うらかすみ便り

「純米夏酒 浦霞」が飲める店


こんにちは。企画課の笠原です。

季節商品が飲めるお店を紹介しているコーナー。
今回は6月中旬より発売している「純米夏酒 浦霞」(季節限定)
が飲めるお店(仙台市内)を弊社営業部の中村がご紹介致します。

(1)「土井親方のこだわり料理 縁」様
http://kodawari-en.com/
TEL 022-263-1030
宮城県仙台市青葉区大町2-13-9 幸田ビル 1F
 地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩約6分

170630_02.jpg


仙台の料理界の中でも、押しも押されぬ重鎮の土井親方のお店。
出汁がでしゃばらず、文字通りいい塩梅なんですわ。
いつ食べても安心できるというか、ホッとしますねえ。
その出汁をたっぷりと含んだ自慢の出汁巻き玉子はオーダー必須です。
旬を迎えつつあるカツオの刺身も、角がピンと立って美しいなあ。
奥様と二人三脚で切り盛りされる店内は、いつも常連さんでいっぱい。
今日は、その常連さん方にも純米夏酒を振る舞わせていただき、楽しく賑やかに時間が過ぎてゆき
ました。


(2)「和食と天ぷら ぜふ」様
TEL 022-268-8485
宮城県仙台市青葉区国分町2-1-20 うめはらビル2F
 地下鉄南北線「広瀬通駅」より徒歩約7分
 地下鉄東西線「青葉通一番町駅」より徒歩約6分

170630_01.jpg


ねこ舌のこちらにとって、揚げ物とは諸刃の剣。
大好きなのだが、舌は焼け、口中は切れるという厄介なシロモノである。
しかしながら、天ぷらときたら、それこそ池波正太郎センセがエッセイの中で「親の敵にでも会ったように揚がるそばからかぶりつくようにして食べなきゃならぬ」である(笑)。
塩で食べると上品な感じだけど、天つゆにどっぷりとつけても食べたいな~
おお、なんとも粋な職人さんが一品一品テーブルまで運んでくれますよ。
ほんのりと中だけ火を入れたホタテが甘いわ~。
才巻きはもちろん、旬の野菜も美味いわ~。
もちろん、アナーキストのこちらとしては、穴子の一本揚げをオーダーせねばならぬ。
そして、一緒に楽しむ「純米夏酒 浦霞」が口の中の油をサラリと洗い流してくれるのだよ。

※アナーキスト 本来の意味は無政府主義者



「和食と天ぷら ぜふ」様からイベント開催のお知らせ
===
夏彩の賞味会 ~浦霞 夏酒と一緒に楽しむ会~【要予約】

開催期間:7月24日(月)~31日(月)※毎日開催
時間:
月~木 17時~1時(L.O.24時半)
金・土 17時~3時(L.O.2時半)
日・祝 17時~24時(L.O.23時半)
お一人様 5,400円(税・サ込み)
献立一例
先付 真つぶのずんだ和え
御造 がぜうに、かつお、白身
焼物 仙台名物厚切り牛たん、浅漬け、味噌南蛮
冷し煮物 夏野菜・穴子有馬煮・南瓜ソース
揚物 天ぷら、海老、ホタテ、アスパラ
酢物 金華山沖 毛ガニ酢
御食事 冷しあかもくうどん
2時間飲み放題付き

※2名様~受付
※仕込み状況により内容が変更となる場合がございます
※御予約のお客様全員に自家製とり味噌プレゼント

お問合せ、お申込
和食と天ぷら ぜふ
電話:022-268-8485

夏限定のお酒「純米夏酒 浦霞」を「土井親方のこだわり料理 縁」様、「和食と天ぷら ぜふ」様でお楽しみ下さい!

宮城県岩出山の佐藤農場さんへ行ってきました


こんにちは。企画課の笠原です。

純米原酒につけた浦霞の梅酒」に使用している梅の実の生産者「佐藤農場」さん(宮城県大崎市岩出山)に、今年も無事梅酒を発売できた御礼と今年の梅の実の状況をお伺いしに行って参りました。

170626_01.jpg

170626_03.jpg

今年も元気な姿でお出迎え頂いたのが佐藤農場の佐藤光一社長。
実際に畑の梅の木を見ながら今年の梅の実の生育状況をお伺い致しました。

170626_02.jpg
佐藤農場 佐藤光一社長


今年は温度が高い日が少なく、日差しがある日でも温度はさほど上がらず、梅の実の生育が遅いそうです。
また風が特に強く、風が吹き抜けるところにある木の葉先はもぎとられているそうです。
このような天候や風は近年にはない状況だと佐藤社長も心配そうでした。

