うらかすみ便り

まもなく夏酒登場!只今仕上げ中


こんにちは。企画課の笠原です。

5月に気象庁が発表した6月からの向こう3か月の天候見通しでは「全国的に暖かい空気に覆われやすく、向こう3か月の気温は高い」と。
今年の夏は各地で平年並みか高いところが多く、どうやら長く、暑い夏になるようです。

あちらこちらで「涼」を求めるコトになりそう。
そんな時の日本酒のセレクトに「夏酒」をオススメします!

浦霞の夏酒「純米夏酒 浦霞」は現在仕上げに入っており、6月15日(金)発売致します。
※地域や店舗により発売日は異なります


今年のお酒の仕上がり具合を製造責任者の矢本蔵 赤間杜氏に聞いてみました。

180613_01.jpg

Q.どのようなイメージで酒造りに挑みました?

赤間
「『夏酒』なのでキリッと冷やして楽しむ事、暑さが和らいだ夕暮れ時にあっさりとした肴でゆったりと流れる時間と雰囲気を楽しめるお酒をイメージしました。
今年の純米夏酒は、ほど良い香りと柔らかでさらりとしたお酒に仕上がったと思います。

Q.納得のいく逸品に仕上がった、その裏付けは?

赤間
原料米について
「宮城県産米『まなむすめ』を100%使用していますが、今年は、昨年に比べて醪が溶けやすい米質でした。

醪の段階で米が溶けすぎると、お酒の味が重くなり過ぎてしまう。そうすると、自分の描く『夏酒』のイメージから離れてしまう事が心配でした。
なので、洗米・浸漬に使用する水の設定温度まで細かく決めて、醪工程では低温で米が溶けすぎぬよう細心の注意を払いました。」

酵母について

「また、酵母が死滅することで香りやアミノ酸の増加に影響を及ぼす事も考えて、生き物である酵母が最後まで健全であるように醪管理を徹底しました。
酵母の種類は数ある自社酵母のなかでも酒の肴を邪魔しない、ほんのりとバナナのような果実香を有する酵母を選択して仕込みました。」

水について
「矢本蔵の仕込み水は軟水で醪日数は長期になりますが、柔らかなお酒に仕上げることができました。

是非とも浦霞の『純米夏酒』でうまい肴と合わせて、暑い夏を楽しく乗り越えて欲しいと思っています。」

180613_02.jpg


赤間の様子からは、商品に対する愛情と品質への自信の現れに感じました!
商品設計と造りが見事に決まった、蔵元オススメの逸品「純米夏酒」は6月15日(金)発売です。
※地域や店舗により発売日は異なります


160708.jpg
季節商品 「純米夏酒 浦霞
1.8L 2,400円(税抜)/720ml 1,150円(税抜)
爽やかで軽快な甘みと米の旨味が感じられる、夏にぴったりの味わいです。

販売店に関するお問い合わせは下記までお願い致します。
・浦霞醸造元 株式会社佐浦 TEL 022-362-4165
・お問合せフォーム http://www.urakasumi.com/contact/

「浦霞 初呑み切り」を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。
6月5日、弊社にて「浦霞 初呑み切り」を開催致しました。

180605_001.jpg

日本名門酒会 宮城支部に加盟する28店の酒販店から41名にご参加いただきました。
そのイベントの様子をご紹介いたします。


■「呑み切り」とは?■
搾られてタンクで貯蔵熟成されたお酒を、タンクから抜き出してテイスティングし、健やかに熟成しているか、色、香り、味などを見る品質検査を行うことを指します。
お酒を抜き出すときに、貯蔵タンクの出口である「呑み口」を「切る」ことから、その年初めての呑み切りを「初呑み切り」と呼んでいます。
(日本名門酒会 公式サイトより引用)


日本名門酒会 宮城支部加盟店の皆様と行うこの「浦霞 初呑み切り」は、弊社が選んだ4つのタンクのお酒をきき酒して、七夕頃に飲み頃になると思われるお酒を投票でひとつ選び、7月に「浦霞 厳選初呑み切り酒」として発売する、という企画です。
今年で6回目の開催となりました。


180605_002.jpg

まずは小野寺杜氏より、今年の米質やお酒の味わいの傾向について説明を受け、早速一回目の「呑み切り酒」選定に入りました。
まずは4種類をきき酒し、その中から良いと思った2種類のお酒を選んでいただきました。


180605_007.jpg

きき酒中の皆様は真剣そのもの。


180605_004.jpg

きき酒終了後、投票用紙に良いと思った2つのお酒の番号を記入していただき、回収してすぐに開票作業へと移りました。


180605_005.jpg

スタッフが読み上げる番号を、「正」の字を書いて数えていきます。
1回目の結果は・・・・

180605_006.jpg

2位が僅差で最後までハラハラどきどきしましたが、1票差で2番のお酒が2位につけました。
2番と4番のお酒で決選投票に移ります。

この2種類のお酒を、A、Bと振り分け直し、改めてきき酒をしてもらいます。

180605_003.jpg

お酒販売のプロの皆様に喜ばれるのはどっちの酒か・・・

180605_008.jpg

最終投票は一人1票です。

そして、緊張の最終投票の開票!

