うらかすみ便り

「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」が飲める店(多賀城市編)


こんにちは。企画課の笠原です。

9月9日より発売している「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」、お飲み頂けましたでしょうか?
今回は「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」が飲めるお店(多賀城市内)を弊社営業部の坂西がご紹介致します。

店名 『晩酌 晩飯処五十集屋(いさばや)』
住所 〒985-0874 宮城県多賀城市八幡3-12-30コーポまさみ1F
最寄りの駅:JR仙石線多賀城駅徒歩6分
電話番号:022-362-3245


「晩酌 晩飯処五十集屋」さんは、弊社HP内「浦霞が飲める店」にて2015年05月に取材し、掲載しているお店です。

「晩酌 晩飯処五十集屋」さん紹介ページ
http://www.urakasumi.com/shops/2015/08/post-33.html

181001_01.jpg


今回「脂の乗った秋刀魚や旨味のある鰹が入荷したよ!」の話があり、頂きに行ってきました。
店内に入ると親方含め従業員の皆さんがカウンターの隙間から顔を出して「いらっしゃいませ!!」と威勢の良い挨拶。
席に座り、早速注文!
今回は、沢山あるメニューの中から秋三昧で、鰹、鮪、秋刀魚のお刺身と、秋刀魚の塩焼き、きのこのチーズオムレツ、栗の唐揚げと満腹コース。
もちろん肴に合わせたお酒は「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」。

181001_04.jpg
鰹、鮪のお刺身

181001_07.jpg
秋刀魚のお刺身

鰹のお刺身は、ふわっとした身から出る旨味とひやおろしの旨味と良く合います。
鮪も秋刀魚も程良く乗った脂の旨味とひやおろしの旨味が良くあい、秋刀魚は酢味噌で頂くと、酢味噌の酸味と甘味がひやおろしと相性抜群で自然とニンマリ。


181001_05.jpg
秋刀魚の塩焼き

秋刀魚の塩焼きは、熱いうちに焦げ目のついた皮と身を一緒に醤油も大根おろしもつけすそのまま頂く。
口の中は熱くて大変ですが、香ばしい秋刀魚本来の味わいがたまらないところへ、冷えたひやおろしを投入。
少し焦げた皮の苦みと白身のほんのり塩味がまた良くあいます。
秋刀魚の通な部分腑。食べると苦いですが、ひやおろしと合わすと、あら不思議!苦みが消えてすっきり!さっぱり!美味しい!!一度試してみてください。


181001_02.jpg
きのこのチーズオムレツ

きのこチーズオムレツは、濃厚なチーズとキノコの旨味が利いていて大変美味しいですが、美味しいだけにひやおろしのペースが進みます。
添え付けの野菜サラダで一息付けましょう。そうしないと飲み過ぎます。


181001_03.jpg
栗の唐揚げ

栗の唐揚げは、親方曰く殻付きの栗を十字に切って、低温で揚げ塩を少々振っただけの料理。
揚げて少々塩を振る事で栗の甘みが増して、しぶ皮もそそまま頂けます。
丁度良い栗の甘さと香ばしさがひやおろしに合い、より栗が甘く感じます。
今回、家の上さんと一緒に行ったのですが、栗の唐揚げ絶賛でした。
栗の唐揚げ食べる際の注意事項ですが、酔いが回って栗の殻まで食べないで下さいね。歯痛めますから。

今回お腹いっぱい頂きましたが、メニュー表を見ると、今回頂けなかった鮎の塩焼きや赤文字で「はらこ飯」があって、親方曰く「五十集屋のはらこ飯を食べると、わざわざ亘理町迄行かなくても済むよ!」との事。
はらこ飯は10月下旬位までメニューとして出しますとの話なので「また、食べに来ます!」と約束をして店を出ました。

今回二人で「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」六合頂きました。

親方お勧めの「はらこ飯」食べに行ってみて下さい!

10/6「史都多賀城 日本酒まつり」に弊社も参加


こんにちは。企画課の笠原です。

10月6日(土)JR仙石線 多賀城駅前公園にて「第2回史都多賀城日本酒まつり」が開催されます。
弊社のほか「阿部勘酒造株式会社」様、「株式会社一ノ蔵」様、「蔵王酒造株式会社」様、「出羽桜酒造株式会社」様が参加致します。
是非お越し下さい!

===
第2回史都多賀城日本酒まつり

日時:10月6日(土) 11:00~19:00
場所:JR仙石線 多賀城駅前公園
主催:史都多賀城日本酒まつり実行委員会
内容:入場無料
・ぐい呑み(200円)又はプラカップ(100円)を購入し、お好みの銘柄を注文
・瓶売り(四合瓶、一升瓶)の場合はプラカップは無料サービス(5個まで)
・おつまみ等のフード販売ブース有り


弊社は「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」(季節限定)、「蔵の華 純米大吟醸 浦霞」(流通限定)、「純米辛口 浦霞」(流通限定)、「本醸造 祝い船 浦霞」を提供致します。

10/1日本酒の日「塩竈の地酒で乾杯!塩竈はしご酒」開催!


