うらかすみ便り

「純米夏酒 浦霞」 本日発売


こんにちは。企画課の笠原です。

本日6月15日(金)より、夏季限定商品「純米夏酒 浦霞」が発売となります。
※地域や店舗により発売日は異なります。

160708.jpg

純米夏酒 浦霞(夏期限定商品)
爽やかで軽快な甘みと米の旨味が感じられる、夏にぴったりの味わいです。

ほど良く冷やして、この夏、是非お楽しみ下さい。

お取扱い店様につきましては、下記までお問い合わせください。
メール http://www.urakasumi.com/contact/
電話  022-362-4165


また、「純米夏酒 浦霞」をはじめとした試飲即売会を下記のとおり行います。是非お立ち寄りください!

6月15日(金)~17日(日)10時~19時30分
藤崎 地下1階 和洋酒売場
仙台市青葉区一番町3-2-17 TEL 022-261-5111
http://www.fujisaki.co.jp/

【販売予定銘柄】
純米夏酒 浦霞(季節限定)
・父の日向けネクタイラベル(藤崎限定)
大吟醸 浦霞
・その他

==
6月22日(金)~24日(日)10時~19時
酒仙蔵 吉岡屋エスパル店
仙台市青葉区中央1-1-1 JR仙台駅地下1階
TEL 022-726-5220

【販売予定銘柄】
純米夏酒 浦霞(季節限定)
純米生酒 浦霞(宮城県限定、季節限定)
大吟醸 浦霞
純米吟醸 浦霞禅
純米原酒につけた浦霞の梅酒

「全米日本酒歓評会」でエメラルド賞、金賞等受賞!


こんにちは。企画課の小野寺です。

2018年度「全米日本酒歓評会」の審査が6月5~7日の3日間、ハワイ・ホノルルにて行われました。

【全米日本酒歓評会とは】
2001年より毎年開催されている日本国外で最も歴史の長い日本酒の品評会です。
日本の伝統的な審査方法を用いておよそ400品の出品酒を審査しています。
すべての出品酒は、世界各都市で開催される一般公開の利き酒会、ジョイ・オブ・サケにおいて試飲用に展示され、のべ4000名以上の日本酒ファンにテイスティングされる機会が設けられています。

(公式HPより抜粋)
http://www.sakeappraisal.org/

この歓評会において、弊社は今年度「エメラルド賞」を受賞いたしました!

180615_3.jpg

「エメラルド賞」とは、第1回から今回までの審査における受賞結果について、金賞と銀賞の受賞結果を数値化して合計点を算出し、累計得点が最も高くなった蔵元に贈られる賞です。
過去に同賞の受賞がない蔵元が対象となっています。


そして、各部門においても以下受賞致しました。

■大吟醸酒B部門(精米歩合50%以下)金賞
180615_4.jpg 
 「山田錦純米大吟醸 浦霞
j-d-ginjo_yamada.jpg
180723_3.png



■吟醸酒部門(精米歩合60%以下)金賞
180615_4.jpg
 純米吟醸 浦霞禅
j-ginjo_junmai.jpg
180723_2.png



■大吟醸酒A部門(精米歩合40%以下)銀賞
180615_5.jpg
 「純米大吟醸 浦霞 "M"
j-d-ginjo_kaigai.jpg
180723_1.png


これもひとえに皆様のご愛顧・ご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。
今後も杜氏はじめ蔵人一同、より一層の高品質の酒造りを目指して努力を重ねて参ります!

