うらかすみ便り

日本酒と"能"で愉しむ「水戯庵」/浦霞ウィーク:2023年 1月5日 (木) ~ 9日 (月)

東京・日本橋の隠れ家レストラン&バー「水戯庵」様では、國酒である日本酒の銘醸蔵元とコラボレーションを行い酒・食・伝統芸能を愉しめるディナーイベントを「出羽桜(山形県天童市)」「天狗舞(石川県白山市)」「梵(福井県鯖江市)」「櫻正宗(兵庫県神戸市東灘区)」と順次開催し、いよいよ最後の蔵元として弊社が登場です。


「浦霞」ウィーク
開催場所:水戯庵
  東京都中央区日本橋室町2-5-10 福徳の森 地下1階
  TEL 03-6262-0826
開催期間:2023年 1月5日 (木) ~ 9日 (月)
詳細は公式サイトにてご確認ください
水戯庵 https://suigian.jp/


水戯庵サイトより抜粋)
新年の祝いとして特別に通常メニュー料金のままで、能公演とご希望のお客様には「浦霞」のペアリングをご提供させていただく〈水戯庵〉からのお年玉プランとなります。

料理は、〈水戯庵〉自慢のコース料理を新年を迎えた気分を高めるお正月のしつらえでご用意し、期間中は名酒「浦霞」のペアリングを新年の振る舞い酒として、ご希望の方にご提供させていただきます。日本酒ファン必見の企画です。

ご希望のお客様には「浦霞」のペアリングセットを無料でご提供します。
ビールやワイン、ノンアルコールドリンク等は店内メニューより別途ご注文ください。

能楽公演のコンセプトは、"正月祝賀"。
"陸奥の千賀の塩釜"と古歌にも歌われた「浦霞」の地元・塩釜は、平安貴族に始まった"風流(ふりゅう)"の最たる汐汲み・汐焼きの最も美しい場所と称されました。
"風流"と言われる、日本人が感じた"幽玄"と、能芸論の骨子である"序破急"バイオリズムの
体現である五番立て(神・男・女・狂・鬼)による【新春五日間公演】です。