こんにちは。企画課の笠原です。

10月1日日本酒の日、宮城県酒造組合塩釜支部(阿部勘、浦霞)では、日本酒造組合中央会主催「全国一斉 日本酒で乾杯!」事業に連動し、「塩竈の地酒で乾杯!塩竈はしご酒」を開催致します。

塩竈市内 18店舗の飲食店さんをはしごしながら、塩釜の食と地酒をお楽しみ頂くイベントです。
是非これを機会に「初めまして!」のお店もお楽しみ下さい!
皆さまのご参加をお待ちしております!

<塩竈の地酒で乾杯!塩竈はしご酒>
日時:10月1日(月)
イベント開催時間 16:00~22:00
※店舗の営業時間は異なります。ご注意下さい。
参加店:塩竈市内 18店舗の飲食店
参加方法:
①スターターセット300円を購入
②セット内のリストバンドを装着して参加飲食店へGO
③お店でリストバンドを提示。
おすすめ一品(有料)をご注文頂くと塩釜の地酒(60ml)1杯をサービス!

詳細はチラシ、または下記Faceobokページをご覧ください。
宮城県酒造組合塩釜支部 Facebook
https://www.facebook.com/shiogamasake1001/

omote.jpg

ura.jpg
※画像をクリックすると拡大画像

9/29(土)0時~10/2(火)9時「全国一斉日本酒で乾杯!2018」開催!


こんにちは。企画課の笠原です。

10月1日は日本酒の日。
今年も「全国一斉日本酒で乾杯!2018」 https://kampai-sake.jp/ が開催されます!

catch_logo.jpg

10月1日「日本酒の日」とは
日本では12種の動物にたとえられるている十二支は、本来は1年の月の記号です。
その10番目にあたる「酉」は、日本では「トリ」と読まれますが、元来壷の形を表す象形文字で、酒を意味しています。
また、10月といえば新米を収穫し、酒蔵が酒づくりを始める季節でもあります。
以前は、酒づくりの季節が10月から翌年9月となっており、酒造年度は「10月1日から」始まっていました。

日本の國酒である日本酒を後世に伝えるという思いを新たにするとともに、一層の愛情とご理解をという願いを込めて、1978年に日本酒造組合中央会が「10月1日は日本酒の日」と定めました。
古来、日本酒は神様にお供えする神聖なものとされてきました。
「乾杯」には、神様の前で人々が心をひとつにする願いが込められています。
伝統を重んじる日本人だからこそ、乾杯は日本酒で!!


参加方法
参加方法は下記の3通り!皆さまのスタイルで参加方法をお選びください。
http://kampai-sake.jp/#join

1.ホームページから投稿
公式ホームページ[乾杯投稿フォーム]から「日本酒で乾杯!」写真を投稿。
※投稿は9/29(土)0:00~10/2 9:00までです。

2.SNSから投稿
Facebook・Twitter・インスタグラムから「#日本酒で乾杯2018」をつけて写真を投稿。
※2018年9月29(土)0:00〜10月1日(月)24:00までの投稿が対象

3.イベントに参加
全国の飲食店、各県酒造組合主催、海外で開催される「全国一斉乾杯イベント」に参加。
イベント情報はこちら
http://kampai-sake.jp/event-list.html


同時開催「#日本酒で乾杯フォトコン2018」
STEP1 インスタグラム「全国一斉日本酒で乾杯!」公式アカウント「
kampai_sake」をフォロー。
STEP2 みんなで日本酒で一斉乾杯している写真を撮る。
STEP3 ハッシュタグ「#日本酒で乾杯フォトコン2018」をつけて写真を投稿する。
STEP4 入選された方にはダイレクトメッセージでご連絡。
※2018年9月29(土)0:00〜10月1日(月)24:00までの投稿が対象


詳細は公式ホームページをご覧ください
「全国一斉日本酒で乾杯!2018」 https://kampai-sake.jp/

将来パティシエをめざす専門学校生とスイーツ開発!


こんにちは。企画課の笠原です。

弊社は、今年4月より仙台コミュニケーションアート専門学校様(仙台市宮城野区榴岡)とコラボレーションし、スイーツ開発を進めています。
これは同校カフェ・パティシエ科2年生の必修科目「企業プロジェクト」(卒業制作にあたるプログラム)として取り組んでいるものです。

==
企業プロジェクトとは
在学中から取り組む実践教育で、いわゆる卒業制作にあたるプログラム。
企業から出される課題に学生たちが応える同校独自の教育システム。
食材やコストに配慮しながら、学生自らが商品/メニューを考案し、採用された商品はこれまで実際に店頭で販売されている。
==

