うらかすみ便り

SAKE - selection - にてプラチナ賞を頂きました!

こんにちは!企画課の尾形です。
弊社商品「大吟醸 浦霞」が2018年10月に三重県で開催されましたSAKE - selection - にてプラチナ賞を受賞しましたのでご報告致します。

SAKE - selection - https://sakeselection.jp/ とは、ブリュッセル国際コンクール(Concours Mondial de Bruxelles)が新たに設けた日本酒部門のコンクールです。このブリュッセル国際コンクールは「世界のワインとの出会いの場」とも言われるワインコンクールで55カ国から1万本以上もの出品があり、今年で25年目を迎える歴史あるワインコンクールのひとつです。

また、このコンクールはベルギー連邦政府経済省の後援のもとで行われ、公正かつ一貫性のある審査が支持されてきました。その歴史と権威あるコンクールが世界中の専門家35名を出品酒の審査員として選び抜き、日本酒の醍醐味を広く知って頂くために今年初めて日本酒部門のコンクールを開催致しました。

弊社商品は、本コンクール初開催初出品で以下の通り受賞いたしました!

・吟醸酒の部 大吟醸 浦霞プラチナ賞
d-ginjo_daiginjo.jpg

SAKE selection_The Platinum MedalBLOG.jpg

 

・純米吟醸酒の部 「純米吟醸 浦霞禅」ゴールド賞

j-ginjo_junmai.jpg

SAKE selection_The Gold Medal(Junmai Ginjo)BLOG.jpg

・純米酒の部 「特別純米酒 生一本 浦霞」ゴールド賞
181129.jpg

SAKE selection_The Gold MedalBLOG.jpg

今回このような栄えある賞を受賞し大変光栄に存じます。
これもひとえに皆様のご愛顧・ご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。

今後のスケジュールとしては、以下のような催しがありますのでまたブログなどでお知らせ出来たらと思います!
2018年11月21日(水)15:00~ 表彰式 (駐日ベルギー王国大使館)
2018年12月6日(木)プレスランチin NY
2019年2月7日(木)15:30~ トロフィー受賞セレモニー(ブリュッセル市庁舎)
2019年2月11日(月)-13日(水)受賞酒展示・商談会(パリ)

「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」が飲める店(塩竈編)

こんにちは企画課の尾形です。
「ひやおろし」がますます美味い季節になりました。9月9日より発売しております「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」が飲めるお店(塩竈編)を弊社営業部坂西がご紹介致します。

店 名 「塩釜甚句」
住 所 〒985-0032 宮城県塩竈市白萩町2-22
電 話 022-364-8912
最寄駅 JR東北本線塩釜駅(駅前通り沿いで徒歩3分)

今回は今の時季に旬を迎えるお刺身と「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」を楽しみに塩釜甚句さんに来ました。塩釜甚句さんは創業30年以上になる女将さんと親方さん二人三脚で営む居酒屋さんです。お店のお勧めは何と言っても新鮮な海鮮料理!常連客が多いお店ですが、駅に近い事から観光客の方も多く来店されます。

【1】.jpg

毎度の事ながらお通しが美味しい居酒屋さんで、本日のお通しは「ノドグロの煮付け」、「ほうれん草の白和え」、「くらげの酢の物」の3品。ノドグロは小ぶりですが、甘辛く味付けされたクリーミーな身が発売からこれまでの間にほど良く熟成されたひやおろしと良く合います。くらげの酢の物は、コリコリした食感に甘酢和えが大変美味しく、ひやおろしの酸味との相性が抜群でした。

【2】.jpg

お通しを堪能しているところへ、お刺身盛り合わせが登場!本日は、鮪と戻り鰹と秋刀魚のお刺身盛り合わせを注文。戻り鰹は身におろしショウガをのせて頂きました。鰹の旨味とショウガが相まって、お酒はついつい進みます。秋刀魚の刺身は程良く脂が乗っていてこれまた美味しく、全身の力が抜けてリラックス。更にお酒が進みました。

 【3】.jpg

そしてこれからが旬の牡蠣!私は牡蠣フライを注文。まだ身は小ぶりですが、牡蠣の甘みとひやおろしは良く合います。これから牡蠣の身は大きさを増し、美味しいシーズンになりますので是非ひやおろしと牡蠣を合わせてみて下さい。皆様も深まる秋の味覚と合わせて「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」をお楽しみ下さい。

【4】.jpg

【5】.jpg

今日もお腹一杯頂き大満足でお店を後にしました。

南東北地酒ごほうび号が出発します!


