606_7.JPG

とても喜んでいただけて嬉しい限りです。


今回の目玉は、なんといっても鳳楽師匠直筆のサイン色紙!
師匠にくじを引いていただき、3名の方が当選されました!

160606_9.JPG

各景品当選された皆様おめでとうございます!

今年も大盛り上がりの抽選会となりました。
会はそのまま中締めへ。

160606_10.JPG
毎年恒例となった鳳楽師匠の小咄で会場では最後の大笑い!

そして、会場一体となって「三本締め」でお開きとなりました。

最後まで笑顔に包まれた、素敵な会となりました。
ご参加いただいた皆様、鳳楽師匠、ありがとうございました!

※追加募集※「第12回浦霞ほろ酔い寄席」参加者募集


こんにちは。企画課の笠原です。

「浦霞ほろ酔い寄席 ~三遊亭鳳楽独演会~」にキャンセルが発生し、
追加募集を行うことに致しました。

是非、秋保で「温泉」「落語」「お食事と浦霞」をお楽しみ下さい。

150607_1.jpg

150607_2.jpg

落語も日本酒も日本人にとっては、昔から親しまれてきた
日本文化であり、この二つを一度にお楽しみいただける
イベントとして開催して、今年で12回目を数えます。

人間の持つ「想像する力」を最大限に引き出してくれる、
三遊亭鳳楽師匠の
世界を是非ご堪能ください。

独演会終了後には、鳳楽師匠を囲んで
浦霞を楽しむ懇親会を開催致します。

====
開催日  2016年6月5日(日)
時 間  独 演 会   15:00~17:00
     浦霞を楽しむ会 17:15~19:00頃
会 場  秋保温泉「ホテル佐勘」様
参加費  7,000円(独演会、懇親会、温泉入浴、バス送迎付き)
     6,200円(独演会、懇親会、温泉入浴付き)
定 員  100名(先着順) ※募集定員に達し次第、〆切
アクセス 仙台駅より送迎バスを運行(12:30発/予約制)
====

参加を希望される方は、お電話、FAX、メールにて、
下記の事項をお知らせ下さい。

・代表者様のお名前
・ご住所
・携帯電話番号
・人数
・送迎バス利用の有無


【問合せ先】
浦霞醸造元(株)佐浦 企画課
TEL 090-5235-3141 (平日9時~17時)
FAX 022-362-7895
メール info@urakasumi.com


150607_3.jpg

「第12回浦霞ほろ酔い寄席」参加者募集中!


こんにちは。企画課の笠原です。

「浦霞ほろ酔い寄席 ~三遊亭鳳楽独演会~」を今年も開催致します!

150607_1.jpg

150607_2.jpg

落語も日本酒も日本人にとっては、昔から親しまれてきた
日本文化であり、この二つを一度にお楽しみいただける
イベントとして開催して、今年で12回目を数えます。

人間の持つ「想像する力」を最大限に引き出してくれる、
三遊亭鳳楽師匠の
世界を是非ご堪能ください。

独演会終了後には、鳳楽師匠を囲んで
浦霞を楽しむ懇親会を開催致します。

====
開催日  2016年6月5日(日)
時 間  独 演 会   15:00~17:00
     浦霞を楽しむ会 17:15~18:45頃
会 場  秋保温泉「ホテル佐勘」様
参加費  7,000円(独演会、懇親会、温泉入浴、バス送迎付き)
     6,200円(独演会、懇親会、温泉入浴付き)
定 員  100名(先着順) ※募集定員に達し次第、〆切
アクセス 仙台駅より送迎バスを運行(12:30発/予約制)
====

参加を希望される方は、お電話、FAX、メールにて、
下記の事項をお知らせ下さい。

・代表者様のお名前
・ご住所
・携帯電話番号
・人数
・送迎バス利用の有無


【問合せ先】
浦霞醸造元(株)佐浦 企画課
TEL 090-5235-3141 (平日9時~17時)
FAX 022-362-7895
メール info@urakasumi.com


150607_3.jpg