うらかすみ便り

本塩釜駅前「しおがま・がんばっページェント」点灯中


こんにちは。企画課の笠原です。

11月25日(土)より、JR仙石線「本塩釡駅」前に、約40,000個を超えるイルミネーションが点灯中です!
塩釜にお越しの際には是非ご覧下さい。

期間:11月25日(土) ~ 2018年1月3日(水)
場所:JR仙石線「本塩釜駅」神社参道口前ロータリー
点灯時間:16:30~23:00 ※年末年始は朝まで点灯
お問合せ先:しおがま・がんばっページェント実行委員会事務局
TEL 022-362-2525(10:00~16:00 塩竈観光物産案内所内)

171127_01.jpg

171127_02.jpg

第19期「うらかすみ日本酒塾」第3回講義開催


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、第19期「うらかすみ日本酒塾」の第3回講義を開催しました。

「うらかすみ日本酒塾」は20歳以上の一般消費者の方を対象とした浦霞主催の日本酒セミナーです。
毎年9月から翌年3月の半年間、月1回のペースで毎月テーマと講師を変えて開催しています。

11月の第3回講義のテーマは「日本酒の香りと味わい」。
講師は、日本酒コンサルタントの松崎晴雄先生です。

171118_01.jpg
松崎晴雄氏(日本酒コンサルタント、プロきき酒師)


講義内容
===
1.香りと味わいの違い(原料、製法、地域性)
2.香りと味わいの整理
3.ラベルの見方・表示されている項目
4.きき酒について

171118_02.jpg

後半は「きき酒」です。

下の写真左から
【高精白】 蔵の華 純米大吟醸 浦霞
【低精白】 澤乃井 純米 銀印(東京都)

【辛 い】 純米辛口 浦霞
【甘 い】 南部美人 All Koji 2017 全麹純米仕込み(岩手県)

【北の酒】 蔵の華 純米吟醸 浦霞
【南の酒】 西の関 美吟 純米吟醸(大分県)

以上の6つの日本酒をきき酒しました。

171118_03.jpg

きき酒の仕方やポイント、よく使われる味わいの用語など、プロきき酒師の松崎先生の講義にお話し頂きました。


講義後は、講師を務めた松崎先生を囲んでミニ懇親会を開催。
今回の講義テーマが「きき酒」だったため、「きき当てクイズ」も自由参加で開催しました。

171118_06.jpg

講義で使いました弊社の3銘柄。
 ・蔵の華 純米大吟醸 浦霞
 ・純米辛口 浦霞
 ・蔵の華 純米吟醸 浦霞

こちらをラベルが見える状態のものと新聞紙で包みラベルを隠したもの(A、B、C)と2つ用意して、それぞれをきき酒して頂き、どれがどのお酒かを当ててもらいました。

171118_04.jpg

171118_05.jpg

会の後半、正解発表と松崎先生からポイントをお話頂きました。

171118_07.jpg

19期生の皆さん、お疲れ様でした。


次回は「うらかすみ日本酒塾」のメインの回「酒造り体験」です。
19期生の皆さま、こちらもどうぞお楽しみに!!

====>>>
※第19期 受講生の募集は終了致しました。
※第20期の申込書は2018年6月頃の配布を予定しております。
申込書希望の方は2018年5月末までに下記よりご連絡下さい。
2018年6月頃にこちらから申込書を郵送致します。
http://www.urakasumi.com/contact/
※第20期は第19期の抽選に漏れた方を優先致します。
※定員を超えた場合、先着ではなく抽選となります。
※一般消費者の方を対象としたセミナーとなります。

「本醸造しぼりたて 浦霞」本日発売!


こんにちは。企画課の笠原です。

浦霞の宮城県限定の新酒「本醸造しぼりたて 浦霞」が本日 11月16日(木)発売となりました。
※地域や店舗により発売日は異なります。

161125.jpg

本醸造しぼりたて 浦霞(宮城県限定/季節限定商品)
希望小売価格 1.8L 2,540円(税抜)/720ml 1,220円(税抜)
香り高く、ほどよく旨みののった、すっきりと飲みやすい生酒。


本商品は昭和58年から発売しており、今回35回目の出荷となります。
発売当初から長年お取扱を頂いております酒販店様を代表して4店舗ご紹介致します。

各店舗様、発送も承っておりますので、ご来店が難しい方はお電話にてお申込下さい。
詳細につきましては、直接各店舗様にお問合せ下さい。


熊久商店 様
 宮城県塩竈市本町11-5
 TEL 022-362-0441

熊谷典久社長
「『生の誘惑』の季節です。
『しぼりたての真打ち』登場。
『しぼりたて 浦霞』、是非ご賞味下さい。」

171116_04.jpg


株式会社佐々留商店 様
 宮城県塩竈市北浜1-5-35
 TEL 022-365-0105

佐々木恒芳社長
「毎年案内を楽しみに待っているお客様が全国に沢山いらっしゃいます。
一番長い人は35年前の発売当初からずっと変わらずに注文をくださいます。
今いるお客様の次の代にも受け継いでいただけたら嬉しいですね。」

171116_01.jpg


株式会社むとう屋
 http://www.mutouya.jp/
 宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂23
 TEL 022-354-3155

佐藤華子店長
「"宮城の新酒"といえば『しぼりたて 浦霞』。
発売当初より毎年全国のお客様からご愛顧頂いています。
いつも美味しくブレないお酒。
今年の新酒も楽しみです。」

171116_02.jpg


株式会社カネタケ青木商店
 https://www.aokisake0711.com/
 宮城県仙台市太白区鹿野1-7-16
 TEL 022-247-4626

青木典子役員、青木康浩社長
「浦霞商品の中で造りが始まって1発目に出てくる生酒。
『今年の浦霞はどんな味を提供してくれるのかな』
とワクワク感と期待感で幸せな気持ちになります。
1番最初の封切り、皆さん一緒に堪能しましょう。」

171116_03.jpg


35周年を迎えた今年も是非、旬の味わいをご賞味下さい。

上記4店舗以外のお取扱店様もご紹介致します。
また、全国への発送も承っております。
下記までお気軽にお問合せ下さい。

・浦霞醸造元 株式会社佐浦 TEL 022-362-4165
・お問合せフォーム http://www.urakasumi.com/contact/

「本醸造しぼりたて 浦霞」仕上げ中!


