うらかすみ便り

archive [2020.09]

通信販売で浦霞が【買えるお店】をご紹介




「浦霞」を通信販売でもお取り扱い頂いている宮城県内の酒販店さんをご紹介致します。

店名をクリックすると、通信販売ページが表示されます。

宮城県内限定、数量限定の商品も販売頂いておりますので、ご来店が難しい宮城県外の方も通信販売にて浦霞の限定商品を是非お買い求め頂ければと思います。


宮城県内
塩釜市(3)松島町(1)石巻市(1)仙台市(3)大崎市(1)美里町(1)栗原市(1)


 塩釜市 

相原酒店
 塩釜市北浜4-8-20
 0225-96-0188
 通信販売・店頭販売


(有)松陽台酒店
 塩釜市松陽台2-9-10
 022-367-0358
 通信販売・店頭販売


宮城・山形産直マルシェ
 022-290-3808
 通信販売



 松島町 

(株)むとう屋

 宮城郡松島町松島字普賢堂23
 022-354-3155
 通信販売・店頭販売



 石巻市 

(有)四釜商店

 石巻市穀町2-17
 0225-96-0188
 通信販売・店頭販売



 仙台市 

仙台亀岡の地酒屋 阿部酒店

 仙台市青葉区川内亀岡町12
 022-223-9037
 通信販売・店頭販売


酒のかわしま
 仙台市宮城野区東仙台6-5-27
 桜参番館1F
 022-762-7061
 通信販売・店頭販売


(有)マイティー千葉重
 仙台市宮城野区鶴ケ谷東3-14-8
 022-388-1207
 通信販売・店頭販売



 大崎市 

すわべ酒店

 大崎市岩出山字浦小路7-3
 0229-72-1073
 通信販売・店頭販売



 美里町 

旨い酒 大場酒店

 遠田郡美里町藤ヶ崎1-55
 0229-32-2325
 通信販売・店頭販売



 栗原市 

さぶん酒店

 栗原市瀬峰荒町36-1
 0228-38-2034
 通信販売・店頭販売

秋の到来を告げる旬の日本酒「純米酒秋あがり 浦霞」発売中!



9月に入り、秋らしく涼しくなってきました。

9月9日には特別純米酒 ひやおろし 浦霞が解禁となり、9月中旬よりは季節商品「純米酒秋あがり 浦霞」を発売しています。

200914.jpg
季節商品「純米酒秋あがり 浦霞

宮城県産米「まなむすめ」を使用。
ひと夏越えてほどよく熟成した、米の旨味と酸味が感じられる純米酒です。
もっとも美味しいと言われる時期のお酒を加熱殺菌せずに生詰めし、蔵出しそのままの旨さがお楽しみ頂けます。

アルコール分 16度以上17度未満
原料米 まなむすめ
精米歩合 65%
容量と希望小売価格
1.8L   2,660円(税抜)
720ml 1,340円(税抜)



200917.jpg


穣りの秋、食欲の秋、旬の食材と日本酒を合わせるのが益々楽しくなってきました。

今年の「純米酒秋あがり 浦霞」は、穏やかな香りとスッキリとした味わいの後に米の旨味を十分に感じるお酒に仕上がりました。

秋の味覚「さんまの塩焼き」と合わせてお楽しみ下さい!と書きたいところですが、今年のさんまは高価ですので、「秋鮭とキノコのホイル焼き」はいかがでしょうか。

200923.jpg



旬の食材と合わせて、是非お楽しみ下さい!

また、「秋あがり」は、12月の寒い時期に仕込みを行い、約8カ月間低温でじっくりと丁寧に貯蔵、熟成させましたので、軽く冷やしても良いですが、ぬる燗(40度)程度に温めると柔らかさと旨味が広がり、豊かな風味をよりお楽しみ頂けます。



純米酒秋あがり 浦霞」は宮城県外のみの流通限定商品となります。
お取扱店様については下記までお気軽にお問合せ下さい。

浦霞醸造元 株式会社佐浦 
TEL 022-362-4165(平日8:30~17:30)
お問合せフォーム
https://ssl.urakasumi.com/contact/

第22期を迎える「うらかすみ日本酒塾」開講!

弊社では「うらかすみ日本酒塾」と題し、20歳以上の一般消費者の方を対象とした日本酒セミナーを毎年9月から翌年3月の半年間、月1回のペースで毎月テーマと講師を変えて開催しています。1999年からスタートし、今年で22期を迎えます。今年は19名の方の応募があり、9月19日(土)に開講!しかしながら新型コロナウイルス感染症の影響により、第1回の講義は「通信講座」となりました。

コロナ禍におけるうらかすみ日本酒塾の開催基本方針は、「感染症対策の徹底」です。セミナーを受講する皆さまの健康と安全を鑑み、県内における新型コロナウイルスの感染状況が講義開催日の直近7日間において新規患者発生数が50人を超えた場合、来場による開催から通信講座へと変更させて頂いております。

