うらかすみ便り

災害時にも活用可能な大型テントを寄贈/「なないろの芸術祭」内で寄贈式開催



KIBOTCHA(キボッチャ)」さんは、遊びと教育と防災を融合させた日帰りでも宿泊でも楽しく過ごすことを可能した、同じく弊社の矢本蔵がある東松島市に位置する防災エデュテインメント施設施設です。

今回の『浦霞発、日本酒のチカラ』プロジェクトの支援では、未来に向けて震災の記憶と防災の教訓を力強く伝えていこうとされている施設「KIBOTCHA」から大型テントの寄贈の申し出を頂きました。

大型テントは、平常時のお客様の受入れ時のイベント等で利用や災害などの緊急時には避難所の炊き出し等にも活用したいとのご要望を頂き検討した結果、このたび寄贈いたしました。


11月1日には、芸術や遊び・美味しい食を様々なアプローチで企画した、ハロウインアートフェス「なないろの芸術祭(10月20日から11月1日)」が開催され、これに合わせて最終日に寄贈式がとり行われました。

201101kibocha_syomen.jpg
秋晴れの空の下、サンドアートや竹あかりアート作品に囲まれた空間がとても良い雰囲気でした。


201101kibocha_kizo-shiki.jpg
 寄贈式にて
KIBOTCHA」を運営し「なないろ芸術祭」を主催する貴凛庁株式会社の三井社長(写真右)と弊社社長 佐浦(写真左)



KIBOTCHA」は、震災を知らない子どもたちや来てくれたお客様に、震災の記憶と防災の教訓を「つたえる」ことを目的にされています。

そして、芸術と文化、感性の教育を「つたえる」ことができる街として、 東松島が新たな教育旅行の聖地となることを目指されているそうです。



201101kibocha_tento3.jpg

『舞ながら書を書く』舞書家chad.の佐藤仁美さんが、プロジェクト名と会社名を音楽とともに圧巻のパーフォーマンスで力強く書いて頂きました!

ありがとうございます!!

201101kibocha_tento-only.jpg


201101kibocha_furumai.jpg

感染症対策をした上での振る舞い酒をおこないました。
隣ブースでは、蒸し牡蠣振る舞いもおこなわれ、牡蠣と日本酒のマッチングを楽しまれました!


「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトのこれまでの活動はこちらをご覧下さい。
https://www.urakasumi.com/recovery/

未来を担う子ども達へ★「公益財団法人みちのく未来基金」に寄付致しました



弊社で2011年4月より展開中の「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトにおいて、東日本大震災で親をなくした子どもたちの高校卒業後の進学費用を支援している「公益財団法人みちのく未来基金」へ寄付致しましたので、報告申し上げます。

公益財団法人みちのく未来基金

公益財団法人みちのく未来基金」は、東日本大震災で親をなくした子どもたちが高校卒業後に、大学・短大・専門学校へ 進学する際、入学金と授業料(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金です。

今回の支援が少しでも子ども達の進路選択の幅を広げることにお役に立てれば幸いです。

orei.jpg
※画像をクリックすると拡大します
※PDFファイルでもご覧頂けます。御礼状.pdf



200331.jpg




「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクト

「浦霞発、日本酒のチカラ」プロジェクトは、「地域の復興なしには自社の真の復興はない」という考えより、震災後国内外からいただいているご支援・応援を地域の復興へつなげるプロジェクトです。

浦霞の売上の一部
を積み立て、地元宮城県・塩竈市・東松島市や、地域の食文化の復興、未来を担うこども達の「教育」支援、社会福祉に関連した支援に対し、地元自治体や各種支援団体へのヒアリングを行いながら支援を行って参りました

必要物資等の支援の需要も一段落したため、売上の一部の積み立ては2020年3月末をもって終了とし、これまでの積立金を活用して2020年4月以降も活動を継続しております。

皆様方からの温かいご支援に心より感謝申し上げます。

これまでの活動はこちらをご覧下さい。
https://www.urakasumi.com/recovery/


海外で最も長い歴史を持つ日本酒のコンクールで「純米酒 浦霞」が金賞受賞!



