うらかすみ便り

お中元に浦霞はいかがでしょうか


こんにちは。企画課の笠原です。


お中元の時期となりましたが、贈り物はお決まりですか?
今年の夏は
「浦霞」のお酒をお世話になった方や大切な方に贈りませんか?
弊社店舗「浦霞 酒ギャラリーおすすめのお中元ギフトをご紹介致します。

宮城県地域限定販売商品で、ラベルは仙台市出身の画家 小野寺純一先生に、懐かしい昭和の時代の 塩竈の夏の風景を描いて頂きました。

「浦霞オリジナル 絵画ラベルギフト」
内容:
・純米酒 浦霞 720ml
・からくち 浦霞 720ml
・オリジナルポストカード2枚

170711.jpg
写真(左)港祭りと夏の宵/(右)夕焼け空と夏祭り

※ご注意※
このギフト商品は宮城県地域限定販売商品(塩竈市、多賀城市、松島町、七ヶ浜町、利府町)でございます。

スタッフ一同、皆さまのご来店をお待ち申し上げております。
ご不明な点はお気軽にスタッフにお尋ねください。

====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅から徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
営業時間 10:00~17:00
※7月15日(日)は休業日です。
※7月16日(月・祝)営業致しますが蔵ガイドはお休みします。

「藻塩焼神事」が執り行われました

こんにちは。企画課の齋藤です。

弊社本社蔵にほど近い鹽竈神社の境外末社・御釜神社では、毎年7月4日から6日迄の3日間御祭神・塩土老翁神にゆかりの
「藻塩焼神事」が斎行されます。今年も執り行われました。

この神事では、海藻を用いて濃度の高い塩水(鹹水)を作り、これを煮詰めて塩を作る一連の行程が儀礼として再現されます。

古代の製塩方法を伝える神事として宮城県の無形民俗文化財に指定されています。

御釜神社には塩土老翁神が製塩に用いたと伝えられる4口の神釜が奉安されています。

この神釜は世に異変があるときに水の色が変じるとされ江戸時代には水の色が変化すると藩へ報告がなされていました。

※鹽竈神社HPより http://www.shiogamajinja.jp/

【7月4日 藻刈神事】
隣町の七ヶ浜町花淵浜沖に神事船を出し、ホンダワラと呼ばれる海藻を刈り取ります。

【7月5日 水替神事】
松島湾釜ヶ淵より満潮時の潮水を汲み、神釜の水を入れ替えます。
180706_01.jpg

そして、本日7月6日は【藻塩焼神事】です。

製塩用鉄製平釜の上に竹の棚を設け、ホンダワラを広げた上から海水を注ぎ、これを煮詰めて塩を作ります。
180706_02.jpg


今日はあいにくの曇り空でしたが、雨も降らず、多くの方が集まりました。

まずは、平釜の上に竹の棚をのせてホンダワラを広げます

180706_04.jpg

そして、その上から海水を注ぎます。
180706_06.jpg


火打ち石で釜に火をつけたら、竹の棚をはずし、榊でお祓いをします。

180706_05.jpg

180706_11.jpg


神職の方々はアクを取りながら釜の海水を煮詰めていきます。
このアク取りでは、釜のアクを取りつつ「悪」も取っているそうです。
180706_12.jpg

180706_13.jpg


火をつけて、約1時間30分後、少し灰色がかった藻塩が出来上がりました。

180706_14.jpg


出来上がった藻塩が供えられ、神事が終了すると、弊社のお酒も含めた御神酒や藻塩が参拝者にも配られました。
180706_15.jpg

180706_16.jpg

塩釜は、7月10日(火)の鹽竈神社例祭、7月16日(月・祝)のみなと祭と夏のお祭りはまだまだ続きます。

せひ塩釜へ遊びにいらしてください!

「浦霞 厳選 初呑み切り酒」本日発売!


こんにちは。企画課の笠原です。

酒蔵がお酒の熟成状態を確認するために行う行事「初呑み切り」というものがあります。

6月5日、日本名門酒会 宮城支部加盟店の皆様にお集まり頂き、弊社が用意した4アイテムを「初呑み切り」と同様、七夕頃に程よく熟成して美味しくなるお酒をテイスティングして厳選して頂きました。

180605_004.jpg

「浦霞 初呑み切り」当日(6/5)の様子はこちらをご覧下さい。
http://www.urakasumi.com/tayori/2018/06/post-524.html


そのお酒が「浦霞 厳選 初呑み切り酒」として、本日発売の運びとなりました。
初呑み切りイベントにご参加頂きました酒屋さんでしか買えない限定品です。
とっておきの七夕酒として、どうぞお楽しみください。

180605_011.jpg

お取扱い店様については、こちらをご覧ください。
http://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=3581
※「浦霞 初呑み切り」にご参加頂いた日本名門酒会 宮城支部加盟店様限定となります。
※弊社店舗「浦霞 酒ギャラリー」では販売致しません。


また、「浦霞 厳選 初呑み切り酒」をはじめとする試飲即売会を下記のとおり行います。
是非お立ち寄りください!

