うらかすみ便り

「東北六県 魂の酒まつり2017」に弊社も参加


こんにちは。企画課の笠原です。

東日本大震災からの復興に対するご支援に感謝し、東北六県の130余りの蔵元が自慢のお酒を出品するイベント「東北六県 魂の酒まつり2017」が下記の要領で開催されます。
弊社も参加致しますので、是非多くの方にお越し頂ければと存じます。

==
東北六県 魂の酒まつり2017
http://www.miyagisake.jp/6spilit/info2017.html

開催日時
平成29年10月9日(月)
第1部 12:00~14:00
第2部 15:30~17:30

開催場所
ベルサール東京日本橋 B2Fイベントホール
地下鉄日本橋駅直結

参加料 お一人様 6000円(税込)※おつまみ弁当付き/立食形式
定 員 第1部・第2部 各700人
主 催 日本酒造組合中央会東北支部

チケットの購入方法
e-plus からお買い求め下さい。(当日券はございません)
売り切れ次第、販売終了となります。お早めにご購入ください。

詳細は「東北六県 魂の酒まつり2017」ホームページをご覧下さい
http://www.miyagisake.jp/6spilit/info2017.html

tamashiiposter.jpg

店舗「浦霞 酒ギャラリー」夏期休業のお知らせ


こんにちは。企画課の笠原です。

店舗「浦霞 酒ギャラリー」のお盆期間中の営業は下記のとおりとなっています。

8月11日(金・祝) 10時~17時
8月12日(土) 10時~17時
8月13日(日) 休業
8月14日(月) 10時~17時
8月15日(火) 10時~17時
8月16日(水) 夏期休業
8月17日(木) 夏期休業
8月18日(金) 10時~17時
 

また、蔵ガイドにつきましては、8月12日~17日までお休み致します。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

120810-3.jpg

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅から徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
営業時間 10:00~17:00
※7月16日(日)は休業日です。
※7月17日(月・祝)営業致しますが蔵ガイドはお休みします。

お中元に浦霞はいかがでしょうか


こんにちは。企画課の笠原です。


お中元の時期となりましたが、贈り物はお決まりですか?
今年の夏は
「浦霞」のお酒をお世話になった方や大切な方に贈りませんか?
弊社店舗「浦霞 酒ギャラリーおすすめのお中元ギフトをご紹介致します。

宮城県地域限定販売商品で、ラベルは仙台市出身の画家 小野寺純一先生に、懐かしい昭和の時代の 塩竈の夏の風景を描いて頂きました。

「浦霞オリジナル 絵画ラベルギフト」
内容:
・純米酒 浦霞 720ml
・からくち 浦霞 720ml
・オリジナルポストカード2枚

170711.jpg
写真(左)港祭りと夏の宵/(右)夕焼け空と夏祭り

※ご注意※
このギフト商品は宮城県地域限定販売商品(塩竈市、多賀城市、松島町、七ヶ浜町、利府町)でございます。

スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ち申し上げております。
ご不明な点はお気軽にスタッフにお尋ねください。

====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅から徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
営業時間 10:00~17:00
※7月16日(日)は休業日です。
※7月17日(月・祝)営業致しますが蔵ガイドはお休みします。

店舗に七夕飾りを飾っています


こんにちは。企画課の笠原です。

本日7月7日は七夕です。
弊社店舗「浦霞 酒ギャラリー」では七夕飾りを7月より飾っております。

170701_04.jpg

170701_05.jpg 170701_06.jpg

170701_07.jpg

この2つの吹き流しは弊社社員の手作りなんです!
風になびく吹き流しを見ていると涼やかで癒やされます。


そして今年も、この時期おすすめ「浦霞オリジナル 絵画ラベルセット」を本日7月7日より販売いたします!

「浦霞オリジナル 絵画ラベルセット」
170707_03.jpg

「からくち 浦霞」720ml、「純米酒 浦霞」720ml、オリジナルポストカード2枚のセット商品となります。
ラベルは、仙台市出身の画家 小野寺純一先生に、懐かしい昭和の時代の塩竈の夏の風景を描いて頂きました。

 写真(左)-港祭りと夏の宵
 写真(右)-夕焼け空と夏祭り

※ご注意※
このギフト商品は、宮城県地域限定販売商品(塩竈市、多賀城市、松島町、七ヶ浜市、利府町)です。


ぜひあなたの大切な人へ、贈ってみてはいかがですか?
皆様のご来店、お待ちしております。


====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅から徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
営業時間 10:00~17:00
※7月16日(日)は休業日です。
※7月17日(月・祝)営業致しますが蔵ガイドはお休みします。

「藻塩焼神事」が執り行われました


こんにちは。企画課の笠原です。

毎年、7月4、5、6日は弊社本社蔵にほど近い御釜神社で「藻塩焼神事」が執り行われ、今年も開催されました。

鹽竈神社の境外末社・御釜神社では、毎年7月4日から6日迄の3日間御祭神・塩土老翁神にゆかりの「藻塩焼神事」が斎行されます。
この神事では、海藻を用いて濃度の高い塩水(鹹水)を作り、これを煮詰めて塩を作る一連の行程が儀礼として再現されます。
古代の製塩方法を伝える神事として宮城県の無形民俗文化財に指定されています。
御釜神社には塩土老翁神が製塩に用いたと伝えられる4口の神釜が奉安されています。
この神釜は世に異変があるときに水の色が変じるとされ江戸時代には水の色が変化すると藩へ報告がなされていました。
※鹽竈神社HPより http://www.shiogamajinja.jp/


【7月4日 藻刈神事】
隣町の七ヶ浜町花淵浜沖に神事船を出し、ホンダワラと呼ばれる海藻を刈り取ります。

【7月5日 水替神事】
松島湾釜ヶ淵より満潮時の潮水を汲み、神釜の水を入れ替えます。
170706_1.jpg



そして、本日7月6日は【藻塩焼神事】です。
製塩用鉄製平釜の上に竹の棚を設け、ホンダワラを広げた上から海水を注ぎ、これを煮詰めて塩を作ります。

170706_2.jpg

今日は梅雨の中休みで晴天に恵まれ、多くの方が集まりました。

まずは、平釜の上に竹の棚をのせてホンダワラを広げます。
170706_3.jpg

そして、その上から海水を注ぎます。
170706_4.jpg


火打ち石で釜に火をつけたら、竹の棚をはずし、榊でお祓いをします。

170706_5.jpg

170706_6.jpg


神職の方々はアクを取りながら釜の海水を煮詰めていきます。
このアク取りでは、釜のアクを取りつつ「悪」も取っているそうです。

170706_7.jpg


170706_8.jpg

火をつけて、約1時間30分後、少し灰色がかった藻塩が出来上がりました。

170706_9.jpg

出来上がった藻塩が供えられ、神事が終了すると、弊社のお酒も含めた御神酒や藻塩が参拝者にも配られました。

170706_10.jpg

塩釜は、7月10日(月)の鹽竈神社例祭、7月17日(月・祝)のみなと祭と夏のお祭りはまだまだ続きます。
せひ塩釜へ遊びにいらしてください!