うらかすみ便り

世界最大の日本酒オンラインセミナー開催!!「オンライン日本酒フェア2020」10/24(土)25(日)



この週末はオンラインで日本酒を楽しみませんか。

日本酒造組合中央会主催による「オンライン日本酒フェア2020」が10月24日(土)、25日(日)に開催されます!


オンライン日本酒フェア2020


このイベントは、日本酒造組合中央会、並びに各都道府県酒造組合がそれぞれにセミナーを行うものです。

参加する44都道府県を東日本・西日本の2チャンネルに分け、YouTube Liveで8時間×2日間全54セミナーを同時生配信します。

我らが宮城県酒造組合は「宮城の酒造りのこれまで」と題し、昭和61年の「みやぎ・純米酒の県宣言」を中心にこれまでの取り組みをご紹介いたします。 

(宮城県酒造組合 担当時間 10月25日(日)14:30~15:00)


また、セミナーの最後に発表するキーワードとアンケート回答で日本酒グッズセットor 日本全国の日本酒が抽選で当たりますので、是非セミナーを最後までご視聴のうえ、ご応募ください!

オンライン日本酒フェア2020公式サイト
https://www.japansake.or.jp/sake/fair/event/index.html
開催日時:10月24日(土)、25日(日)両日10時~18時
主催:日本酒造組合中央会
参加費:無料

本日10月1日は「日本酒の日」/今宵は浦霞で乾杯!#日本酒で乾杯 #宮城の純米酒で乾杯



10月1日、弊社店舗「浦霞 酒ギャラリー」では、爽やかな白が輝く暖簾から、落ち着いた黒の暖簾へと衣替えしました。


201001_1.jpg

201001_2.jpg

201001_3.jpg


造りもこれから本格化し、この衣替えを見ると日本酒シーズンに入るのだと身の引き締まる思いです。

そして、今日は日本酒の日でもあります。

日本酒造組合中央会では、9月26日(土)~10月4日(日)の9日間を「日本酒で乾杯WEEK」として、日本酒の美味しさや乾杯の楽しさを参加者が体感するイベント「全国一斉日本酒で乾杯!2020」を開催しています。


200907.jpg



1.「#日本酒で乾杯」「#宮城の純米酒で乾杯」をつけて、乾杯写真を投稿!

「日本酒で乾杯WEEK」では「#日本酒で乾杯」、宮城県酒造組合では「#宮城の純米酒で乾杯」のハッシュタグをつけて、乾杯写真の投稿を募集しています。

抽選で素敵な商品がプレゼントされるようなので、是非「浦霞」の純米酒で乾杯して、「#日本酒で乾杯」「#宮城の純米酒で乾杯」2つのハッシュタグをつけて写真投稿をして頂けたらと思います。
投稿方法はこちらをご覧下さい。

「日本酒で乾杯WEEK」公式ホームページ https://kampai-sake.jp/

宮城県酒造組合 https://miyagisake.jp/info/4025/


201001_5.jpg


2.オンラインで全国一斉 #日本酒で乾杯 2020

オンラインで沢山の方が自由に参加できる日本酒エンターテインメントイベントを動画配信。
イベント会場とオンラインでご自宅、店舗や全国のイベント会場をつなぎ、19時には全国一斉「日本酒で乾杯」を行います。
浦霞を片手に「#日本酒で乾杯」を楽しみましょう!