7月6日(金)~8日(日)10時~19時
仙台三越 地下1階 和酒売場
仙台市青葉区一番町4-8-15 TEL 022-225-7111
https://mitsukoshi.mistore.jp/store/sendai/index.html
【販売予定銘柄】
・浦霞 厳選 初呑み切り酒 (日本名門酒会宮城支部加盟店限定)
純米夏酒 浦霞(季節限定)
蔵の華 純米吟醸 浦霞(宮城県限定)
大吟醸 浦霞
純米原酒につけた浦霞の梅酒(季節限定)
・その他



7月14日(土)~16日(月・祝)10時~19時
藤崎 本館 地下1階「和洋酒コーナー」
仙台市青葉区一番町3-2-17
TEL 022-261-5111
http://www.fujisaki.co.jp/
【販売予定銘柄】
・浦霞 厳選 初呑み切り酒 (日本名門酒会宮城支部加盟店限定)
純米夏酒 浦霞(季節限定)
・蔵の華 純米大吟醸 浦霞(宮城県限定)
大吟醸 浦霞
純米原酒につけた浦霞の梅酒(季節限定)

日本酒の純米酒に特化したグラス/リーデル『純米』グラス発売中


こんにちは。企画課の笠原です。

店舗「浦霞 酒ギャラリー」では、6月よりリーデル社の『純米』グラスを販売しております。

riedel-jyunmai.jpg
『純米』グラス 3,000円(税抜き)


リーデル社は「同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいが変わる」という事実に着目し、ブドウ品種ごとに理想的なグラス形状を開発してきました。
そして、ワインに限らず、世界各国のお酒が最大限楽しめるグラスの開発にも努めてきました。

2000年には、日本酒の中でも「大吟醸酒」に注目し、その魅力を最大限に引き出す専用グラスを開発致しました。
弊社社長佐浦もその記念碑的な作業に協力致しました。

そして2018年、リーデル社による日本酒グラスの第二弾『純米』グラスが発売となりました。
第一弾の大吟醸グラス開発に携わった蔵元をはじめ(今回も社長佐浦は協力致しました)、日本酒の専門家の方々に協力頂き、約8年の開発期間を経て完成した純米酒のためのグラスです。
大ぶりで横長、飲み口の口径が大きい形状が、純米酒の特徴であるふくよかな米の旨みを引き出し、柔らかくクリーミーな質感を口中に長く留めます。


純米酒に特化したグラス『純米』グラス、店舗「浦霞 酒ギャラリー」で好評発売中です!


====
浦霞 酒ギャラリー
宮城県塩竈市本町2-19 >>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅から徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他臨時休業日有り
営業時間 10:00~17:00
※7月15日(日)は休業日です。
※7月16日(月・祝)営業致しますが蔵ガイドはお休みします。

夏酒のオススメの飲み方教えます!


こんにちは。企画課の笠原です。

毎日暑い日が続きますね。
外の暑さ、建物や電車の中の冷房の効いた室温、寒暖の差で体調を崩す人も多いようです。
私はこの時期、温度差対策にカーディガンが欠かせません。

そして、もう一つ、日本酒を飲む温度も工夫をしています。
それは、暑い時こそ「燗酒」!

180704.jpg

季節商品「純米夏酒 浦霞
http://www.urakasumi.com/items/2014/08/post-37.html


今発売中の季節商品「純米夏酒 浦霞」は「冷やして」「常温」でもお楽しみ頂けますが、意外にも夏のお燗酒もおすすめ。
冷房で冷え切った身体は夏バテしてしまいます。
こんな時は、お燗酒がGOOD!
お燗酒が血液循環を促し、冷えた身体を内側から温めてくれます。
また、冷酒だと酔いを感じるまでに時間差が生じますが、燗酒ならスムーズに吸収されるため、身体の調子に合わせて楽しむ事が出来ます。

参考文献/日本酒造組合中央会ホームページ
http://www.japansake.or.jp/sake/kanzake/page-4.html


暑い時こそ、お燗酒。
皆さんも今宵いかがですか?