うらかすみ便り

「ベガルタ仙台」チーム強化のためクラウドファンディングで支援募集中!



弊社は地元宮城をホームタウンとするJリーグ「ベガルタ仙台」のオフィシャルスポンサーとして、スポーツを通した地域や社会貢献活動に取り組んでいます。

この度、「ベガルタ仙台」がクラウドファンディング「STANDIN' SENDAI 杜の都から世界中を照らせ」第三弾を3月9日よりスタートいたしましたのでご紹介致します。
「ベガルタ仙台」は新型コロナウイルス感染症の影響で大幅な減収による経営危機のため、クラウドファンディングにて支援を募っています。
いただいたご支援は、チーム強化費などに活用されるとのこと。
趣旨にご賛同いただけるファン、サポーターの皆様のご支援をよろしくお願い申し上げます。



【ベガルタ仙台】STANDIN' SENDAI 杜の都から世界中を照らせ 第三弾

https://camp-fire.jp/projects/view/398167

210319.jpg


なお、10,000円以上の支援金で、手倉森監督の書をラベルにデザインした「純米吟醸 浦霞No.12(オリジナルラベル)」とオリジナル前掛けをリターン品として選ぶことができます。
グラウンドに出場する選手は11人ですが、12番目の選手として、サポーターの背番号を12番としています。
サポーターの背番号の「12」を、弊社の「純米吟醸 浦霞No.12」に掛けた内容となっています。
12番目の選手、サポーターとして、ともに勝利を目指して、応援しましょう!!


210319_2.jpg

オンラインで浦霞&塩竈名所を巡りませんか?「オトナの酒学旅行」(阪急交通社様)参加者募集中!

阪急交通社様主催の「オトナの酒学旅行 シリーズ第4弾」にて、宮城県塩竈市、そして「浦霞」をオンラインで旅行をお楽しみ頂くことになりました!

オトナの酒学旅行とは

「オトナの酒学旅行」は阪急交通社様主催のオンラインツアー『おうち旅』のひとつで、全国の酒蔵と町観光をめぐるシリーズとして展開しています。
昨年10月に開始し、第1弾は山形県天童市と出羽桜、第2弾は京都府伏見と増田徳兵衛商店、第3弾は高知県と司牡丹を開催し、大変好評でした。
今回は第4弾として、東日本大震災から10年を迎え新たなステージへ進む酒蔵の支援として、弊社をご指名頂きました。
浦霞本社蔵の内部をバーチャルで見学し、社長や杜氏へのインタビューなど、興味深い内容となっています。
また、「浦霞」を育んだ塩竈の名所めぐりや塩竈みなと祭り体験のほか、宮城県が生産量全国トップクラスを誇る「ほや」を通して、豊かな食文化を紹介します。
ツアーのハイライトは、事前に参加者にお届けする日本酒セット(おつまみ付)による乾杯タイムです。
参加者からのチャットの質問に弊社担当者が回答し、双方向のコミュニケーションによるライブ中継となっており、途中、社長佐浦と日本酒スタイリストの島田律子さんによる日本酒にまつわるお話も紹介します。
添乗員役のMCスタッフがツアー中に参加者に呼びかけるなど、臨場感あふれる旅の進行を行い、おうちに居ながらにして手軽に"観る・聴く・飲む・食べる"が体験できるバーチャル旅行です。

弊社は蔵の内部の見学を受け付けておりませんので、是非この機会に蔵見学をお楽しみ頂ければと思います!!

オトナの酒学旅行 ~宮城塩竈の『浦霞』と石巻ほやを知る編~


日時:
(1)4月22日(木)、5月13日(木) 19:00~21:00
(2)4月24日(土)、5月15日(土) 16:00~18:00

費用:お一人様5,000円 ※未成年者は参加いただけません。


行程:宮城・松島(zoom参加)
=塩竈観光=佐浦の酒蔵見学=日本酒乾杯タイム=ほやの紹介=塩竈みなと祭を体験=塩竈駅到着(解散)


申込サイト

(1)4月22日(木)、5月13日(木) 19:00~21:00
https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d_setsu.php?p_course_no=1430572&p_baitai=9582

(2)4月24日(土)、5月15日(土) 16:00~18:00
https://www.hankyu-travel.com/tour/detail_d_setsu.php?p_course_no=1434360&p_baitai=9582


【監修】島田律子氏(日本酒スタイリスト)


【協力】一般社団法人地域未来企画


【旅行に関するお問合せ先】
阪急交通社
TEL:0570-08-9557 月~金 9:30~17:30(土・日・祝は休み)



210315.jpg

※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

蔵の松尾様に拝礼/完醸祭(宮城県杜氏組合主催)に合わせて



昨日、宮城県酒造組合にて「完醸祭(かんじょうさい)」(宮城県杜氏組合主催)執り行われました。

「完醸祭」とは、毎年3月宮城県酒造組合にて、県内で働く酒造工の団体である宮城県杜氏組合が主催して今シーズンの酒造りを終えるにあたり、大きな事故もなく無事に良いお酒が搾り上がったことを感謝するための行事です。

この完醸祭に合わせ、弊社ではもうしばらく酒造りは続きますが、杜氏・蔵人が、蔵の中にお祀りしている松尾様に手を合わせました。

引き続き気を引き締めて努めていきます。


kanjosai-01.jpg

塩釜の早春神事 「鹽竈神社 帆手祭」コロナ禍により規模縮小にて斎行

本日3月10日、風の強い中、奥州一宮 鹽竈(しおがま)神社で早春の神事「帆手祭(ほてまつり)」が執り行われました。

帆手祭は天和2年(1682)塩竈が大火に見まわれ、港に出入りする船も減少し地域が衰退した時に火災の鎮圧と景気回復を鹽竈さまに祈って始められたお祭です。

最近、空気の乾燥が続き火事のニュースが報道されていて注意喚起が大切ですが、改めて火災防止と景気回復を祈りながらお祭りを拝見しました。


210310_1.jpg

210310_2.jpg

210310_3.jpg


昨年に続き、今年も新型コロナウィルスの感染拡大予防対策のため、御神輿は表坂下大鳥居まで下り、上られた後、境内巡行となり、市内巡行は中止となりました。

来年の「帆手祭」こそは、例年通り開催できることを祈り、お祭りを最後まで見届けました。



「帆手祭」の詳細はこちらをご覧ください
http://www.shiogamajinja.jp/annualevent/origin.html#hote