弊社からの課題:『純米原酒につけた浦霞の梅酒』と梅の実を使用したスイーツの商品開発

~企業プロジェクトの流れ~
STEP1 オリエンテーション「課題提供企業について学ぶ」4月
 4月に行った第1回「オリエンテーション」の様子はこちらをご覧ください
 http://www.urakasumi.com/tayori/2018/04/post-517.html

STEP2 企画・試作 4月~9月
 企業のニーズをふまえ、商品コンセプトを立案、企画書作成。
 原価計算しながら試作を重ねる。

STEP3 プレゼンテーション(審査会)9月
 4チーム4作品のプレゼンテーション、および審査会


先日「プレゼンテーション(審査会)」が開かれましたので、そのご報告を致します。

日にち:9月19日(水)
場所:仙台コミュニケーションアート専門学校 第2校舎
審査員:
浦霞醸造元 株式会社佐浦 代表取締役社長 佐浦弘一(審査委員長)
株式会社コンストラクト・モーメント 甘味処 柊 八木雅貴様
ホテルレオパレス仙台 料理長 瀬戸正彦様
仙台コミュニケーションアート専門学校 学校長 濱田敏幸様
作品:
1班 梅とほうじ茶のガレットデロワ
2班 梅のショコラアソート(3種)
3班 塩竈と浦霞のパウンドケーキ
4班 梅のティグレ


まずは濱田学校長から開会のご挨拶、そして4名の審査員の紹介、今回の課題説明がありました。
その後、1チーム7分のプレゼンテーションタイムです。

180919_10.jpg

どの班も緊張しながらも、自分たちの想いや作品のこだわりをしっかりと審査員にPRしていました。
各班のご紹介を致します。


1班 梅とほうじ茶のガレットデロワ
180919_01.jpg
180919_02.jpg

弊社社長 佐浦家の家紋「丸に違い」を大きくあしらったガレットデロワ(フランス菓子)。
丁子はクローブのことであり、クローブパウダーや藻塩、ほうじ茶などを使い、さらに特徴を出して頂きました。
焼き上がりにきれいに家紋が出てくることに苦労したとのコメント。
その課題をクリアし、インパクトのあるスイーツが完成!
クローブの香りと味が印象的でした。ありがとうございました!



2班 梅のショコラアソート(3種)
180919_03.jpg
180919_04.jpg

梅の実の水分が少なくパサパサしていたので、これをいかに加工するかが課題だった。
試行錯誤の末、梅を砂糖漬けにして梅の旨味と風味が詰まったシロップにして工夫されました。
写真ではわかりづらいのですが、左から緑色の「梅エキス入り」のチョコは鹽竈神社の緑・庭園を表し、真ん中の赤色の「梅ジャム」のチョコは鹽竈神社の鳥居をイメージ、右の茶色の「梅酒ボンボン」は浦霞の仕込み蔵をイメージしています。
味も見た目も塩竈を意識して頂き、ありがとうございました!



3班 塩竈と浦霞のパウンドケーキ
180919_05.jpg
180919_06.jpg

塩竈市の市の木は鹽竈桜。そして塩竈は藻塩も有名です。
梅酒・梅の実と桜、藻塩を融合させたパウンドケーキをご提案頂きました。
梅の香りと桜の塩漬けが混ざり、洋菓子なのに和菓子のような味わい。
風味豊かなパウンドケーキでした。ありがとうございました!



4班 梅のティグレ
180919_07.jpg
180919_08.jpg

当初1種類を予定していたが、彩りを出すために抹茶とプレーンの2種類に。
また、中身に梅ジャムの使用を考えたが日持ちがしないため、梅ジャムからチョコレートに変更したとのこと。
金粉が輝き、さらに彩りに工夫が見られました。
いろいろアイデアを出してくれてありがとうございました!



審査員の皆さんも真剣に試食、審査して頂きました。

180919_09.jpg

審査タイムの後、4名の審査員から講評を頂きました。
皆さん「甲乙つけがたかった」と口を揃えておっしゃっており、接戦だったことが窺えました。

180919_11.jpg
浦霞醸造元 株式会社佐浦 代表取締役社長 佐浦弘一(審査委員長)


180919_12.jpg
株式会社コンストラクト・モーメント 甘味処 柊 八木雅貴様


180919_13.jpg
ホテルレオパレス仙台 料理長 瀬戸正彦様


180919_14.jpg
仙台コミュニケーションアート専門学校 学校長 濱田敏幸様


そして、見事優勝したのは、
2班 梅のショコラアソート(3種)
180919_15.jpg


180919_17.jpg
~2班の皆さんの喜びのコメント~
優勝できると思っていなかったのでビックリしました!
チョコレートと梅の実の扱いには本当に苦労したので、それが評価されて嬉しいです。
塩竈のことをたくさん調べて、和(梅)と洋(チョコレート)で表現しました。



180919_16.jpg

最後、全員で記念撮影!
仙台コミュニケーションアート専門学校 カフェ・パティシエ科2年生の皆さん、審査員の皆さん、ありがとうございました!