===
オンラインで全国一斉 #日本酒で乾杯 2020

2020年10月1日(木)
<第1部> 16:30~18:00 セミナー、トークセッション
<第2部> 18:30~20:00 日本酒エンターテインメント
参加料 : 無料
視聴方法 :
公式サイト (https://kampai-sake.jp/
Youtube Live (URL:https://youtu.be/oIE18qjIdWo )
Twitter Live (URL:https://twitter.com/kampai_sake )

詳細については下記をご覧下さい。
「日本酒で乾杯WEEK」公式ホームページ https://kampai-sake.jp/



また、本日は「中秋の名月」。


ウェザーニュースによると

===
今年は10月2日(金)が満月で、中秋の名月とは1日ずれていますが、満月の瞬間は2日6時5分のため、今年の中秋の名月に見えるお月さまも、ほぼ満月の丸い月となります。
===

とのことです。


今宵は月を愛でながら、ご自宅で、飲食店で「日本酒で乾杯」、浦霞で乾杯してお楽しみ頂ければと思います。


201001_4.jpg

10月1日「日本酒の日」です。9/26(土)から「日本酒で乾杯WEEK」がスタート!



2020年10月1日(木)の「日本酒の日」と、その前後の9月26日(土)〜10月4日(日)の9日間を「日本酒で乾杯WEEK」として、日本酒の美味しさや乾杯の楽しさを参加者が体感するイベント「全国一斉日本酒で乾杯!2020」(日本酒造組合中央会主催)が開催されます。


200907.jpg


今年で6回目を迎え、各都道府県の酒造組合、酒蔵、飲食店、酒販店等と連携して、日本酒で乾杯するイベントを全国各地で毎年行っていますが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国内各地の酒造組合によるイベントも、残念ながら中止となったりオンラインイベントへ変更されたりと、従来のような開催が困難となっています。


日本酒造組合中央会でも今年はオンラインを使った以下のイベントを開催します。


1.「#日本酒で乾杯」をつけて、乾杯写真を投稿!

専用投稿フォーム、またはTwitter、Instagramから「#日本酒で乾杯」を付けて、日本酒で乾杯している写真、日本酒を楽しんでいるイベントや飲食店の風景、家飲みの食卓シーンの写真を投稿!
離れていても「#日本酒で乾杯」を通じて、心ひとつにつながりましょう!

応募期間
2020年9月1日(火)〜10月4日(日)
<第1回応募締切> 9月15日(火)まで
<第2回応募締切> 10月4日(日)まで



2.オンラインで全国一斉#日本酒で乾杯2020

オンラインで沢山の方が自由に参加できる日本酒エンターテインメントイベントをYouTube LIVEから動画配信。
イベント会場とオンラインでご自宅、店舗や全国のイベント会場をつなぎ、19時には全国一斉「日本酒で乾杯」を行います。


===
オンラインで全国一斉#日本酒で乾杯2020

2020年10月1日(木)
<第1部> 16:30〜18:00 セミナー、トークセッション
<第2部> 18:30〜20:00 日本酒エンターテインメント

参加料 : 無料
視聴方法 : Youtube Live配信を予定
配信リンク:公式サイト、公式SNSで後日お知らせ



本来、日本酒は神様にお供えする神聖なものであり「乾杯」には人々が心をひとつにする願いが込められています。

コロナ禍における「新しい生活様式」では、会いたい人に会えない時間が続いていますが、是非ともご自宅やお気に入りの飲食店さんで浦霞を片手に「日本酒で乾杯!」を楽しみましょう!

「日本酒で乾杯」することでひとつになり、祈り感謝する、私達の文化を再認識する日になればと思います。



乾杯写真の投稿やオンラインイベント等の詳細についてはこちらをご覧下さい。

10月1日は日本酒の日
「日本酒で乾杯WEEK」公式ホームページ
https://kampai-sake.jp/

限定発売!新しい酒造好適米『吟のいろは』で醸した生酒(2/22・23「宮城の純米新酒初蔵出し」で)



こんにちは。企画部の笠原です。

今年もこの季節がやってきました!
宮城県酒造組合
にて「宮城の純米新酒初蔵出し」を2月22日(土)23日(日)の2日間開催します。

このイベントは昭和62(1987)年から続いている宮城県酒造組合の恒例イベントです。
県内蔵元が今年しぼった純米新酒などが出品されます。

今年は、新しい酒造好適米「吟のいろは」のデビューを記念して鏡開きセレモニーの開催(2月22日お昼12時)と、宮城県内21酒造場において令和元年産「吟のいろは」で仕込まれた純米吟醸酒及び純米大吟醸酒を、本イベント(令和2年2月22日23日開催)で一斉デビューいたします。

