うらかすみ便り

「藻塩焼神事」が執り行われました


こんにちは。企画課の笠原です。

毎年、7月4、5、6日は弊社本社蔵にほど近い御釜神社で「藻塩焼神事」が執り行われ、今年も開催されました。

鹽竈神社の境外末社・御釜神社では、毎年7月4日から6日迄の3日間御祭神・塩土老翁神にゆかりの「藻塩焼神事」が斎行されます。
この神事では、海藻を用いて濃度の高い塩水(鹹水)を作り、これを煮詰めて塩を作る一連の行程が儀礼として再現されます。
古代の製塩方法を伝える神事として宮城県の無形民俗文化財に指定されています。
御釜神社には塩土老翁神が製塩に用いたと伝えられる4口の神釜が奉安されています。
この神釜は世に異変があるときに水の色が変じるとされ江戸時代には水の色が変化すると藩へ報告がなされていました。
※鹽竈神社HPより http://www.shiogamajinja.jp/


【7月4日 藻刈神事】
隣町の七ヶ浜町花淵浜沖に神事船を出し、ホンダワラと呼ばれる海藻を刈り取ります。

【7月5日 水替神事】
松島湾釜ヶ淵より満潮時の潮水を汲み、神釜の水を入れ替えます。
170706_1.jpg



そして、本日7月6日は【藻塩焼神事】です。
製塩用鉄製平釜の上に竹の棚を設け、ホンダワラを広げた上から海水を注ぎ、これを煮詰めて塩を作ります。

170706_2.jpg

今日は梅雨の中休みで晴天に恵まれ、多くの方が集まりました。

まずは、平釜の上に竹の棚をのせてホンダワラを広げます。
170706_3.jpg

そして、その上から海水を注ぎます。
170706_4.jpg


火打ち石で釜に火をつけたら、竹の棚をはずし、榊でお祓いをします。

170706_5.jpg

170706_6.jpg


神職の方々はアクを取りながら釜の海水を煮詰めていきます。
このアク取りでは、釜のアクを取りつつ「悪」も取っているそうです。

170706_7.jpg


170706_8.jpg

火をつけて、約1時間30分後、少し灰色がかった藻塩が出来上がりました。

170706_9.jpg

出来上がった藻塩が供えられ、神事が終了すると、弊社のお酒も含めた御神酒や藻塩が参拝者にも配られました。

170706_10.jpg

塩釜は、7月10日(月)の鹽竈神社例祭、7月17日(月・祝)のみなと祭と夏のお祭りはまだまだ続きます。
せひ塩釜へ遊びにいらしてください!

「浦霞 厳選 初呑み切り酒」本日発売!


こんにちは。企画課の笠原です。

酒蔵がお酒の熟成状態を確認するために行う行事「初呑み切り」というものがあります。

6月6日、日本名門酒会 宮城支部加盟店の皆様にお集まり頂き、弊社が用意した4アイテムを「初呑み切り」と同様、七夕頃に程よく熟成して美味しくなるお酒をテイスティングして厳選して頂きました。

170606_3.JPG

「浦霞 初呑み切り」当日(6/6)の様子はこちらをご覧下さい。
http://www.urakasumi.com/tayori/2017/06/post-448.html


そのお酒が「浦霞 厳選 初呑み切り酒」として、本日発売の運びとなりました。
初呑み切りイベントにご参加頂きました酒屋さんでしか買えない限定品です。
とっておきの七夕酒として、どうぞお楽しみください。

170706_01.jpg
170706_02.jpg

地元塩竈市の(有)佐精様 にも販売頂きます

(有)佐精様
宮城県塩竈市尾島町22-3 TEL 022-367-1181


お取扱い店様については、こちらをご覧ください。
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=3581
※「浦霞 初呑み切り」にご参加頂いた日本名門酒会 宮城支部加盟店様限定となります。
※弊社店舗「浦霞 酒ギャラリー」では販売致しません。


また、「浦霞 厳選 初呑み切り酒」をはじめとする試飲即売会を下記のとおり行います。
是非お立ち寄りください!

