うらかすみ便り

10月1日(土)「ぶらり塩竈 秋の酒蔵めぐり2022」開催!

10月1日(土)は日本酒の日。
そんな10月1日に、塩釜市内の3つの酒蔵を巡るイベントが開催されます(塩釜市観光物産協会主催)。

3つの酒蔵のはしご酒をお楽しみ下さい!

日時/2022年10月1日(土)11:00~17:00
試飲会場/
 阿部勘酒造
 一ノ蔵(熊久商店)
 浦霞醸造元(株)佐浦
 釜's BAR(くるくる広場)
チケット/800円(参加記念グラス付)

感染予防対策として、試飲カップでの試飲になります。
チケットを購入し3蔵全てで試飲いただいた後は、「釜's BAR」(くるくる広場)へ!日本酒などが当たる「抽選会」や、10月1日にリリースされる新商品の試飲を行っています。

【前売(予約)券について】
2022年9月20日(火)より、上記各会場と塩竈市観光案内所にて、前売り券を販売いたします。
●販売価格/800円(なくなり次第終了)
●予約券となります。開催当日、前売(予約)券を購入された店舗にて当日券(酒蔵めぐりチケット)とお引換ください。
●予約券には、店控えの半券に、予約された方の氏名、連絡先の記入にご協力ください。なお、頂いた個人情報は、今回の酒蔵めぐりについての連絡以外には使用いたしません。
●紛失された場合は、再発行や開催日の「酒蔵めぐりチケット」への引換はできませんので、ご注意ください。
●予約券の払い戻しはできません。ただし、主催者側の都合によるイベント中止の場合は、返金いたします。

【当日券(酒蔵めぐりチケット)について】
2022年10月1日(土)11:00より、上記掲載の販売処窓口及び店頭にて、当日券を販売します。
●販売価格/800円(記念グラス&抽選券付)(なくなり次第終了)
●チケットの試飲券は切り取らずに、各試飲場所のスタッフにお渡しください。
●コロナ感染予防対策として、試飲(使い切り)カップでの試飲となります。ご了承ください。お渡ししました記念グラスは、"家飲みグラス"としてお楽しみください。
●開催日当日に使用しなかった試飲券や抽選券の払い戻しはできません。

問/塩竈市観光物産協会 022-364-1165

表.jpg

裏.jpg

チラシはこちらをご覧下さい!

第24期「うらかすみ日本酒塾」開講/第1回講義「日本酒入門」開催

弊社では、平成11年(1999年)より、「うらかすみ日本酒塾」の名称で20歳以上の一般消費者の方を対象に、毎年9月から翌年3月の半年間、月1回のペースで毎月異なるテーマと講師による日本酒学校を開催しています。これまでの卒業生は532名に上ります。
そして2022年9月、今年度24期が開講致しました。
※24期 受講生の募集は終了致しました。25期生は来春頃、募集開始致します。

===
第1回講義
テーマ「日本酒入門」
講師 弊社代表取締役社長・佐浦弘一

220903_02.jpg

220903_01.jpg

今年度24期はオンライン会員を新設。
会場にお越し頂いた塾生以外にも、5名のオンライン会員の皆さんはZoomをつなぎご自宅から受講頂きました。

220903_03.jpg

「日本酒のできるまで」を動画で確認した後、日本酒の種類、酒造りの歴史、酒の飲まれ方の歴史など日本酒の一般知識を学び、4種類のきき酒を行いました。

210904_3.jpg

<<<本日のきき酒>>>
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞 180ml
ぼとる 浦霞 300ml
純米吟醸 浦霞禅 300ml
・大吟醸原酒 浦霞 180ml(非売品)

塾生からは
「講義でのお話すべてが興味深い内容だった」
「これから日本酒をいただく際よりいっそう楽しく飲めそう」
と真剣に楽しく勉強して頂きました。

24期生の皆さん、どうぞ来年3月までよろしくお願い致します。
次回10月のテーマは「酒造りと杜氏」。
講師は、弊社本社蔵杜氏・小野寺邦夫が務めます。
こちらもどうぞお楽しみに!!