2020年度「全米日本酒歓評会」の審査が10月17日〜19日の3日間、ハワイ・ホノルルにて行われました。

この中で弊社は以下部門にて受賞致しました。


純米酒部門 金賞「純米酒 浦霞」

昨年に続き2年連続で金賞を受賞することができました。
純米酒 浦霞」は国内外で流通している定番商品であり、海外でも評価頂いたことは大変光栄に存じます。


 201023.jpg

純米酒 浦霞
米の旨味と酸味が調和した、すっきりとした味わいの純米酒。

種類: 純米酒
原料米 :宮城県産米「まなむすめ」
精米歩合: 65%
アルコール分:15度以上16度未満

201221_1.jpg

大吟醸酒A部門(精米歩合40%以下) 銀賞「純米大吟醸 浦霞 "M"」

純米大吟醸 浦霞 "M"」は、ニューヨーク、ロンドンのハイエンドなレストラン向け限定商品となっています(国内でも一部のイベントのみで販売)。
そのような海外向けの浦霞最高級酒が、海外でのコンクールで受賞することができ、大変嬉しく思っております。

j-d-ginjo_kaigai.jpg

純米大吟醸 浦霞 "M"
最高級酒、製造数量限定の純米大吟醸酒です。
パッケージデザインのモチーフは宮城県の県花である「ミヤギノハギ」とMIYAGIの頭文字である「M」、そしてエレガントで伝統的なスクロール模様を組み合わせ、世界へ向けてニューヨークでデザインされました。


種類: 純米大吟醸酒
原料米 :兵庫県産米「山田錦」
精米歩合: 40%
アルコール分:16度以上17度未満

201221_2.jpg

【全米日本酒歓評会とは】
全米日本酒歓評会は2001年より毎年開催されている日本国外で最も歴史の長い日本酒の品評会です。日本の伝統的な審査方法を用いておよそ500品の出品酒を審査しています。優秀な評価を得た出品酒に金賞と銀賞が授与され、その中でも特に高得点を獲得した出品酒にグランプリ、準グランプリが贈られます。
すべての出品酒は、世界各都市で開催される一般公開の利き酒会、ジョイ・オブ・サケにおいて試飲用に展示され、のべ2700名以上の日本酒ファンにテイスティングされる機会が設けられています。

(公式HPより抜粋)
http://www.sakeappraisal.org/

世界最大の日本酒オンラインセミナー開催!!「オンライン日本酒フェア2020」10/24(土)25(日)



この週末はオンラインで日本酒を楽しみませんか。

日本酒造組合中央会主催による「オンライン日本酒フェア2020」が10月24日(土)、25日(日)に開催されます!


オンライン日本酒フェア2020


このイベントは、日本酒造組合中央会、並びに各都道府県酒造組合がそれぞれにセミナーを行うものです。

参加する44都道府県を東日本・西日本の2チャンネルに分け、YouTube Liveで8時間×2日間全54セミナーを同時生配信します。

我らが宮城県酒造組合は「宮城の酒造りのこれまで」と題し、昭和61年の「みやぎ・純米酒の県宣言」を中心にこれまでの取り組みをご紹介いたします。 

(宮城県酒造組合 担当時間 10月25日(日)14:30~15:00)


また、セミナーの最後に発表するキーワードとアンケート回答で日本酒グッズセットor 日本全国の日本酒が抽選で当たりますので、是非セミナーを最後までご視聴のうえ、ご応募ください!

オンライン日本酒フェア2020公式サイト
https://www.japansake.or.jp/sake/fair/event/index.html
開催日時:10月24日(土)、25日(日)両日10時~18時
主催:日本酒造組合中央会
参加費:無料

御酒印帳で酒蔵巡り!浦霞がプロジェクトの公認酒蔵に追加されました!



神社などで御朱印を頂く際に使う御朱印帳はご存知かと思いますが、「御酒印帳」もあるのはご存知でしたでしょうか。


御酒印帳イメージ


御酒印帳プロジェクト

https://www.goshu-pro.jp/

「御酒印帳」をもって公認酒蔵を巡り、御酒印(お酒ラベル)を収集し貼り付けて、お酒や酒蔵などの感想を記録して楽しむのが御酒印帳プロジェクトです。

御酒印(お酒ラベル)がもらえるのは公認酒蔵の登録銘柄だけですが、旅の思い出を記す日記帳やスクラップブックとしても使えますので酒蔵めぐりが楽しくなります。

関西発信の企画で東北の公認酒蔵はまだ少ないのですが、これから増えていく予定ですのでこの機会に購入されてはいかがでしょうか。

御酒印帳 1500円(税別) 46ページ、装丁4色、

弊社の御酒印(お酒ラベル)登録銘柄は、1973年よりの発売のロングセラー商品「純米吟醸 浦霞禅」。


201020.jpg



宮城県内では、気仙沼市の「株式会社男山本店」様、大崎市松山の「株式会社一ノ蔵」様が御酒印帳公認酒蔵として登録されていますので、是非巡ってお楽しみください!!

浦霞 酒ギャラリー
営業時間 10:00~17:00
アクセス 宮城県塩竈市本町2-19>>アクセス
(JR仙石線本塩釜駅徒歩約7分)
TEL 022-362-4165
定休日 毎週日曜日、年末年始、その他
お問合せ https://ssl.urakasumi.com/contact/

※きき酒は1回の人数制限などを設けて限定的に実施中
蔵ガイドは休止しており、再開については未定