7月14日(金)~16日(日)10時~19時
藤崎 地下1階 和洋酒売場
仙台市青葉区一番町3-2-17 TEL 022-261-5111
http://www.fujisaki.co.jp/

【販売予定銘柄】
・浦霞 厳選 初呑み切り酒 (日本名門酒会宮城支部加盟店限定)
純米夏酒 浦霞(季節限定)
純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさわ)(宮城県限定
純米原酒につけた浦霞の梅酒
・その他

「第70回塩竈みなと祭」 7/16(前夜祭)17(本祭) 開催


こんにちは。企画課の笠原です。

今年も「第70回塩竈みなと祭」が開催されます。
7月16日(日)の前夜祭では花火大会が行われ、昨年よりも1000発増やした約8000発の花火が塩釜港に浮かび上がります。
17日(海の日)本祭
では、志波彦神社 鹽竈神社の御神輿を奉安した御座船「龍鳳丸」と「鳳凰丸」が、100隻余りのお供船を従えて日本三景松島湾を巡幸します。
陸上パレードで市内全体が一気に盛り上がり、重さ1トンのお神輿が皆に見送られながら、神社202段の階段を粛々と上り、神社に戻る様は感動的です。

170701_01.jpg

そして、17日の本祭にあわせ、店舗「浦霞 酒ギャラリー」前では振る舞い酒を行う予定です。
日時:7月17日(海の日)15:00~16:00の間(予定)
場所:店舗「浦霞 酒ギャラリー」前

※振舞い酒の提供時間が変更することもございます。予めご了承下さい。
※店舗「浦霞 酒ギャラリー」も営業しております。お気軽にお立ち寄り下さい。
※未成年者、お車でお越しの方への振舞い酒の提供は致しておりません。
※免許証等で年齢確認をさせて頂くことがございます。
※当日は会場周辺で交通規制が行われますのでご注意願います。

(昨年の様子)
170701_02.jpg


また、(株)一ノ蔵酒類販売様の敷地において「一ノ蔵」様、「阿部勘」様、弊社の3社で振る舞い酒とそのお酒のショット売りを行います。
こちらも是非お越し下さい。

日時:7月17日(海の日)11:00~17:00
場所:(株)一ノ蔵酒類販売様(塩竈市宮町3-25)
参加蔵元:一ノ蔵、阿部勘、浦霞
主催:塩釜海道まちづくり研究会

170701_03.jpg

7/16、17は「夏」を満喫しに、塩竈へお越し下さい!

====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅から徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
営業時間 10:00~17:00
※7月16日(日)は休業日です。
※7月17日(月・祝)営業致しますが蔵ガイドはお休みします。

「純米夏酒 浦霞」が飲める店


こんにちは。企画課の笠原です。

季節商品が飲めるお店を紹介しているコーナー。
今回は6月中旬より発売している「純米夏酒 浦霞」(季節限定)
が飲めるお店(仙台市内)を弊社営業部の中村がご紹介致します。

(1)「土井親方のこだわり料理 縁」様
http://kodawari-en.com/
TEL 022-263-1030
宮城県仙台市青葉区大町2-13-9 幸田ビル 1F
 地下鉄東西線「大町西公園駅」より徒歩約6分

170630_02.jpg


仙台の料理界の中でも、押しも押されぬ重鎮の土井親方のお店。
出汁がでしゃばらず、文字通りいい塩梅なんですわ。
いつ食べても安心できるというか、ホッとしますねえ。
その出汁をたっぷりと含んだ自慢の出汁巻き玉子はオーダー必須です。
旬を迎えつつあるカツオの刺身も、角がピンと立って美しいなあ。
奥様と二人三脚で切り盛りされる店内は、いつも常連さんでいっぱい。
今日は、その常連さん方にも純米夏酒を振る舞わせていただき、楽しく賑やかに時間が過ぎてゆき
ました。


(2)「和食と天ぷら ぜふ」様
TEL 022-268-8485
宮城県仙台市青葉区国分町2-1-20 うめはらビル2F
 地下鉄南北線「広瀬通駅」より徒歩約7分
 地下鉄東西線「青葉通一番町駅」より徒歩約6分