「本仕込 浦霞」最高金賞を受賞!全国燗酒コンテスト2022

先日「全国燗酒コンテスト2022(主催:全国燗酒コンテスト実行委員会 後援:日本酒造組合中央会)の審査結果が発表され、弊社は、お値打ちぬる燗部門で「本仕込 浦霞」が最高金賞、プレミアム燗酒部門で「特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞」「木桶仕込み 生酛純米酒 浦霞 貳百八拾號(にひゃくはちじゅうごう)(非売品)が金賞を受賞致しました。


◎「お値打ちぬる燗部門」最高金賞
本仕込 浦霞

穏やかな香りと飲み飽きしない、やわらかな味わいが特長です。
001.jpg


◎「プレミアム燗酒部門」金賞
特別純米酒 生一本(きいっぽん) 浦霞

宮城県産ササニシキ100%使用。ほど良い米の旨みと酸味のハーモニー。
003.jpg


木桶仕込み 生酛純米酒 浦霞 貳百八拾號(にひゃくはちじゅうごう)
(12月頃より国内発売予定/現在輸出のみ)
kiokekimoto720.jpg
木桶による酒造りと伝統的な生酛(きもと)仕込みの組み合わせによる技術の伝承。
奥行きのある味わいで、ナッツ様の特徴香と濃醇だがキレの良い純米酒。
002.jpg


暑いときには冷えたお酒が欲しくなりますが、逆に温かいものを摂取すると、胃腸の働きが活発になり、また発汗を促します。
「暑いときにはお燗酒」も選択肢のひとつにどうぞ。

※「全国燗酒コンテスト2022」http://www.kansake.jp/
全国燗酒コンテスト実行委員会が主催、日本酒造組合中央会が後援するもので、今回は256社から897点の商品が出品され、審査員が厳正に審査、審査スコアの平均値の上位30%が金賞に、うち最上位5%が最高金賞に認定されました。

お取扱店等お気軽に下記までお問合せ下さい。
浦霞醸造元 株式会社佐浦 
TEL 022-362-4165(平日8:30~17:30)
お問合せフォーム
https://www.urakasumi.com/contact/

佐浦山伏見稲荷神社の例大祭が執り行われました

全国各地で夏祭りや花火大会が再開し、日本の夏の風物詩を実感できるようになりましたね。

8月10日、浦霞の酒蔵のある塩釜市内では、蔵元佐浦家の所有地に鎮座する佐浦山伏見稲荷神社の例大祭が執り行われました。

001.jpg

002.jpg











佐浦山伏見稲荷神社は、文政5年(1822年)に佐浦家6代目当主富右衛門が京都の伏見稲荷大社よりご分社いただき、通称"佐浦山"に建立した神社です。佐浦家代々の当主が守り役として、また近接する佐浦町を中心とする地元の崇敬者の皆さんのご奉仕により護持されてきました。

本年は佐浦山伏見稲荷神社の鎮座200年、また佐浦町の町並みが形成されて100年というそれぞれ節目の年にあたっていることもあり、真夏の暑い日差しのなか例年以上に大勢の皆様に参拝いただきました。

003.jpg

前日9日夕刻には前夜祭が行われ、参拝者が交代で参道の行灯にともすろうそくの火に夕涼みを感じる姿も見受けられました。

004.jpg

神社も町並みも、存続し続けられるのはその地に住む人々やゆかりある人たちによる努力の賜物であるとあらためて実感しています。
地酒の蔵元として、地元の歴史文化をこれからも大切にして参ります!

帰省のお土産、ご自宅用に/仙台駅催事「東北ギフトフェア」8月9~16日に開催

8月9日より、JR仙台駅2階ステンドグラス前にて、催事「東北ギフトフェア」が開催され、その中で弊社商品もお取り扱い頂きます。
ご自宅用として、また帰省のお土産に「浦霞」はいかがでしょうか。
お近くにお越しの際には是非お立ち寄り下さい!


東北ギフトフェア
会場:JR仙台駅 2 階ステンドグラス前
日時:8月9日(火)~16日(火) 10:00~20:00
 ※最終日は19時まで
 ※時間や期間の変更、中止の可能性もございます。

販売予定銘柄
だて正夢 特別純米酒 浦霞 720ml
純米吟醸 浦霞 寒風沢(さぶさわ) 720ml
・浦霞 伊達な梅の酒 500ml(仙台駅・松島町内の酒販店限定

※販売予定数に達し次第、終了となります。予めご了承下さい。
※新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を鑑み、試飲は中止し、販売のみとなります。
 ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。