弊社は「吟のいろは」で醸した純米吟醸酒(生酒)を本イベント限定で販売します。


このお酒の製造責任者である本社蔵杜氏 小野寺のコメント
==
【吟のいろは】は心白が大きくやわらかなお米で溶けやすいと聞いていたので、洗米時に限定吸水(浸漬中に白米が吸水し過ぎないよう時間を短く制限し、白米の吸水を制限すること)をして早めに水を切りましたが、加減は難しく、早すぎても遅すぎてもいけません。後工程にも影響し、お酒の仕上がりが大きく左右される大事な作業のひとつです。初めて扱うお米なので緊張と不安がありましたが、蔵人と連携して集中して臨んだ結果、満足のいく理想的なお酒に仕上がりました。自信を持って皆様にお届け致します。味わいは、ふくらみのある口当たり、爽やかな香りでキレの良いお酒です。是非、お飲み頂ければと思います。

200219_2.jpg


===
宮城の純米新酒初蔵出し

「吟のいろは」を使った純米吟醸酒(生酒)を数量限定で発売致します。

日時:2月22日(土)23日(日)10時~18時
 ※23日は商品がなくなり次第終了
 ※全商品が売り切れた場合は、期間にかかわらず終了
 ※弊社スタッフは22日のみブースに立ち、ご案内致します

場所:藤崎 東一番町玄関前(本館前)
仙台市青葉区一番町3-2-17

宮城県の新しい酒造好適米「吟のいろは」誕生!


こんにちは。企画部の笠原です。

平成9年にデビューした酒造好適米「蔵の華」に次ぐ、2品種目の宮城県オリジナル酒造好適米「東北218号」のネーミングが先日発表されました。

その名前は「吟(ぎん)のいろは」!

宮城県酒造組合関係者に名称候補の募集を呼び掛け、応募作品の中から宮城県と宮城県酒造組合が協力して「吟のいろは」を選定したそうです。
上品で美しい酒質に仕上がることを願い、仙臺藩祖伊達政宗公のご長女で在らせられる五郎八(いろは)姫様にあやかりました「いろは」と、「吟味した酒造り」を表す「吟」から成る名前。そして「いろは」は物事の基本を意味することから「吟味した酒造りの基本」となるような米に育ってほしいとの願いも込めたダブル・ミーニング(掛け詞)ともなっているとのことです。

ginnoiroha.jpg

そして「吟のいろは」の味わいは、
「心白」が大きくでるのが特長で、酒質は「蔵の華」がスッキリとしてキレのある味わいとなる傾向が認められるのに対し、「吟のいろは」はふくらみのある、やわらかな味わいとなる傾向が認められます。
宮城県酒造組合HPより)


そんな令和元年産「吟のいろは」(東北酒218号)は宮城県内の酒蔵において仕込みが進められており、「吟のいろは」純米吟醸酒及び純米大吟醸酒が令和2年2月22日「宮城の純米新酒初蔵出し」にて一斉デビューいたします。
弊社も「吟のいろは」を使った純米吟醸酒(生酒)を本イベント限定にて販売致します。
数量限定発売ですので、どうぞお早めにお越し頂ければと思います。

==
「宮城の純米新酒初蔵出し」
(宮城県酒造組合主催)
==

■開催場所:藤崎 東一番町玄関前(本館前)
 仙台市青葉区一番町3-2-17

■開催期間:
 2月22日(土)23日(日)10時~18時
 ※藤崎様閉店時刻より1時間30分早くなります
 ※22日は商品がなくなり次第終了
 ※全商品が売り切れた場合は、期間にかかわらず終了
 ※弊社スタッフは22日のみブースに立ち、ご案内致します

皆様のお越しを心よりお待ちしております!!