こんにちは。企画課の笠原です。

11月16日(木)発売の「本醸造しぼりたて 浦霞」の仕上げに入っております。
地域や店舗により発売日は異なります。


161125.jpg

本醸造しぼりたて 浦霞(宮城県限定/季節限定商品)
希望小売価格 1.8L 2,540円(税抜)/720ml 1,220円(税抜)


171113_01.jpg

171113_02.jpg


171113_03.jpg
製造を担当した矢本蔵杜氏 赤間のコメント

===
ハリがあってキレのある酒質を目標とし、3~4℃に冷却した水を洗米と浸漬に使用するなど、寒造りと変わらぬ環境で丁寧に醸造しました。
キリッと冷やして楽しんでいただくことを想定し、しっかりと力のある麹を造ることでお酒の旨味を実現。
今年の味わいは、果実様の香りが豊かでトロリとした甘味とキレのあるお酒に仕上がったと思います。
冬の訪れとともにお届けする宮城県限定の新酒をどうぞご賞味ください。


お取扱店様等、お問合せは下記までお願い致します。
・浦霞醸造元 株式会社佐浦 TEL 022-362-4165
・お問合せフォーム http://www.urakasumi.com/contact/

「TOUCH CLASSIC」酒器モニター会を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。

先日、有限会社 東北工芸製作所様協力のもと「TOUCH CLASSIC(タッチクラシック)」酒器モニター会を弊社にて開催致しました。
東北工芸製作所様は宮城県の伝統的工芸品「玉虫塗」の製造元として有名であり、震災後に新シリーズ「TOUCH CLASSIC」を国内外で展開しています。

>>有限会社 東北工芸製作所様 http://www.t-kogei.co.jp/

171103_12.jpg
新シリーズ「TOUCH CLASSIC」


今回はその「TOUCH CLASSIC」の酒器を使って、浦霞のお酒4種類をきき酒して頂き、感想をお伺いしました。
モニター会の様子を簡単に報告致します。

==
日時:2017年11月3日(金・祝)10:30~12:15
場所:本社蔵 事務所
参加者 :「うらかすみ日本酒塾」卒業生 10名
※塾生会セミナー参加者の中から希望者10名にて開催


東北工芸製作所様から常務取締役の佐浦みどりさん、事業開発室長の木村真介さんにも一緒に参加(きき酒)して頂きました。

171103_04.jpg

171103_11.jpg
「TOUCH CLASSIC」と清酒グラスで比べてもらいました。

171103_10.jpg

きき酒して頂いたお酒は4種。写真左から
からくち 浦霞
特別純米酒 生一本 浦霞
純米吟醸 浦霞禅
大吟醸 浦霞


お酒は参加者同士で注ぎ合って頂き、片口の触り心地も体験して頂きました。

171103_03.jpg

皆さん真剣に取り組んで頂きました。
171103_01.jpg

171103_02.jpg


きき酒終了後、東北工芸製作所 佐浦さんから会社概要を説明頂きました。

==
「玉虫塗」は1932年国立工芸指導所( 産業技術総合研究所 東北センター)により生み出された特許技術で、海外市場も意識した「あでやかな光沢」と「華やかな色調」が特長。
木地のほか、ガラス、樹脂、金属、紙など様々な素地に塗工しているとのことです。


171103_05.jpg

続いて木村さんから「TOUCH CLASSIC」の説明を頂き、そのまま
参加者から感想や質問を発表頂き、お応えしながら進めました。

171103_06.jpg

新シリーズ「TOUCH CLASSIC」の特長
==
TOUCH CLASSICのグラスはうすはりの製造元として有名な松徳硝子。
素材となる松徳硝子とも連携を取り、最適な重さと口当たりも追求。
玉虫塗の色味は伝統的な赤や緑ではなく、深い濃紺。
宮城の自然をイメージした特殊なグラデーションはモダンでありつつ伝統の奥深さも感じさせてくれる。

171103_07.jpg

どのお酒を「TOUCH CLASSIC」で飲んだ時に美味しく感じたか挙手をお願いしたところ、
純米吟醸 浦霞禅」5人
大吟醸 浦霞」5人
となり、皆さんからは「吟醸酒以上のお酒に向いている」との声がありました。

「手入れの方法は?」「結婚式やホームパーティーに向いている」など活発な意見交換会となりました。

最後、アンケートをご記入頂き、終了。
171103_08.jpg

アンケートから一部抜粋
==
・デザイン、フォルムが非常に素敵。
・清酒グラスに比べ、口紅の後が見えにくいので良い。
・デザインが良く重量感があって持ちやすく安定している。
・見る角度によって表情が変わって楽しい。
・お酒の入る量で中の見た目の印象が全然違う。
・清酒グラスに比して鼻がグラスの中にすっと入って香りを感じやすい。
・お酒を注いですぐ飲むのではなく時間をかけてじっくり飲むのに良い。長く入れておくと旨味が増した。
・友人のお祝いの記念日とかに使いたい。

皆さん、ありがとうございました!
171103_09.jpg