うらかすみ便り

第17回浦霞を楽しむ夕べを開催しました


こんにちは。企画部より報告です。
先日、第17回目となる「浦霞を楽しむ夕べ」を開催いたしました。

-------
第17回 浦霞を楽しむ夕べ
-------
 日時:2019年11月9日(土)18時~
 会場:フランス料理「シェヌー」 http://www.cheznous.co.jp/
 人数:34名
 会費:7,800円

191109pic1.jpg

会場は、塩釜市にあるフランス料理の名店「レストラン・シェヌー」さん。
この会では、浦霞のお酒とこだわりの食材を贅沢に使ったシェヌーさんの料理を参加者の皆さんにお楽しみ頂きます。
毎回シェフやソムリエの方には、数種類の当社の日本酒を事前にテイスティングして頂き、そこからお酒が選定され、一夜限りの特別メニューを考案頂いております。
そんな「浦霞を楽しむ夕べ」、今回の特別メニューをシェフのコメントとともにご紹介します。


お料理は赤間善久シェフと赤間善太スーシェフのお二人で相談して決めているとのことです。
前菜②と魚料理を赤間善久シェフ、アミューズ、前菜①、肉料理、デザートを赤間善太スーシェフが主に担当されたとのことです。


〇アミューズ・ブーシュ 「かぶのムース、はらこ添え」 × 「萩の白露

萩の白露」は、低アルコール酒ならではの口当たりの良さと、和梨のような香りの中にお米の甘味を感じられる、バランスの良い味わいです。
かぶの風味とはらこの旨みを引き立ててくれると思います。

191109pic3.jpg


〇前菜① 「野菜のグレック、ベーコンとホロホロ鳥」 × 「純米吟醸 浦霞No.12

純米吟醸 浦霞No.12」は、ライチやバラのような華やかな香りとはっきりとした酸味を持つ、辛口白ワインを思わせるお酒です。
野菜のグレック(野菜を軽く酢漬けしたギリシャ風の料理)の酸味が日本酒の酸味と重なり、ホロホロ鳥とベーコンの塩味が日本酒の旨みと調和します。

191109pic4.jpg


〇前菜② 「軽く炙った鮪と焼きリゾット、オーロラソース」 × 「純米吟醸浦霞 令和元年初仕込み」

「純米吟醸 浦霞 令和元年初仕込み」は、パイナップルのような香りと柔らかい甘味、ほどよい酸味を持つ優しい味わいのお酒です。
オーロラソースが炙った鮪と日本酒とのつなぎ役となってくれます。

191109pic5.jpg


〇魚料理 「帆立貝のソテー、柚子胡椒の風味」 × 「特別純米酒 生一本浦霞

特別純米酒 生一本浦霞」はお米の旨みを感じられる上品なお酒です。
帆立の出汁を使ったソースに柚子胡椒のアクセントを加えることで、帆立貝の風味がより引き出され、日本酒と相性良くまとまります。

191109pic6.jpg


〇肉料理 「エゾ鹿のロースト、木苺のソースと根セロリのピューレ」 × 「エクストラ大吟醸 浦霞

エクストラ大吟醸 浦霞」は、豊かな吟醸香とボリューム感のある、非常に香り高いお酒です。
エゾ鹿の風味を引き立てる木苺のソースの華やかさが、エクストラの華やかな味わいと重なり合います。

191109pic7.jpg


〇デザート「米粉入りのパンケーキとブルーチーズのアイスクリーム、ハチミツのエスプーマを添えて」

191109pic9.jpg
シェヌーの皆さん、ありがとうございます。
そして本イベントを心待ちにして頂いた方、遠方よりご参加頂きました方、何年にもわたってご応募頂きました皆さま、ありがとうございました!


弊社社長佐浦とシェヌーの皆さん。
191109pic8.jpg
写真左からサービス担当の赤間果林さん、赤間善太スーシェフ、赤間善久シェフ、弊社社長佐浦、吉田ソムリエ。


191109pic2.jpg

写真左から
低アルコール純米酒 萩の白露
純米吟醸 浦霞No.12
純米吟醸浦霞 令和元年初仕込み
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞
エクストラ大吟醸 浦霞