うらかすみ便り

本日、蔵の重要行事「呑み切り」を行いました。


『呑み切り』とは、貯蔵タンクの呑み口(タンクの下部にある、お酒の出し入れのための穴をふさぐ栓のこと)を開けて(呑みを切って)タンクの中のお酒を少量取り出し、きき酒することをいいます。

タンクでじっくりと貯蔵熟成中の原酒が、それぞれの商品特性に合致した目標の品質になっているか、また適切な出荷時期の見極め等についても確認し、情報の共有を行います。

感染防止に努めながら、社長、杜氏、製造本部の社員らで呑み切りを行い、確認。

熟成経過も順調!ひと安心です!


210807.jpg