170630_01.jpg


ねこ舌のこちらにとって、揚げ物とは諸刃の剣。
大好きなのだが、舌は焼け、口中は切れるという厄介なシロモノである。
しかしながら、天ぷらときたら、それこそ池波正太郎センセがエッセイの中で「親の敵にでも会ったように揚がるそばからかぶりつくようにして食べなきゃならぬ」である(笑)。
塩で食べると上品な感じだけど、天つゆにどっぷりとつけても食べたいな~
おお、なんとも粋な職人さんが一品一品テーブルまで運んでくれますよ。
ほんのりと中だけ火を入れたホタテが甘いわ~。
才巻きはもちろん、旬の野菜も美味いわ~。
もちろん、アナーキストのこちらとしては、穴子の一本揚げをオーダーせねばならぬ。
そして、一緒に楽しむ「純米夏酒 浦霞」が口の中の油をサラリと洗い流してくれるのだよ。

※アナーキスト 本来の意味は無政府主義者



「和食と天ぷら ぜふ」様からイベント開催のお知らせ
===
夏彩の賞味会 ~浦霞 夏酒と一緒に楽しむ会~【要予約】

開催期間:7月24日(月)~31日(月)※毎日開催
時間:
月~木 17時~1時(L.O.24時半)
金・土 17時~3時(L.O.2時半)
日・祝 17時~24時(L.O.23時半)
お一人様 5,400円(税・サ込み)
献立一例
先付 真つぶのずんだ和え
御造 がぜうに、かつお、白身
焼物 仙台名物厚切り牛たん、浅漬け、味噌南蛮
冷し煮物 夏野菜・穴子有馬煮・南瓜ソース
揚物 天ぷら、海老、ホタテ、アスパラ
酢物 金華山沖 毛ガニ酢
御食事 冷しあかもくうどん
2時間飲み放題付き

※2名様~受付
※仕込み状況により内容が変更となる場合がございます
※御予約のお客様全員に自家製とり味噌プレゼント

お問合せ、お申込
和食と天ぷら ぜふ
電話:022-268-8485

夏限定のお酒「純米夏酒 浦霞」を「土井親方のこだわり料理 縁」様、「和食と天ぷら ぜふ」様でお楽しみ下さい!

宮城県岩出山の佐藤農場さんへ行ってきました


こんにちは。企画課の笠原です。

純米原酒につけた浦霞の梅酒」に使用している梅の実の生産者「佐藤農場」さん(宮城県大崎市岩出山)に、今年も無事梅酒を発売できた御礼と今年の梅の実の状況をお伺いしに行って参りました。

170626_01.jpg

170626_03.jpg

今年も元気な姿でお出迎え頂いたのが佐藤農場の佐藤光一社長。
実際に畑の梅の木を見ながら今年の梅の実の生育状況をお伺い致しました。

170626_02.jpg
佐藤農場 佐藤光一社長


今年は温度が高い日が少なく、日差しがある日でも温度はさほど上がらず、梅の実の生育が遅いそうです。
また風が特に強く、風が吹き抜けるところにある木の葉先はもぎとられているそうです。
このような天候や風は近年にはない状況だと佐藤社長も心配そうでした。

弊社に納品頂ける梅の実(白加賀)はこの後気温が上がって、実が大きくなり、色もついたら一気に収穫するそうです。
天気予報を見ると、気温が高い日が続くようです。

来年も美味しい梅酒を皆様にお届けするためにも、気温の高い日が続き良い梅が出来ることを願っています。

佐藤農場の皆さん、よろしくお願い致します!
今年もありがとうございました。

170626_05.jpg
左:佐藤農場 佐藤光一社長
右:梅酒担当の研究開発室 課長 渡邉


170626_06.jpg

liqueur_ume.jpg
純米原酒につけた浦霞の梅酒

お取扱い店様につきましては、下記までお問い合わせください。
メール http://www.urakasumi.com/contact/
電話  022-362-4165