うらかすみ便り

東松島市立鳴瀬桜華小学校に寄贈・寄贈式が執り行われました


この度、『浦霞発、日本酒のチカラ』プロジェクトにおいて、宮城県東松島市立鳴瀬桜華小学校、ならびに放課後児童クラブへ寄贈を行い、その寄贈式を執り行いました。鳴瀬桜華小学校は、東日本大震災で被災した旧浜市小学校と旧小野小学校を2013年に「鳴瀬桜華小」として統合され、その後、新校舎が津波で甚大な被害を受けた浜市小学校の災害復旧工事として実施されます。そして、東松島市役所鳴瀬支庁舎に近い地区に建築され、2021年4月8日に落成式となり、東松島市で被災した公立校の再建の最後の学校です。
11月22日の贈呈式では鳴瀬桜華小学校と放課後児童倶楽部へ可動式椅子セットや顕微鏡など教育用備品を贈りました。



211122_3.jpg

渥美東松島市長へ目録を渡しました。寄贈品は以下4点。


211122_8.jpg
①椅子と机


211122_6.jpg
②顕微鏡

211122_5.jpg
③耕運機(管理機)

211122_7.jpg
④放課後児童クラブに「プレイハウス」


211122_9.jpg



211122_4.jpg
写真左 渥美東松島市長/右 弊社代表取締役社長 佐浦

211122_2.jpg

211122_1.jpg




「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクト
「地域の復興なしには自社の真の復興はない」という考えより、震災後国内外からいただいているご支援・応援を地域の復興へつなげるプロジェクトです。
浦霞の売上の一部
を積み立て、地元宮城県・塩竈市・東松島市や、地域の食文化の復興、未来を担うこども達の「教育」支援、社会福祉に関連した支援に対し、地元自治体や各種支援団体へのヒアリングを行いながら支援を行って参りました
必要物資等の支援の需要も一段落したため、売上の一部の積み立ては2020年3月末をもって終了とし、これまでの積立金を活用して2020年4月以降も活動を継続しております。
皆様方からの温かいご支援に心より感謝申し上げます。

これまでの活動はこちらをご覧下さい。
https://www.urakasumi.com/recovery/