弊社に納品頂ける梅の実(白加賀)はこの後気温が上がって、実が大きくなり、色もついたら一気に収穫するそうです。
天気予報を見ると、気温が高い日が続くようです。

来年も美味しい梅酒を皆様にお届けするためにも、気温の高い日が続き良い梅が出来ることを願っています。

佐藤農場の皆さん、よろしくお願い致します!
今年もありがとうございました。

170626_05.jpg
左:佐藤農場 佐藤光一社長
右:梅酒担当の研究開発室 課長 渡邉


170626_06.jpg

liqueur_ume.jpg
純米原酒につけた浦霞の梅酒

お取扱い店様につきましては、下記までお問い合わせください。
メール http://www.urakasumi.com/contact/
電話  022-362-4165

仙台うみの杜水族館さんのイベントで弊社のお酒も販売


こんにちは。企画課の笠原です。

仙台うみの杜水族館で開催される「ウミノモリウム vol.2」内で弊社のお酒も販売することが決まりました。

杯売り(予定)
・蔵の華 純米大吟醸 浦霞
純米生酒 浦霞
純米原酒につけた浦霞の梅酒
※変更になる場合もございます。ご了承下さい。

===
ウミノモリウム vol.2
===
日にち:6月23日(金)
時間:OPEN 19時半/START20時/CLOSE22時半
※最終入場 22時
参加費:2,700円(税込)
対象:20歳以上
アクセス:JR仙石線「中野栄駅」から無料シャトルバス運行
 19時~23時まで30分間隔で運行
 ※お酒を飲まれる方はお車でのご来館はご遠慮下さい。
購入先:仙台うみの杜水族館公式WEBサイト
   ローソンチケット

詳細についてはイベント公式ページをご覧下さい。
http://www.uminomori.jp/umino/19528/index.html

「第13回 浦霞ほろ酔い寄席」を開催しました

こんにちは。企画課のさいとうです。

6月4日(日)に秋保温泉「ホテル佐勘」さんにて、古典落語の本格派三遊亭鳳楽師匠の落語を
楽しんでいただいた後、師匠とともに浦霞と佐勘さんのお料理を楽しんで頂く、

「第13回 浦霞ほろ酔い寄席」

を開催致しました。

当日は約100名の方に参加頂きました。
ご希望の方にはお風呂を楽しんで頂いた後、「浦霞ほろ酔い寄席」のスタートです。

2017_rakugo01.jpg

今回の演目は、

 一題目 鮑のし(あわびのし)
 二題目 阿武松(おうのまつ)

「鮑のし」は主人公が祝儀アワビを持っていってしまったことで起こった騒動を描く噺です。

「阿武松(おうのまつ)」は大食のため関取武隈に破門になった小車が有り金いっぱい飯を食
ってから死のうと寄った宿の主人に、錣山(しろころやま)を紹介され、元の師匠武隈との初
対戦に勝ち、後に横綱阿武松となる噺です。

2017_rakugo02.jpg

参加された皆様は鳳楽師匠の噺に引き込まれ、あっという間の一時でした。

師匠の落語を楽しんだ後は、お待ちかねの懇親会です。

「大吟醸 浦霞」で乾杯の後、参加者の皆様には佐勘さんのおいしいお料理とともに「浦霞」を
楽しんで頂きながら、鳳楽師匠との交流を楽しんで頂きました。

2017_rakugo03.jpg

会の後半には、鳳楽師匠に抽選して頂いて、地元限定商品の「純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさ
わ)」や「大吟醸 浦霞」などが当たる抽選会です。

鳳楽師匠からも扇子や手ぬぐい等の師匠オリジナルのグッズを提供して頂きました。

2017_rakugo04.jpg

当選された皆様、おめでとうございます。

最後には、お客様からのご要望で鳳楽師匠に小噺して頂いた後、「三本締め」でお開きと
なりました。

2017_rakugo05.jpg

最後まで笑顔に包まれた、参加頂いた皆様も大満足のご様子でした。

ご参加いただいた皆様、鳳楽師匠、ありがとうございました。

「純米夏酒 浦霞」 本日発売です!


こんにちは。企画課の笠原です。

本日6月16日(金)より、夏季限定商品「純米夏酒 浦霞」が発売となります。
※地域や店舗により発売日は異なります。

160708.jpg

純米夏酒 浦霞(夏期限定商品)
爽やかで軽快な甘みと米の旨味が感じられる、夏にぴったりの味わいです。

ほど良く冷やして、この夏、是非お楽しみ下さい。

お取扱い店様につきましては、下記までお問い合わせください。
メール http://www.urakasumi.com/contact/
電話  022-362-4165


また、「純米夏酒 浦霞」をはじめとした試飲即売会を下記のとおり行います。是非お立ち寄りください!

6月16日(金)~18日(日)10時~19時
藤崎 地下1階 和洋酒売場
仙台市青葉区一番町3-2-17 TEL 022-261-5111
http://www.fujisaki.co.jp/

【販売予定銘柄】
純米夏酒 浦霞(季節限定)
・父の日向けネクタイラベル(藤崎限定)
純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさわ)(宮城県限定
大吟醸 浦霞
・その他