小野寺杜氏 優等賞首席受賞/南部杜氏自醸清酒鑑評会


こんにちは。企画課の笠原です。

先月、岩手県花巻市にて「第99回南部杜氏自醸清酒鑑評会」の表彰式が執り行われました。

180525-1.jpg

明治44年から今年で99回目を重ねる歴史と伝統のあるお酒の品評会です。
「南部杜氏」は日本三大杜氏流派のひとつであり、主催する一般社団法人南部杜氏協会は682名(平成29年時点)の会員が登録する、全国規模の酒造り職人の組織です。
その中でも高い酒造りの技術を持ち蔵人達を束ねるプロフェッショナルである「南部杜氏」の資格の保有者は、全国の酒蔵で活躍しています。

その南部杜氏たちが新酒の出来映えを競う「第99回南部杜氏自醸清酒鑑評会」で、このたび弊社本社蔵が「吟醸酒の部」「純米吟醸酒の部」「純米酒の部」で優等賞受賞。
特に「吟醸酒の部」においては小野寺杜氏が「首席」を受賞しました。


180525_12.jpg


180525-8.jpg

180525-9.jpg

◎浦霞醸造元はトップクラスの受賞回数!
吟醸酒の部において、浦霞醸造元としては計6回目の優等賞首席受賞となり、また、本社蔵の優等賞受賞回数も65回目となりました。
65回の受賞は酒蔵としてはトップクラスの受賞回数です。

180525-10.jpg

180525_14.jpg


◎小野寺杜氏 、2度目の首席受賞!

小野寺杜氏としては、第96回(平成27年開催)に純米吟醸酒の部での優等賞首席受賞に続く、2度目の首席受賞となりました。



「吟醸酒の部」優等賞首席受賞に際し、弊社本社蔵杜氏 小野寺邦夫よりの喜びのコメント
==
平成29年産の酒造好適米の品質に関する事前情報が十分ではなく、また新しい洗米設備の導入もあり、今期の吟醸づくりは不安と期待を抱きながらの取り組みとなりました。
そのような中、丁寧にこつこつと酒造りをしてきた製造社員および蔵人一同の努力、そして応援して頂いた皆様のおかげで今回の首席受賞を得ることができたと思っています。
深く感謝しております。今回の受賞を糧にまた新たな「浦霞」の歴史を重ねていきたいと思っています。
引き続きご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

180525-11.jpg

180525-6.jpg


「第99回南部杜氏自醸清酒鑑評会」の受賞結果
・吟醸酒の部、優等賞「首席」受賞
・純米吟醸酒の部、優等賞受賞
・純米酒の部、優等賞受賞

まもなく夏酒登場!只今仕上げ中


こんにちは。企画課の笠原です。

5月に気象庁が発表した6月からの向こう3か月の天候見通しでは「全国的に暖かい空気に覆われやすく、向こう3か月の気温は高い」と。
今年の夏は各地で平年並みか高いところが多く、どうやら長く、暑い夏になるようです。

あちらこちらで「涼」を求めるコトになりそう。
そんな時の日本酒のセレクトに「夏酒」をオススメします!

浦霞の夏酒「純米夏酒 浦霞」は現在仕上げに入っており、6月15日(金)発売致します。
※地域や店舗により発売日は異なります


今年のお酒の仕上がり具合を製造責任者の矢本蔵 赤間杜氏に聞いてみました。

180613_01.jpg

Q.どのようなイメージで酒造りに挑みました?

赤間
「『夏酒』なのでキリッと冷やして楽しむ事、暑さが和らいだ夕暮れ時にあっさりとした肴でゆったりと流れる時間と雰囲気を楽しめるお酒をイメージしました。
今年の純米夏酒は、ほど良い香りと柔らかでさらりとしたお酒に仕上がったと思います。

Q.納得のいく逸品に仕上がった、その裏付けは?

赤間
原料米について
「宮城県産米『まなむすめ』を100%使用していますが、今年は、昨年に比べて醪が溶けやすい米質でした。

醪の段階で米が溶けすぎると、お酒の味が重くなり過ぎてしまう。そうすると、自分の描く『夏酒』のイメージから離れてしまう事が心配でした。
なので、洗米・浸漬に使用する水の設定温度まで細かく決めて、醪工程では低温で米が溶けすぎぬよう細心の注意を払いました。」

酵母について

「また、酵母が死滅することで香りやアミノ酸の増加に影響を及ぼす事も考えて、生き物である酵母が最後まで健全であるように醪管理を徹底しました。
酵母の種類は数ある自社酵母のなかでも酒の肴を邪魔しない、ほんのりとバナナのような果実香を有する酵母を選択して仕込みました。」