通信講座への変更により、社長 佐浦による第1回講義「日本酒入門」は実際の講義同様に実施し撮影し講義資料としました。

IMG_0588.jpg

IMG_0610.jpg

日本酒の製造工程、日本酒の歴史や日本酒の飲まれ方、きき酒の仕方を学ぶことが出来る第1回目の講義。参考までにご紹介する鴻池伝説(:鴻池氏の酒蔵で、クビになった使用人が腹いせに酒の桶へ灰を投げ入れたら澄んだ酒になり、それを売った鴻池氏が豪商になった)などは、作り話と考えられているそうですが清酒の発生起源であるなど興味深いエピソード満載の講義です。

IMG_0586.jpg
<<<本日のきき酒>>>
・特別純米酒 生一本 浦霞
・ぼとる 浦霞
・純米吟醸 浦霞禅(非売品)
・大吟醸原酒 浦霞(非売品)

DSC_0342B.jpg
<<通信講座 講義資料&DVD>>>

受講生の皆さまにお目にかかることなく日本酒塾を開講することは、20年を超える日本酒塾の歴史始まって以来、初めての事であり大変残念ではありますが講義資料、日本酒塾のために準備したきき酒を通して、日本酒への興味や知識を深めて頂きたく思います。

日々状況が変わるコロナ禍ではありますが、新しい価値観とやり方で日本酒の魅力や楽しみ方をPRし、日本酒普及のための学びのスタイルを模索することにつなげて行きたいと思います。第2回講義に皆さまにお会い出来ることを祈念致します!

塩釜の秋の味覚「ひがしものまぐろ祭り」9/19~11/30開催



塩竈のブランドマグロ「三陸塩竈ひがしもの」。

秋口から初冬にかけて水揚げされる「鮮度」「色艶」「脂ののり」「うまみ」等の条件を満たし、目利き人が誇りと確信を持って提供する生のメバチマグロが「三陸塩竈ひがしもの」です。

毎年「三陸塩竈ひがしもの」のシーズンに合わせて、塩釜市内のみやぎ寿司海道加盟店で、親方自慢のオリジナルメニューを提供する「ひがしものまぐろ祭り」が開催されます。


ひがしものまぐろ祭り
期間/2020年9月19日(土)~11月30日(月)
問い合わせ/
 みやぎ寿司海道塩竈地域推進協議会
 TEL 022-364-1165



旬の「三陸塩竈ひがしもの」と是非合わせてお楽しみ頂きたいお酒はコレ!

秋限定のお酒「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」(9/9発売)

 200918_3.jpg

「ひやおろし」とは、厳寒期に仕込み、夏を越してほどよく熟成した、もっとも美味しいと言われている時期のお酒を加熱処理せず、「ひや」のまま瓶詰めした季節商品です。


香りは穏やかで、ほどよい熟成香味と柔らかな旨味が心地良く口の中に広がります。


塩釜の秋の味覚を、塩釜で是非お楽しみください!!




画像をクリックすると、大きな画像(PDF)が表示されます。

200918_1.jpg
「ひがしものまぐろ祭りチラシ(表)PDF」

200918_2.jpg
「ひがしものまぐろ祭りチラシ(参加寿司店紹介)PDF」

KuraMaster2年連続金賞を受賞!「山田錦純米大吟醸 浦霞」「純米酒 浦霞」

フランスで開催された日本酒コンクールKuraMasterにおいて「山田錦純米大吟醸浦霞」純米大吟醸部 金賞、「純米酒 浦霞」純米酒部門 、2年連続金賞を受賞しました。

純米大吟醸部門、純米酒部門、2つのカテゴリーにおいて金賞を頂き非常に光栄に思います。4名のMOF (フランス国家最高優秀職人章) ソムリエを含む トップソムリエら 51名の審査員、合計824点の厳正なる審査から選ばれた浦霞の日本酒、是非たくさんの方にご賞味頂きたく思います。

150817_01.jpg

純米大吟醸部門「山田錦純米大吟醸 浦霞」金賞

180605_7.jpg

純米酒部門「純米酒 浦霞」金賞

KuraMasterはフランスで2017年から開催されている日本酒のコンクールです。このコンクールの特徴は、フランスのトップソムリエらが選ぶ、フランスの地で開かれるフランス人のための日本酒のコンクール。食と飲みものをペアリングするフランスの食文化を通し日本酒をフランス流にロジックに判断するところも
KuraMasterの特色です。

新型コロナウイルスの感染拡大により、コンクールは延期を余儀なくされましたが、審査されたすべての日本酒は、フランス到着後 5度の保冷コンテナで輸送同温度で保管され、コンクール当日まで最適な環境で準備されました。8月31日(月) パリ市内 (会場:エスパス・シャラントン)において「Kura Master - le
grand concours des sakés japonais de Paris 2020」は無事に開催されました。

フランスソムリエ協会会長フィリップ・フォー・ブラック氏は「ソムリエにとっては 日本酒のペアリングの許容の広さや可能性は、益々 魅力的な食中酒となる」と示唆し、日本酒の世界への広がりを感じます。弊社は今後も高品質な酒造りに取り組み、日本酒の魅力を国内外へ発信していきたいと思います。