こんにちは企画課の尾形です。

12月1日出発限定で南東北地酒ごほうび号が出発します!このイベントは「とれいゆ つばさ」に乗って宮城県、福島県、山形県内の6蔵元の「酒蔵おすすめ」のお酒の飲み比べが出来ます。「日本酒に合うおつまみ付き」「足湯体験」などのお楽しみもあります。ご興味のある方はご参加申込み頂き、南東北の地酒を満喫しながら日帰りの旅をご堪能して下さい。弊社社員も乗車して皆さまをお待ちしております。

弊社商品としましては今季発売して間もない「本醸造しぼりたて 浦霞」がお楽しみ頂けます!
161125.jpg

本醸造しぼりたて 浦霞(宮城県限定/季節限定商品)

詳しくはJR仙台支店ホームページをご覧下さい。
↓リンク先
https://jr-sendai.com/list/#area01

「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」が飲める店(仙台編)


こんにちは企画課の尾形です。 
一段と秋も深まり、味の乗ったひやおろしがますます美味しくなってきましたね。


9月9日より発売しております「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」が飲めるお店(仙台編)を弊社営業部中村がご紹介致します。

店名 『ひっつみ庵 仙台エスパル店
住所 〒 仙台市青葉区中央1-1-1 エスパル仙台店B1F 
電話 022-267-4089

ひっつみ庵1.jpeg

こちら「ひっつみ庵」さんは、仙台駅構内という場所柄から旅行や出張で利用される方が多いですが、普段使いとしてもおすすめのお店です。和食中心の豊富なメニューから、きっとお気に入りの一品をお選びいただけることでしょう。
今日はまず、ブランド豚である岩手県花巻市の白金豚を使用したカツ煮をオーダーいたしました。ボリュームの点から言うと、カツ煮とホッケは東西の横綱ですなあ(ホッケはさすがに今回は頼んでおりません・笑)。昔も今も大好きです。青み(ミツバ)の香りが良いアクセントになっております。そういえば、漫画美味しんぼの山岡士郎がミツバが無いならカツ丼をつくるなとか言ってたなあ。

ひっつみ庵3.jpeg

そして、いつもお世話になっている店長の小野寺さんから、ここ最近のカツオはかなり美味しいよとのおすすめを受けたら断われません。そのカツオをタタキで用意していただきました。おお、あぶった皮目に感じる若干のスモーキーさがたまりません。


ひっつみ庵4.jpeg

今回の二品は味だけじゃなく香り(薫り)でもひやおろしを楽しませていただきました。
ごちそう様でした!またおじゃましますね。

2018年度「うらかすみ塾生会セミナー」を開催しました


こんにちは。企画課の尾形です。

先日「うらかすみ塾生会セミナー」を開催しましたので、その様子をご報告致します。
※「うらかすみ塾生会セミナー」とは、浦霞主催の日本酒セミナー「うらかすみ日本酒塾」の卒業生向けのセミナーです。

2018年度のセミナーテーマは「リーデル『純米』グラス」。
うらかすみ日本酒塾の卒業生28名の方にご参加頂きました。


IMG_1034.jpg

IMG_1059.jpg

今回の講師はリーデル・ジャパン 庄司大輔氏にお話し頂きました。
庄司氏はリーデル・ジャパンのチーフグラスエデュケーターとして活躍されており、今回のセミナーでも笑いを交えながら『お酒』と『グラス』の関係性について非常に興味深い内容のお話をお聞かせ頂きました。
グラスが酒器としてのアドバンテージを持っていること、グラスの形状が与える香りや味わいへの影響、お酒を飲む姿勢によってお酒の印象や味の伝わり方が変わることなど皆さん、熱心に聴講されておりました。

IMG_1068.jpg
(写真左から)
大吟醸 浦霞
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
純米吟醸 浦霞禅
特別純米酒 ひやおろし 浦霞(季節限定)

CIMG8469.jpg

また、大吟醸グラス、純米グラス、プラスチックカップとグラスによるお酒の飲みくらべでは、「おー」っと納得・感嘆の声が上がる程でした。

IMG_1073.jpg

講義後は活発に質疑応答が交わされ、ミニ懇親会も日本酒塾1期生からの面々がそろったことで同窓会さながらの盛況となりました。
ご参加頂きました皆さん、講義頂きました庄司さん、ありがとう御座いました。
「うらかすみ日本酒塾」を卒業されてからも「日本酒」に興味を持ち、貴重なお時間をさいてお越し頂き、私どもも大変嬉しく思っております。
「うらかすみ日本酒塾」は、卒業後も引き続き日本酒へ興味を持って頂き、知識を深めて頂きたいと、定期的にイベントを開催しています。


※20期 受講生の募集は終了致しました。
※21期は20期の抽選に漏れた方を優先するため新規の募集は行いません。