shizuku

『shizuku vol.17』 課外授業の取材を行いました(2010/08/26)


こんにちは。
shizuku編集部でライター担当しています津田です。

今回は「課外授業」の取材を報告します。

「課外授業」とは、
shizuku編集部が読者の代わりとなり、日本酒と関わりのある3人の
女性から日本酒の楽しみ方を教えていただく、というコーナーです。

最初にレクチャーしていただいたのは、浦霞醸造元で販売促進に務めている芳賀さん。

実際に日本酒を販売している立場の目線から、お話していただきました。

自宅で家族や友達と飲むことの多かった私ですが、
「なるほど!」ということが多くあり、さっそく挑戦してみようと思いました。

また、知らないだけで実は気軽に日本酒を飲み比べられるチャンスもあるんですよ。

詳しくは、ニホンシュの楽しみ方やこだわりが詰まった秋号をお楽しみに!


※このレポートは「萩の白露」プロジェクトメンバーの
 学生が書いています。
────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ https://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────

『shizuku vol.17』 表紙撮影を行いました(2010/08/24)


こんにちは!
shizuku編集部、カメラとライターを担当している4年のエミです。

さて、今年度の「shizuku」テーマは、
「女の子のための日本酒の教科書」

年2回(秋号・春号)に分けて日本酒の知識を紹介いたします。


今回は秋号の表紙撮影の風景を公開いたします。


毎回shizukuの表紙では、基本的に一般女性の方にモデルを
していただくのですが、なかなかイメージ通りにいかず、あーでもない
こーでもないと揉めているうちに気が付いたら日が暮れていた、、、
ということも…。

それでもモデルの方は、いやな顔ひとつせず私たちの要望に
答えてくださるので、ありがたい限りです。

そんな優しさに助けられながら、今回もテーマにふさわしい
写真が撮れましたよ!!

なにやら女の子が机に向かって勉強しているようですねー。

さてさて、これがどんな表紙になるのでしょうか?

秋号の発行をお楽しみに☆彡


※このレポートは「萩の白露」プロジェクトメンバーの
 学生が書いています。
────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ https://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────

『shizuku vol.17』 飲食店レポ「今宵の逸品」の取材を行いました(2010/08/23)


こんにちは!
shizuku編集部のデザインを担当をしています千晴です。

毎日暑い日が続いていますね。

shizuku編集部は発行に向け、気合いを入れて頑張っております!!


さて、今日は約1年ぶりに復活する"今宵の逸品"
取材報告をさせていただきます!

浦霞が楽しめるお店と、その浦霞にぴったりな逸品を
紹介するコーナーです。

今回お邪魔したのは、古民家のような雰囲気が素敵な

なかぐろ」さん。


お酒にとてもこだわりが強い店主 飯島さんに、
お店のことや浦霞とお料理の組み合わせについて
お話していただきました。

お酒が美味しいのはもちろんですが、
お料理もとってもこだわっているんですよ!

今回紹介するのは、わさびととっても相性が良いお料理なんです。

実は私、わさびが苦手なんですが(お寿司は未だにさび抜き)
撮影後、勇気を出して試食してみたところ…
なかぐろさんのお料理では食べることができたんです!!

最後はみんなで、美味しくいただいてきました☆

どんなお料理なのかは、shizuku秋号 vol.17で
チェックしてみてくださいね。

9月末発行です♪


※このレポートは「萩の白露」プロジェクトメンバーの
 学生が書いています。
────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ https://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────

『shizuku(春号)』 できました(2010/03/17)


通巻16号目となる『shizuku 春号』が出来上がりました!

その一部をご紹介いたします。


【表紙】

女の子のための暮らしの教科書
今号のテーマは
「1冊まるごとミュージック」


【対談】

今号の対談ゲストは
CINEMA dub MONKS
のお2人


【取材】

「shizuku 社会科見学」
塩竈のラジオ局
ベイウェーブ(78.1FM)


是非お手にとって、ご覧下さい。


「shizuku」は、

 *せんだいメディアテーク
 *藤崎(地下酒売場)
 *ふれあいエスプ塩竈
 *宮城県図書館

 等に設置して頂いております。


「shizuku」に関するご質問、ご感想はこちらまで
Eメール shizuku@urakasumi.com


────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ https://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────

『shizuku(春号)』鋭意制作中です!(2010/03/03)


今回は、「ハギシラのあるひととき」の取材のご報告をします。

「ハギシラのあるひととき」とは、
クリエイティブな活動を行っている方とアートスタンダードが、
萩の白露」をいただきながらお酒と言葉を酌み交わす、
おなじみのコーナーです。

shizuku春号のテーマは『一冊まるごとミュージック』

今回のゲストは宮城最大のロックフェス・ARABAKI ROCK FEST.10
にも出演が決定しているCINEMA dub MONKS(シネマダブモンクス)
のお二人です。

CINEMA dub MONKSは、1999年に沖縄で結成し、フルート、
ウッドベース、パーカッション、ピアニカ、サンプラーなどの楽器を
使いながら即興で演奏することで〈物語のある音楽〉を表現している
バンド。

ライブではステージ全体に映像を映し、音と人と映像をミックスした
“一本の映画”のようなライブ空間を展開。

そんな独自の音楽活動を展開するCINEMA dub MONKSのルーツ
から今後の展望までを伺ってきました。

話題は独自の音楽スタイルから即興音楽の魅力、
ARABAKI ROCK FEST.10の構想へ。

フルーティーでさわやかな味わいの萩の白露をいただきながら
話していると、次第に緊張もほぐれ、たのしい時間を過ごすことが
できました。

その模様は3月中旬発行の「shizuku春号 vol.16」をご覧ください!


CINEMA dub MONKS http://www.cinemadubmonks.jp/
左がガンジー西垣さん、右が曽我大穂さん
「shizuku冬号 vol.15」を興味津津に読むお2人


※このレポートは「萩の白露」プロジェクトメンバーの
 学生が書いています。
────────────────────────────────────────
 浦霞ホームページ https://www.urakasumi.com/
────────────────────────────────────────
 ART STANDARD.ホームページ http://www.art-standard.com/
────────────────────────────────────────