結果は・・・

180605_009.jpg

Bのお酒でした!
中身は、1回目の投票でも1位となった4番のお酒です。

こちらのお酒をさらに熟成させ、7月6日に「浦霞 厳選 初呑み切り酒」としてご参加頂いた酒販店様限定にて発売致します。

180605_011.jpg


初呑み切りが終わった後、皆様と「商売繁盛」を祈願して、鹽竈神社と志波彦神社を参拝しました。

180605_010.jpg

どんなお酒が選ばれたのか、ぜひ皆様の舌で確かめてみてください!
商品の詳しい情報と買えるお店は、発売が近づきましたらお知らせいたします。

加盟店の皆さん、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました!

「第14回 浦霞ほろ酔い寄席」を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。

6月3日(日)に秋保温泉「伝承千年の宿 佐勘」さんにて古典落語の本格派三遊亭鳳楽師匠の落語と浦霞をお楽しみ頂く「第14回浦霞ほろ酔い寄席」を開催致しました。

==
日時: 2018年6月3日(日)15:00~19:30頃
場所: 仙台 秋保温泉 伝承千年の宿 佐勘
内容: 三遊亭鳳楽 独演会/師匠を囲んでの浦霞を楽しむ会



第1部 三遊亭鳳楽 独演会

180603_1.jpg

今回の演目は、
◎酢豆腐
◎町内の若い衆
◎ねずみ穴

【酢豆腐】
なんでも知ったかぶりをする若旦那が近所の人に腐った豆腐を食べさせられ「これは酢豆腐といいます」と答える。「もう一口いかが」と言われて「酢豆腐は一口に限りやす」というお話。
この落語から、知ったかぶりする人を「酢豆腐」というようになったという。

【町内の若い衆】
家を増築した兄貴分の奥さんに「兄貴は働き者ですね」と褒めたところ「町内の若い衆が寄ってたかってこさえてくれたようなもん。」と謙遜する。それを聞いて感動した熊公は八五郎に頼んで自分の奥さんならどんな受け答えをするか試してもらう。「この物価高に赤ん坊をこさえるなんてさすが熊公は働き者だ」。すると熊公の奥さんは「うちの人の働き一つでこんなことができるものですか。言ってみれば、町内の若い衆が寄ってたかってこさえてくれたようなもんですよ」

【ねずみ穴】
兄から借りた三文を元手に商売を始め、蔵を三つ持つまでになった竹次郎が、借りた三文と利息分二両を返しに兄のもとへ。その夜、ねずみの穴から蔵に火が入り三つの蔵全てが燃える。全財産を失い自殺しようとするところで夢から覚める。「ねずみ穴が気になって」という竹次郎に、兄は「夢は五臓(土蔵)の疲れだ」という。


180603_2.jpg

鳳楽師匠の噺に引き込まれ、あっという間に2時間が過ぎました。
続いて、会場を移して懇親会へ。


第2部 師匠を囲んでの浦霞を楽しむ会

180603_7.jpg

大吟醸 浦霞」で乾杯の後、佐勘さんの美味しいお料理とともに「浦霞」をお楽しみ頂きました。
また、鳳楽師匠が各テーブルを回り皆さんと交流、アットホームな雰囲気で盛り上がりました。

180603_3.jpg

会の後半には、社長佐浦と鳳楽師匠に抽選して頂いて、宮城県限定商品「純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさわ)」や乾杯酒の「大吟醸 浦霞」などが当たる抽選会を開催。
鳳楽師匠からは、扇子や手ぬぐい、色紙の師匠オリジナルのグッズを提供して頂きました。


180603_4.jpg

最後は、「三本締め」でお開き。
お客様の中に、お相撲好きで拍子木を持っている方がいらっしゃいましたので、拍子木を打って頂きました。

180603_5.jpg

会の中では師匠の小咄もあり、始終笑顔に包まれた会となりました。
ご参加いただいた皆様、鳳楽師匠、佐勘さん、ありがとうございました。

180603_6.jpg

2018年度KURA MASTERで「純米酒 浦霞」金賞受賞


こんにちは。企画課の笠原です。

先日「KURA MASTER」の2018年度受賞酒が発表されました。
弊社は、純米酒部門で「純米酒 浦霞」が金賞を受賞致しました。

180605_7.jpg
 純米酒 浦霞


「KURA MASTER」とは
フランスで2017年から開催されている日本酒のコンクール(品評会)です。
これまで様々な日本酒のコンクールが存在しますが、これはフランス人によるフランス人のためのフランスの地で行う、日本酒のコンクールでフランス市場における日本酒をアピールする場となっています。

「KURA MASTER」公式サイト
https://kuramaster.com/


これもひとえに皆様のご愛顧・ご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。

今後も杜氏はじめ蔵人一同、より一層の高品質の酒造りを目指して努力を重ねて参ります!

2018年春季全国酒類コンクールで「第1位特賞」等受賞


こんにちは。企画課の笠原です。

先日2018年春季全国酒類コンクールが開催されました。

「全国酒類コンクール」は、全日本国際酒類振興会主催による民間最大級のお酒のコンクールです。
年2回(春季、秋季)開催され、日本酒やワインなどの10部門で審査が行われました。

この中で弊社は3つの部門で受賞することができました。

====
吟醸・大吟醸部門
エクストラ大吟醸 浦霞 第1位特賞

180605_4.jpg
180605_1.jpg

====
本醸造部門
本仕込 浦霞 第1位

180605_5.jpg
180605_2.jpg


====

純米酒部門
純米辛口 浦霞

180605_6.jpg
180605_3.jpg

3部門で受賞ができ、これも皆様のご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。
今後ともどうぞ「浦霞」をよろしくお願い申し上げます。

====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
営業時間 10:00~17:00