うらかすみ便り

「第17回 浦霞ほろ酔い寄席」を開催しました


6月12日(日)に
エル・パーク仙台 6階「ギャラリーホール」にて「第17回浦霞ほろ酔い寄席」を感染対策も施し、開催致しました。

011.jpg

---
日時:2022年6月12日(日)14:00~16:00
場所:エル・パーク仙台 6階「ギャラリーホール」
内容:三遊亭鳳楽・鳳志 親子会
---

古典落語の本格派三遊亭鳳楽師匠と、円生・円楽・鳳楽と古典落語の系譜を引き継ぐ本格派、三遊亭鳳楽一門の真打ち三遊亭鳳志師匠の落語をお楽しみ頂きました。

第一部 落語

三遊亭鳳志師匠
002.jpg
003.jpg

一席目:桃太郎
ある父親が、眠れないと訴える息子に昔話の『桃太郎』を話して寝かしつけようとするが、息子は「話を聞くことと寝ることは同時にできない」と理屈っぽく反論する。父親は困りつつ話を始めるが、「昔々......」と言えば「年号は?」、「あるところに......」と言えば「どこ?」、「おじいさんとおばあさんが......」と言えば「名前は?」といちいち聞くので、話がまったく進まない。それでも強引に話を進めようとする父親に対し、息子は子供とは思えないほどに論理的かつ衒学的な『桃太郎』の解説を試みる。そのうち、父親のほうがいつの間にか寝入ってしまう。父親の寝顔を見た息子は「親なんてものは、罪がないな」。
ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋)


二席目:試し酒(ためしざけ)
商家・尾張屋の主人のもとに、商売なじみの近江屋の主人が下男の久蔵をしたがえ、上等な酒を持ってやって来る。近江屋が「うちの久蔵は大酒飲みで、5升は飲み干せる」と自慢するので、尾張屋は近江屋に対し、久蔵が本当に5升飲み干せるかどうかの賭けを持ちかけ、「わたしが賭けに負けたら、温泉宿で遊ぶ費用をわたしが肩代わりする」と言い放つ。外で待つ久蔵は呼ばれて招き入れられ、賭けに乗るよう持ちかけられるが、気乗りがしない。ところが尾張屋が「賭けを受けなければ近江屋の負けだ」と告げるので、「少し考えるので待っていてほしい」と言い残して表に出て行く。しばらくあと、久蔵は戻ってくるなり、賭けに乗ることを宣言し、大きな可杯(べくはい)で、5升の酒を1升ずつ飲み干してみせる。賭けに負けた尾張屋が驚きあきれて、「どうしてそんなに酒が飲めるのか。さっき出て行った時に、酒に酔わない薬でも飲んだのか。それとも何かまじないでも受けたのか」とたずねると、久蔵は「酒を5升も飲んだことがなかったので、表の酒屋で試しに5升飲んできた」。
ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋)



三遊亭鳳楽師匠
001.jpg
004.jpg

寝床(ねどこ)
ある大家の旦那は義太夫語りが大好きですぐ他人に語りたがるが、あまりにも下手なので誰も聴きたがらない。この日も義太夫の会を開こうとおいしい料理と酒を用意し、番頭に長屋の店子たちを呼びにやらせるが、提灯屋、金物屋、小間物、鳶、豆腐屋と誰もが仕事を言い訳にして断ってくる。ならばと店の使用人たちに聞かせようとするが全員仮病を使って聴こうとしない。妻は子を連れて実家に避難してしまう。
みんなが自分の義太夫をいやがっていることに気づいた旦那は腹を立て、そんなことなら店子たちには長屋を出て行ってもらう、店の者には全員暇を出すと言って不貞寝してしまう。番頭から話を聞いた長屋の一同は観念して義太夫を聴こうと決め、一同におだてられて機嫌を直した旦那は皆の前で義太夫を語る。酔ってしまえば下手な義太夫も分からなくなるだろうと一同はさんざん飲み食いし、やがてみな横になって寝てしまう。
熱心に義太夫を語っていた旦那だったが、やがてみんなが寝ているのに気づく。ところがその中でひとりだけ丁稚の定吉がしくしく泣いている。自分の義太夫に感動して泣いているのだと思い込んだ旦那は、あの場面がよかったのか、この場面がよかったのかとあれこれ尋ねるが定吉は違う違うと泣くばかり。「いったいどこだ」と聞くと定吉は旦那が座っている場所を指さして「あそこなんです。あそこが私の寝床なんです」。
ウィキペディア(Wikipedia)より抜粋)



第二部 楽屋話
三遊亭鳳楽師匠と蔵元 佐浦弘一による対談

005.jpg
006.jpg

落語の稽古や技術の伝承について、鳳楽師匠の経験談をお聞かせ頂きました。
そして、現在鳳楽師匠から稽古を受けている鳳志師匠にも登壇頂き、稽古についてのお話をして頂きました。

008.jpg
009.jpg

続いて、抽選会。
山田錦純米大吟醸 浦霞」や鳳楽師匠の手拭・扇子を抽選にてプレゼント!
そして、鳳楽師匠から特別にサイン色紙も提供頂きました。

抽選会をもって「浦霞ほろ酔い寄席」は終了。
ご参加頂きました皆様、鳳楽師匠、鳳志師匠、ありがとうございました。