水について
「矢本蔵の仕込み水は軟水で醪日数は長期になりますが、柔らかなお酒に仕上げることができました。

是非とも浦霞の『純米夏酒』でうまい肴と合わせて、暑い夏を楽しく乗り越えて欲しいと思っています。」

180613_02.jpg


赤間の様子からは、商品に対する愛情と品質への自信の現れに感じました!
商品設計と造りが見事に決まった、蔵元オススメの逸品「純米夏酒」は6月15日(金)発売です。
※地域や店舗により発売日は異なります


160708.jpg
季節商品 「純米夏酒 浦霞
1.8L 2,400円(税抜)/720ml 1,150円(税抜)
爽やかで軽快な甘みと米の旨味が感じられる、夏にぴったりの味わいです。

販売店に関するお問い合わせは下記までお願い致します。
・浦霞醸造元 株式会社佐浦 TEL 022-362-4165
・お問合せフォーム http://www.urakasumi.com/contact/

「浦霞 初呑み切り」を開催しました


こんにちは。企画課の笠原です。
6月5日、弊社にて「浦霞 初呑み切り」を開催致しました。

180605_001.jpg

日本名門酒会 宮城支部に加盟する28店の酒販店から41名にご参加いただきました。
そのイベントの様子をご紹介いたします。


■「呑み切り」とは?■
搾られてタンクで貯蔵熟成されたお酒を、タンクから抜き出してテイスティングし、健やかに熟成しているか、色、香り、味などを見る品質検査を行うことを指します。
お酒を抜き出すときに、貯蔵タンクの出口である「呑み口」を「切る」ことから、その年初めての呑み切りを「初呑み切り」と呼んでいます。
(日本名門酒会 公式サイトより引用)


日本名門酒会 宮城支部加盟店の皆様と行うこの「浦霞 初呑み切り」は、弊社が選んだ4つのタンクのお酒をきき酒して、七夕頃に飲み頃になると思われるお酒を投票でひとつ選び、7月に「浦霞 厳選初呑み切り酒」として発売する、という企画です。
今年で6回目の開催となりました。


180605_002.jpg

まずは小野寺杜氏より、今年の米質やお酒の味わいの傾向について説明を受け、早速一回目の「呑み切り酒」選定に入りました。
まずは4種類をきき酒し、その中から良いと思った2種類のお酒を選んでいただきました。


180605_007.jpg

きき酒中の皆様は真剣そのもの。


180605_004.jpg

きき酒終了後、投票用紙に良いと思った2つのお酒の番号を記入していただき、回収してすぐに開票作業へと移りました。


180605_005.jpg

スタッフが読み上げる番号を、「正」の字を書いて数えていきます。
1回目の結果は・・・・

180605_006.jpg

2位が僅差で最後までハラハラどきどきしましたが、1票差で2番のお酒が2位につけました。
2番と4番のお酒で決選投票に移ります。

この2種類のお酒を、A、Bと振り分け直し、改めてきき酒をしてもらいます。

180605_003.jpg

お酒販売のプロの皆様に喜ばれるのはどっちの酒か・・・

180605_008.jpg

最終投票は一人1票です。

そして、緊張の最終投票の開票!

結果は・・・

180605_009.jpg

Bのお酒でした!
中身は、1回目の投票でも1位となった4番のお酒です。

こちらのお酒をさらに熟成させ、7月6日に「浦霞 厳選 初呑み切り酒」としてご参加頂いた酒販店様限定にて発売致します。

180605_011.jpg


初呑み切りが終わった後、皆様と「商売繁盛」を祈願して、鹽竈神社と志波彦神社を参拝しました。

180605_010.jpg

どんなお酒が選ばれたのか、ぜひ皆様の舌で確かめてみてください!
商品の詳しい情報と買えるお店は、発売が近づきましたらお知らせいたします。

加盟店の皆さん、お忙しい中ご参加いただきありがとうございました!