うらかすみ便り

季節限定「特別純米酒 寒おろし 浦霞」発売中!

「ひやおろし」よりもさらに熟成期間を延ばし 木枯らしが吹き始める立冬の頃から出荷される「寒おろし」。
「ひやおろし」と同様、2度目の火入れをしない生詰めでお届けします。

 ※「寒おろし」について、参考サイト「日本名門酒会」
 https://www.meimonshu.jp/modules/xfsection/article.php?articleid=1663

浦霞の「寒おろし」は、宮城県産米「ササニシキ」を100%使用し、熟成感とふくらみのある甘味が特長です。
季節の味わいを是非お楽しみ下さい!!


201125_1.jpg

日本名門酒会限定/季節限定「特別純米酒 寒おろし 浦霞」

アルコール分 16度以上17度未満
原料米 ササニシキ
精米歩合 60%
容量と希望小売価格
1.8L   3,432円(税込)

720ml 1,738円(税込)

※こちらの商品は、日本名門酒会加盟店のみのお取り扱いとなります。
※弊社店舗「浦霞 酒ギャラリー」でのお取扱いはございません。

お取扱店様については下記までお問合せ下さい。

No.12シリーズに新商品!「木桶仕込み 生酛純米酒 浦霞No.12」発売開始!

1117日(金)新商品「木桶仕込み 生酛(きもと)純米酒 浦霞No.12」を発売致します!


木桶仕込み 生酛(きもと)純米酒 浦霞No.12  720ml

穏やかでふくよかな蜜様の香りと、心地よい酸味と旨味の調和、後味のキレが特長です。
お燗にすると、複雑で濃醇な旨味が際立ちます。

 

この商品は、木桶を使用して昔ながらの製造方法である「生酛造り」によりじっくりと手間と時間をかけて製造した、「酒造りの原点」とも言えるお酒です。

「温故知新」をキーワードに、ひと昔前の酒を造りたいという想いから原料米もあまり磨かず、また、昭和40年頃に浦霞の吟醸醪(もろみ)から分離され後に優れた吟醸用酵母として日本醸造協会に登録された「きょうかい12号酵母」で醸しています。

浦霞の伝統的な技の継承と新たな挑戦の結晶の味わいを、是非お楽しみください。

贈り物におすすめ!「絵画ラベルギフト」発売中!

浦霞では、夏と冬に、仙台市出身画家 小野寺純一さんが描く「浦霞のある昭和の風景」の絵画ラベルギフトを販売しています。
今年も「冬」バージョンの販売を開始致しました!!
懐かしさを感じさせる絵画ラベルギフトを御歳暮にいかがでしょうか。


201130_2.jpg

小野寺純一さんが描く「浦霞のある昭和の風景」オリジナルラベル

小野寺純一さんは、仙台市生まれの画家で個展を中心に創作活動を続けていらっしゃいます。
ポスターや挿絵など数多くの作品を発表し、その温かみあふれるタッチは多くの人の心をほのぼのと心和ませてくれます。

そんな小野寺さんに塩釜の冬の風景として「はだか参り」と春の風景として「春のお嫁入り」を描いて頂き、ラベルに致しました。


【はだか参り】
hadakamairi.jpg

弊社の石蔵前を歩く「はだか参り」を描いたものです。
1年の無病息災・商売繁盛を祈るお祭り「どんと祭」にあわせておこなわれる「はだか参り」は、子供から大人まで寒風の中を走り抜け鹽竈神社を目指します。

【春のお嫁入り】
yomeiri.jpg

鹽竈神社の隣に位置する志波彦神社前でお嫁入りの記念撮影。
訪れた参拝客にも囲まれ祝福されます。
志波彦神社は、 国土開発・殖産とりわけ農耕守護の神として信仰されています。


浦霞 オリジナル絵画ラベルギフト

201130_1.jpg
季節商品・数量限定・地元限定
「浦霞 オリジナル絵画ラベルギフト」

内 容
・からくち 浦霞 720ml
・純米酒 浦霞  720ml
・オリジナルポストカード 2枚(ラベルと同じ絵のポストカードをセット)
希望小売価格 3,278円(税込)



①「からくち 浦霞」720ml
種類/本醸造酒
精米歩合/65%
アルコール分/15度以上16度未満
日本酒度/+5~+6
ほのかな香りとさっぱりとした後味。軽い旨味のある辛口でお燗にも最適。

②「純米酒 浦霞」720ml
種類/純米酒
原料米/まなむすめ
精米歩合/65%
アルコール分/15度以上16度未満
日本酒度/+1~+2
米の旨味と酸味が調和した、すっきりとした味わいの純米酒。


※ご注意※
このギフト商品は、季節限定、宮城県地域限定商品(塩竈市、多賀城市、松島町、七ヶ浜市、利府町)となります。
お取扱店様については、下記よりお問合せください。

浦霞醸造元 株式会社佐浦 
TEL 022-362-4165(平日8:30~17:30)
お問合せフォーム
https://www.urakasumi.com/contact/

インターナショナル・サケ・チャレンジ2023で銅賞受賞!

この度、第17回インターナショナル・サケ・チャレンジ2023の審査結果が発表され、弊社は純米大吟醸部門で「山廃純米大吟醸 浦霞 ひらの」が、プレミアム部門で「純米大吟醸 "M" ブラックラベル 浦霞」が銅賞を受賞致しました。


純米大吟醸部門
山廃純米大吟醸 浦霞 ひらの」銅賞受賞
160520_01.jpg

プレミアム部門
純米大吟醸 "M" ブラックラベル 浦霞」銅賞受賞


インターナショナル・サケ・チャレンジは毎年東京で開催される日本酒審査会・日本酒鑑評会です。今年17回目を迎えます。

国際的日本酒コンテストで、2つの純米大吟醸酒が「銅賞」を受賞することができ、大変光栄に存じます。
これもひとえに皆様のご愛顧・ご支援の賜物と厚く御礼申し上げます。
これからも皆様のご期待に応えられるよう、高品質の酒造りを目指して努力してまいりたいと思います。


第17回インターナショナル・サケ・チャレンジ2023 審査結果
https://www.sakechallenge.com/2023results

第25期うらかすみ日本酒/第3回講義「日本酒の香りと味わい」開催

11月11日(土)、第25期「うらかすみ日本酒塾」第3回講義を開催しました。
第3回講義は「日本酒の香りと味わい」をテーマに、日本酒評論家 松崎晴雄先生をお迎えして行う予定でしたが、松崎先生が体調を崩され、代理として社長佐浦が講師を務めました。

231111_02.jpg


===
第3回講義
テーマ「日本酒の香りと味わい」
代理講師 弊社代表取締役社長・佐浦弘一
231111_01.jpg

講義内容
・香りと味わいの違い(原料、製法、地域性)
・きき酒について

講義後半は実際に4種類のお酒をきき酒しました。
辛いお酒と甘いお酒の比較
北のお酒と南のお酒の比較

231111_03.jpg

<<<本日のきき酒>>>
【辛 い】春鹿 純米超辛口
【甘 い】高清水 デザート純吟
【北の酒】純米酒 浦霞
【南の酒】西の関 手造り純米酒

そして、講義後は会場後方にて恒例のミニ懇親会を開催。
3回目ということで、塾生同士お互いにお顔とお名前を覚え、話も盛り上がっていました

231111_04.jpg

25期生の皆さん、お疲れ様でした!
次回、第4回講義は「酒造り体験」です。
こちらもどうぞお楽しみに!!